インサイダー取引

インサイダー取引とは、大株主や役員などの内部関係者が、未公開情報をもとに株式の売買を行うことです。

つまり、内部者による取引のことを指します。

内部関係者が株価に大きな影響を与えるような未公開情報を知った場合、2社以上の報道機関によって情報が公開された後、12時間経過しなければその株式の売買を行ってはいけないと法律で定められています。

この法律は、内部関係者から情報の伝達を受けた者にも適用されます。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!