揺り戻し(ゆりもどし)

揺り戻しとは、相場が上がりすぎたり、下がりすぎた後に、それまでとは反対の動きを見せることです。

 

つまり、「相場が大きく上昇したときは、その後に下落すること」「相場が大きく下落したときは、その後に相場が上昇すること」が揺り戻しとなります。

 

これは、売られすぎや買われすぎで行き過ぎた相場に対して、多くの投資家が買い戻し・売戻しをすることで、揺り戻しが発生する要因であると考えられています。

FX用語を"五十音順"で検索


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!