逆指値注文(ぎゃくさしねちゅうもん)

逆指値注文とは、売買取引注文をするときに、その時点よりも悪い価格になった時に成立させることを目的に、売買価格を指定する注文方法のことです。

英語ではストップロスオーダー(Stop Loss Order)といいます。

その時のレートよりも高い価格になった時に買うか、その時のレートよりも安い価格になった時に売ります。

これは相場の勢いに乗って売買する戦術や、「ストップ・ロス」などのようにある金額以上の損失にならないような決済注文の際に使います。

一般的には、指値注文逆指値注文を総称してリーブオーダーといいます。

 

FXの注文方法は、こちらの記事「FXの注文方法ってどうやるの?」で図解入りで解説していますので、どうぞご参考にしてみてください。

 

関連語:成行注文指値注文リミットオーダー)、イフダン注文OCO注文

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!