マイナーカレンシー(Minor Currency)

マイナーカレンシーとは、メジャーカレンシー(主要通貨)以外の通貨のことをいいます。

具体的には、米ドル(USD)、日本円(JPY)、ユーロ(EUR)、英ポンド(GBP)、スイスフラン(CHF)の5通貨以外の全ての通貨のことを指します。

メジャーカレンシーの区分として、流動性が高いかどうかが判断の元となりますので、上記の5通貨以外は全てマイナーカレンシーの扱いとなります。

FXではオーストラリアドル(AUD)、ニュージーランドドル(NZD)、カナダドル(CAD)は人気のある通貨ですが、流動性が低いことからマイナーカレンシーとなります。

流動性が低い通貨は、ボラティリティが大きくなった場合(かんたんに言うと、チャートが激しく動いているとき)、買いたくても買えなかったり、売りたくても売れないという状況となってしまうことも考えられますので、注意する必要があります。

関連語:メジャーカレンシー

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!