戻り売り(もどりうり)

戻り売りとは、相場が下落トレンドのとき、一時的にレートが上がったタイミングを見計らって売りを入れることです。

英語では、Sell On Rallies(セル・オン・ラリーズ)と呼ばれています。

 

通常、下降基調が続いている相場であっても、トレンドの一部としてショートカバーから反発するタイミングがあり、この一時的な調整の戻りを狙うという、投資の世界では「押し目買い」とともにオーソドックスともいえる取引手法となります。

 

押し目買い・戻り売りをチャート分析で判断するやり方として、移動平均線やフィボナッチなどのテクニカル指標を用いたり、トレンドラインを引いて分析する方法が広く知られています。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!