押し目(おしめ)

押し目とは、相場が上がり続けているときに、一時的に価格が下がる相場のことです。

このタイミングで買うことを「押し目買い」といい、英語ではBuy On Dips(バイ・オン・ディップス)といいます。

 

つまり押し目買いとは、上昇トレンドのとき、一時的に安くなったタイミングを見計らって買うことを指します。

通常上昇基調が続いている相場であっても一時的に下落するタイミングがあり、この相場の調整を狙う押し目買いは、投資の世界では「戻り売り」とともにオーソドックスともいえる取引手法となります。

しかし、非常にに強い上昇トレンドのときには押し目を作らないこともあり、必ずしもこの戦略が通用するという訳ではありません。

相場は方向性に沿ってしばらく継続することも多く、上昇を始めた相場の押し目を買おうと待っていても、なかなか下げに転じる場面も少ないこともよくあります。

この押し目を待っていてもなかなかトレードチャンスが巡ってこない状態を「押し目待ちに押し目無し」と呼ばれています。

 

押し目買い・戻り売りをチャート分析で判断するやり方として、移動平均線やフィボナッチなどのテクニカル指標を用いたり、トレンドラインを引いて分析する方法が広く知られています。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!