裁定取引(さいていとりひき)

裁定取引とは、同一の価値を持つ商品の一時的な価格差を利用して、割高なほうを売り、割安なほうを買い、2つの商品の価格差が縮小した時点でそれぞれの反対売買を行い、利益を獲得しようとする取引のことです。

本来の裁定には「事柄の善し悪しを調べて、決定する」という意味がありますが、金融用語では「有利な時点での売買で利ざやを稼ぐ」という意味となります。

 

例えば、「日経平均と日経平均先物のうちの高いほうを売って、安いほうを買い、その後、両方の価格差が縮小したため、それぞれの反対売買を行った。」といった取引を指し、主に機関投資家などが、大きな資金でリスクを抑えながら利ざやを稼ぐときに利用する手法として使われるのが一般的です。

 

FXでは、2つのFX業者のスワップ金利差やスプレッドの差に注目して、同一通貨ペアをもとに取引する手法もあるようですが、両建てはプロの投資家でなければリスクも高いことから、推奨されておりません。

 

同義語:アービトラージ、さや取り

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!