FXは18歳や未成年、無職や海外在住でも口座開設できる?

FX口座開設の審査基準ですが、それぞれの会社ごとに定められています。
これは金融先物取引業協会のルールに基づいて決まっているので、各社に多少の違いはあるものの、基本的には同じような審査基準となっています。FX口座開設時の審査は正直厳しくはありませんので、通常の成人の方でしたら、ある1社で口座開設ができたら他の会社でも問題なく審査が通ると考えても大丈夫でしょう。

それでは、職業(無職・フリーター・主婦など)や年齢(18歳などの未成年など)、国籍(日本人、海外在住の日本人、外国人)等の条件ごとに、審査基準を満たしているかを解説します。

未成年、18才、高校生、大学生の方

FXの口座開設基準は、基本的に満20才以上となっています。
そのため、高校生など未成年の方、19才の方はお申し込みができません。
大学生の場合、20才になっていればお申し込み基準を満たしているので、お申し込みができます。

ただし例外があり、FXトレード・フィナンシャルSBI FXトレードは未成年(18歳以上20歳未満)でも、口座開設基準を満たしていれば口座開設することができます。

なお、FXトレード・フィナンシャルは年収・金融資産又は換金可能資産が30万円以上ある方が対象です。

FXTFは18歳以上から口座開設が可能

上記にある項目をひとつでも満たしていないと、審査通過となる基準とはなりませんので、くれぐれもご注意ください。

 

SBI FXトレードの場合は、通常の本人確認書類のコピーとマイナンバーカードのコピーに加えて、以下の書類が必要です。

SBI FXトレードは18歳以上から口座開設が可能
  • 親権者(法定代理人)の書面による同意書
  • 親権者全員と未成年者ご本人の続柄が記載された戸籍謄本
  • 親権者の本人確認書類(住民票以外)

 

2社ともに少額から取引できるFX会社です。
FXを始めたい未成年者は、FXの仕組みをしっかり理解して、少額取引で変動リスクを抑えつつ、操作に慣れるようにしてください。

無職、アルバイト、主婦の方

FXは無職やアルバイトの方でも口座開設は可能です。
そのかわり、保有資産が少ないと基準を満たしていないと判断されて審査に落ちることもあります。

審査基準に関しては、以下記事でもご紹介しています。

外国籍の方

日本に在住している外国籍の方は、ほとんどの日本国内のFX会社で口座開設のお申し込みができます。
お申し込みの際には、在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書、住民票で在留期限内・有効期限内のもの、いずれか1点の提出が必要です。

ただし、米国籍で日本在住者は注意が必要です。

アメリカではFATCA(外国口座コンプライアンス法)といって、アメリカに住む人々がアメリカ国内での租税回避を防ぐための法律が、世界中の全ての金融機関に対して定められています。

GMOクリック証券では、米国籍の方は口座開設不可とはっきり開示していますが、多くのFX会社でも口座開設ができないようです。

しかし例外もあり、YJFX!だけは米国籍であってもお申し込みができます。
この場合、口座開設お申込時に米国籍保有者であることを申告したのち、YJFX!から自己宣誓書を受け取って記入してから提出してください。

海外在住の日本人の方

海外在住者の方はほとんどの会社で口座開設対象外ですが、ヒロセ通商JFXは海外在住者の方でも口座開設することができます。

注意点として、先ほどのアメリカのように、国によっては法律で禁止されている場合もありますので、滞在国の領事館などにお問い合わせするようにしてください。


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!