難平(ナンピン)

難平とは、相場が予想とは逆に動いた場合などに、平均売買コストが有利になるように、同一通貨を追加で売買を行うことです。

難平には、買いポジションで、相場が下落して評価損が出た時に平均コストを下げるために、さらに買う「難平買い」と、売りポジションで、相場が上昇して評価損が出た時に平均売コストを上げるために、さらに売る「難平売り」の2つがあります。

難平は、相場が予想とは逆に動き続けた場合、ポジションも評価損も大きく膨らみ、運用状況が大きく悪化してしまいます。

難平で失敗すると、損切りが中々できずに損を膨らませることが多いので、投資手法として非常にリスクが高いので注意しましょう。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!