プラザ合意(プラザごうい)

プラザ合意とは、1985年9月22日、アメリカ・ニューヨークのプラザホテルで開かれたG5(米国・日本・英国・西独・仏の先進5カ国蔵相・中央銀行総裁会議)での合意のことです。

当時のアメリカは多額の巨額の貿易赤字と財政赤字(双子の赤字)に対処するため、基軸通貨であるドルに対して、参加各国の通貨の切り上げを提案し、そのための方法として参加各国は外国為替市場で協調介入を行うことで合意しました。

この合意は週末に行われ、翌月曜日の1日(24時間)で、ドル/円レートは、1ドル235円から約20円下落、円相場は1ドル=240円から1年後には150円台まで急騰しました。

その後、意図した以上にドル下落が進み、1987年2月に主要国はドル下落の行き過ぎの歯止めをかけようとしたが(ルーブル合意)、各国の協調姿勢が揃わなかったこともあり、下落を十分に止めることはできず、1987年末には120円台の高値を付けたという歴史があります。

関連語:ルーブル合意

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!