マージンコール(Margin Call)

マージンコールとは、FXで担保として預け入れた証拠金の金額が、現在のレートで決済したら大きく損失になる状況となった場合、証拠金預け入れの追加を求める警告のことです。

仮にマージンコールとなり、そのまま放置して損失がさらに拡大した場合、ロスカットとなってしまい預け入れた資金は減ってしまいます。

FXは証拠金取引ですので、このマージンコールとロスカットにより、顧客は借金をすることなく資産が保全されておりますが、常日頃から損切りを行なうことと、レバレッジのかけすぎには注意する必要があります。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!