ミセス・ワタナベ(Mrs.Watanabe)

ミセス・ワタナベとは、FXなどの外貨投資で使われる言葉で、日本の(プロではない)個人投資家のことを指します。

名前の通り、おもに主婦など女性の投資家のことをを表しており、家庭の主婦が外貨投資を行ってることに驚いたイギリスの為替市場やメディアからこの言葉が広まったと言われています。

もともと「投資は外貨よりも株」「女性は家を守る」という考える人も多いイギリスにおいて、静かな印象の日本人女性が、自らの判断でFX取引をしていることは、衝撃も大きかったようです。

アベノミクスによる円安相場で為替市場は盛り上がりを見せる中、日本の個人投資家は世界中に置いても一目置かれた存在であり、今日ではミセス・ワタナベは日本の個人投資家全体を指す言葉として使われています。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!