クォート(Quote)

クォートとは、銀行などの金融機関が為替レートを提示することです。

日本語では、建値と呼ばれています。

 

このFX取引でお馴染みである、買値と売値の両方を同時に相手方に提示することは、2 Way Price (ツー・ウェイ・プライス)や、2 Way Quote(ツー・ウェイ・クォート)ともいわれています。

なお、FXにはクォート注文(ストリーミング注文)という注文方法がありますが、これは提示されたリアルタイムレートに対して、発注する注文方法となります。

FXは常に価格が変動していますので、クォート注文の場合、現在のレートで約定しない場合は注文が通らないこともあります。(この注文が約定しないことは、リクォートと呼ばれます。)

似たような注文方法として成行注文がありますが、こちらは、スリッページの許容範囲を設定した上で発注をする注文方法です。

成行注文の場合、スリッページの許容範囲を超えるレートの変動があれば約定されずに、レートの再提示が行われますが、許容スリップの値を大きくすれば、すぐに約定させることができます。

 

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!