ピップス(pips)

ピップスとは、FXでさまざまな通貨の単位を統一させる単位のことです。

利益や損失を表す場合にも、+50ピップス、−30ピップスなどと使われます。

なぜpipsという単位を用いるかというと、それぞれの通貨の単位を合わせるためです。

日本円でいえば銭、ドルでいうセント、ポンドでいうペニーなどと、各通貨によって単位を表す名称が異なるからです。

つまり1pipsは1銭、1セント、1ペニーなどと通貨の最小単位のことを指します。

例えば、米ドル/円を110円で買い、110円30銭で売った場合、利益は30pipsとなります。

 

また、ときにはポイント(point)も同じように使われたりします。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!