イールド・カーブ(Yield Curb)

イールド・カーブとは、縦軸を「債券の利回り」、横軸を「債券の残存期間(満期日までの期間)」として、利回りと残存年数の関係をグラフ化したもので、利回り曲線とも言われています。

 

主に、国債の利回り金利と償還期間との相関性を示す曲線として用いれられます。

 

このとき、長期金利(残存期間の長い債券の利回り)が短期金利(残存期間の短い債券の利回り)を上回る状態を順イールドといい、イールドカーブは右肩上がりの曲線になります。

通常は順イールドとなることが多く、順イールドでは将来的に金利が上昇すると考えられ、短期金利よりも長期金利の方が高くなります。

 

反対に、短期金利が長期金利を上回る状態を逆イールドといい、イールドカーブは右下がりの曲線になります。

まれに逆イールドとなることもあり、逆イールドでは将来的に金利が下落するとと考えられ、長期金利よりも短期金利の方が高くなります。

 

景気が転換期をとなり、金利水準が今後どう変化するかが不透明なとき、長期金利と短期金利の差が小さくなって、イールドカーブは緩やかな曲線になります。

これを「イールドカーブのフラット化」といいます。

 

今はまだ景気が良いと判断できないが、徐々に将来の見通しが明るくなっていくようなときでは、長期金利が上昇し、短期金利との差が拡大して、イールドカーブは急な曲線になります。

これを「イールドカーブのスティープ化」といいます。

 

このように、イールドカーブは債券市場の金利状況を表しますので、将来の景気動向予測、金融政策の先行指標、債券投資の指標として使われています。

 

関連語:スティープ化

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!