円高(えんだか)

円高とは、円が他国の通貨に対して、相対的に価値が高い状態のことです。

円高になると、同一単位で交換できる他通貨の単位数が、相対的に多くなります。

 

対ドルを例にすると、「円の価値が上がって、ドルの価値が下がること」になりますので、1ドルに対して支払う円が「小額」になります。

 

通常、円高になれば、日本の輸出は不利になり、輸出企業の収益は減少します。

反対に、原材料などを輸入している企業は、安価で材料の調達ができることで生産コストが下がり、収益は増加します。

 

関連語:円安

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!