オプション取引(Option Trade)

オプションとは、デリバティブの一つで、特定の期日または特定期間内に、金融商品を特定の価格で買う(または売る)ことができる権利のことで、その権利の売買のことをオプション取引といいます。

その対象となる金融商品(原資産)には、通貨、株式、株価指数、金利、債券、コモディティなどがあり、例えば通貨を対象としたオプション取引は通貨オプションといいます。

一定の価格で買う権利をコールオプション、一定の価格で売る権利をプットオプションと呼びます。

関連語:プレミアム

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!