差金決済(さきんけっさい、Settlement on balance)

差金決済とは、証拠金(保証金)を業者に預託し、買いと売り(売りと買い)の差額のみを授受する取引方法のことです。

FXの決済方法も、原則としてこの差金決済となります。

FX取引やCFD取引、先物取引など、証拠金を預託して直接原資産の買い付けを行わない金融商品では、差金決済で取引が行われています。

なお、株式投資(現物取引)ではこの差金決済が禁止されています。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!