円キャリートレード

円キャリートレードとは、機関投資家・ヘッジファンドなどが、金利の低い通貨を借り入れ、それをドルに換えて金利の高い米国債などで運用し、金利差収入より高い利回りを獲得する取引のことです。

仮に、ドルで借り入れとなる場合は、ドルキャリートレードといいます。

 

FXでは、低金利通貨として知られている「日本円」や「スイスフラン」がキャリートレードの対象となりやすい性質があり、例えば円キャリートレードが加速した場合は、円が売られやすくなることから、円安になるとされています。

 

関連語:キャリートレード

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!