TTM(Telegraphic Transfer Middle Rate)

TTMとは、銀行などの金融機関でで、外貨を売買する際の基準レートのことです。

日本語では、仲値ともいいます。

 

TTMは、金融機関の毎営業日の午前10時頃に発表され、外国為替市場(インターバンク市場)の取引実勢レートを基準にして金融機関毎に決定されます。

このレートは、その後大きな為替変動がない限り、その日一日の間適用されますが、大きな為替変動があった場合には変更が行われます。

ちなみに、TTMは対顧客向けの為替レートである電信売相場TTS)と電信買相場TTB)の中間値であり、電信売相場は顧客が円貨を外貨に換える場合に適用されるレートですが、電信買相場は顧客が外貨を円貨に換える場合に適用されるレートとなります。

 

・TTB(電信買相場)=仲値-為替コスト
・TTS(電信売相場)=仲値+為替コスト

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!