マイン(Mine)

マインとは、インターバンク市場で使われる用語で、提示された値段で買ったという意味があります。

テイクン(taken)と使うこともあります。

逆に売った場合はギブン、またはユアーズといいます。

 

ニューヨークや東京の外国為替市場の参加者にマイン・ユアーズ、ロンドン市場の参加者にテイクン・ギブンがよく使われています。

 

金融機関や証券会社などの限られた市場参加者が取引をするインターバンク市場では、素早く効率よく取引をするためにダンマイン(テイクン)、ユアーズギブン)などの短い言葉を使って取引が行われていましたが、近年では取引が電子化されてきたことで、このような取引用語が飛び交うことは少なくなってきているようです。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!