スワップ(Swap)

スワップとは、英語で直訳すると「交換」という意味があります。

金融用語では、あらかじめ決められた条件に基づいて、将来の一定期間にわたってキャッシュフロー(現金の流れ)を交換する取引のことを「スワップ取引」といいます。

 

このスワップ取引では、あらかじめ決定されたキャッシュフローの交換時期等の条件により、 キャッシュフローの交換は1回だけではなく、長期間にわたって数回行われたりします。

 

なお、このスワップ取引には、同一通貨のキャッシュフローを交換する「金利スワップ」、異なる通貨のキャッシュフローを交換する「通貨スワップ」、直物為替と反対方向の先物為替を組み合わせた「為替スワップ」などがあります。

 

FXでは高金利の通貨を買い、低金利の通貨を売れば2国間の金利差(スワップポイント)を受け取ることができます。

反対に、高金利の通貨を売り、低金利の通貨を買い戻した場合は、スワップポイントの支払いが発生します。

 

関連語:スワップポイント

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!