購買力平価(こうばいりょくへいか)

購買力平価とは、ある商品を自国通貨と他国通貨で購入した時、その比率で為替レートを決定するという考え方のひとつです。

例えばマクドナルドのハンバーガーが日本で1個100円、米国で1ドルだった場合に、1ドル=100円という為替レートにするということです。

代表的なものに、世界中で売られているビッグマックやiPodを基準にしたビッグマック指数やiPod指数などがあり、貨幣価値を比較することで、通貨の価値がおおよそ見当がつくようになります。

しかし、これはあくまで考え方のひとつであり、実際に導入されているわけではありません。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!