スティープ化(Steep)

スティープ化とは、短期金利と長期金利の差が大きくなった状態のことをいいます。

また、スティーブニングとも呼ばれます。

 

縦軸に債券利回り、横軸に債券の残存期間を取ったグラフ(イールドカーブ)は、一般的に残存期間が長いほうが金利が高くなります。

イールドカーブの傾斜角度が急な右肩上がりになった場合は、短期金利と長期金利の金利差が大きくなったことを意味し、スティープ化するといいます。

 

このイールドカーブのスティープ化は、現在の景気はそこまで良くはないが、将来の景気が上昇していく傾向があると考えられるとき、市場の投資家が、将来金利は上昇していくと予測している状態を意味します。

 

対義語:フラット化、フラットニング

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!