アウトライト(Outright)

アウトライトとは、直物為替(スポット)や先物為替(フォワード)の売買を単体で行うことをいいます。

買い戻しや売り戻しの条件を付けずに、買いなら買いを、売りなら売りを、それぞれ単独で行なって売買益を得ようとする取引手法であり、「アウトライト取引」とも呼ばれています。

株取引などでは一般的な手法であり、相場の方向性に賭けない裁定(アービトラージ)取引の対比として使われたりします。

ただ、インターバンク市場では、「スワップ取引」といい、異なる通貨や金利を同額で一定期間売買する相対取引が一般的で、このアウトライト取引はあまり行われていません。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!