長期金利(ちょうききんり)

長期金利とは、取引期間が1年以上の資金を貸し借りする際の金利のことです。

償還期間の長い債券や、満期まで長期間の金融資産や負債の金利が、これにあたります。

通常、期間が1年未満の場合は短期金利、1年以上の場合は長期金利とされていて、日本国内では、10年物国債(長期国債)の中で流通量が多い銘柄が代表的な指標となり、ほかの長期金利に対して影響を与えます。

この長期金利は、銀行などの金融機関が企業に融資するときの金利や、個人向け住宅ローンの金利の基準となります。

長期金利が低下して資金調達しやすくなると、住宅購入や設備投資などが活発になり、経済に好影響をもたらすと考えられています。

短期金利は日銀などの金融政策の影響を直接的に受けますが、長期金利は短期金利の影響も受けつつ、景気やインフレ動向など、将来の物価変動の予測によって左右されます。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!