覆面介入(ふくめんかいにゅう)

覆面介入とは、外国為替市場において、中央銀行が為替介入を公表せずに秘密に行なう介入のことをいいます。

英語では「Covert interbention」と呼ばれています。

正式な用語ではありませんが、マーケット関係者が一般的に使用しているスラング(隠語)で、隠密介入という場合もあります。

なお、日本銀行がどのくらいの金額や規模で為替介入したのかは、財務省が毎月月末または四半期毎の日ベースの「外国為替平衡操作の実施状況」で確認することができます。

関連語:介入委託介入強調介入口先介入

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!