評価損益(ひょうかそんえき)

評価損益とは、FXや外貨資産、株式投資、不動産などの保有資産において、購入時の価格と現在の価格の差額のことです。

他には、含み損益とも呼ばれています。

 

これは、未決済ポジションの損益の評価であり、実際に決済するまでは損益が確定しないことから、この表現が用いられています。

 

また、購入時に比べて現在の価格が高く、利益となる可能性があるときはとなる「評価益がある」といいます。

反対に、購入時に比べて価格が低く、損失となる可能性があるときは「評価損がある」といいます。

 

ポジションを決裁して、利益を確定させたら実現益、損失を確定させたら実現損といいます。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!