気配値(Indication)

気配値(けはいね)とは、FXではおおよそのレートのことです。

通常、株式や債券などの投資において、売り手や買い手が出した価格のことで、約定価格(実際に取引が成立した価格)とは異なり、売買が成立しそうな気配がある価格を意味します。

この気配から、その瞬間の注文状況で、売りと買いのどちらが優勢であるのかが分かります。

売りの指値による注文がある気配は「売り気配」、買いの指値による注文が入っている気配を「買い気配」といいます。

通常は売り気配、買い気配ともに、現在値に近い価格のことが多いですが、売りか買いのいずれかが一方的に多いときは、極端に低い売り気配や、極端に高い買い気配となる場合もあります。

このように極端に注文が偏り、すぐには売買が成立しないような状況を「特別気配」といいます。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!