終値(おわりね)

終値とは、四本値(始値・終値・高値・安値)の一つで、日・週・月・年など、ある期間において取引された中で最も最後の価格のことです。

外国為替市場の場合、東証のような取引所はないため、終値は取引終了時刻ではありません。

東京市場の場合は東京時間で夕方5時のレート、ニューヨーク市場の場合はニューヨーク時間で夕方5時のレートのことを指します。

ちなみにFXの場合、1日はニューヨーク市場の終了時間を基準としています。

 

この4本値ですが、FXのチャートではローソク足で用いられていて、始値よりも終値の方が安いときは陰線となり、始値よりも終値の方が高いときは陽線となります。

ローソク足についてはこちらの記事「ローソク足の見方・使い方」で図解入りで解説していますので、どうぞご参考にしてみてください。

 

関連語:四本値安値高値終値陽線陰線

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!