実需筋(じつじゅすじ)

実需筋とは、外国為替市場の参加者のうち、輸入や輸出をすることから為替取引が必要となる事業者のことです。

反対に、市場での短期売買による差益を稼ぐことを目的としたヘッジファンドや機関投資家などを投機筋と呼びます。

外国為替市場では、実需筋が2割、投機筋が8割の割合で参加しているとされています。

 

関連語:実需

対義語:投機筋

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!