トレンド系(Trend)

FXのテクニカル分析には、トレンド系指標とオシレーター系指標、2タイプのテクニカル指標があります。

このトレンド系テクニカル指標は、現在の相場の方向性を計測し、その方向に順張りをするために用いられます。

トレンド系テクニカル指標にはSMA(単純移動平均線)EMA(指数平滑移動平均線)WMA(加重移動平均線)などの移動平均線や、一目均衡表ボリンジャーバンドなど様々な種類があり、長期的な分析に向いています。

 

もう一方のオシレーター系テクニカル指標は、「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」を見て、相場の反転を予測するために用いられています。

 

関連語:オシレーター系

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!