約定(やくじょう)

約定とは、FXや株式などの金融取引において、買いまたは売りの注文を執行して、売買が成立することです。

本来の約定には、「約束して定めること。とりきめを結ぶこと。」という意味がありますが、投資の世界では「売買の成立」ということになります。

 

また、約定した日を約定日、約定した価格を約定価格といいます。

 

FXにはさまざまな注文方法があり、ストリーミング注文(クォート注文)は提示されたリアルタイムレートに対して発注をします。FXは常に価格が変動していますので、現在のレートで約定しない場合は注文が通らないこともあります。

成行注文(ストリーミング注文にスリッページ設定機能がついた注文方法)の場合は「許容スリップ」で設定して発注できますので、許容スリップの値を大きくすれば、すぐに約定させることができます。

今のレートですぐに約定させたいならストリーミング注文、今すぐ約定させたいなら成行注文、指定レートで約定させたいなら指値注文リミットオーダー)などと、場面ごとに注文を使い分けていくようにしましょう。

 

FXの注文方法は、こちらの記事「FXの注文方法ってどうやるの?」で図解入りで解説していますので、どうぞご参考にしてみてください。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!