実質金利(じっしつきんり)

実質金利とは、名目金利(一般的にいわれる金利)から物価上昇率を差し引いた金利のことです。

金銭の価値は物価と比べて初めてわかるもので、金利が支払われるときの物価を考慮して評価した金利のこととなります。

 

例えば、100万円の定期預金をするとして、名目金利が年3%、物価上昇率(インフレ率)が2%だとします。

1年後の定期預金は利息が3万円ついて、103万円になります。

しかし、物価上昇率は2%ですので、これまで100万円で購入できた商品を購入するには、102万円が必要になります。

名目金利3% - 物価上昇率2% = 実質金利1%

つまり、インフレによって、実質のお金の価値が下がったということになります。

 

反対に物価が下落しているデフレのときは、実質金利がプラスとなるケースもあります。

先ほどと同じく、100万円の定期預金をするとして、名目金利が1%、物価下落率(デフレ率)が2%だとします。

1年後の定期預金は利息が1万円ついて、101万円になります。

物価下落率は2%ですので、これまで100万円で購入できた商品は、98万円で購入できることになります。

名目金利1% - 物価下落率-2% = 実質金利3%

つまり、デフレによって、実質のお金の価値が上がったということになります。

 

このように、銀行の店頭などの名目金利ばかりにとらわれず、実質金利で考えることは経済の理解には重要であるといえます。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!