FX口座開設する前に知りたい、資金や手数料、維持費のこと

こちらのページではFXに関する手数料全般と、取引に必要な資金について詳しくまとめています。

どこでどのような手数料が発生するのか、しっかり理解しておきましょう。

口座開設手数料、口座開設維持費はかかるのか

FXでは口座開設のときに手数料がかかる会社はほぼありません。口座開設自体は無料でできます。
また、口座維持手数料も無料です。

当サイト掲載FX会社で口座開設手数料、口座開設維持費が発生する会社はほぼありません。
(IG証券のみ、入金していて6ヶ月以上建玉、取引がなければ口座管理手数料が発生します。)
口座開設を作ったけど、しばらく放置していて維持費がかかってしまったら残念ですよね。

過去には口座維持費のかかる会社も存在していましたので、しっかりと目を通して無駄なコストのかからない会社を選ぶようにしましょう。

入金手数料と出金手数料

まずは入金手数料について説明します。
FXで自分専用の取引口座に入金する方法で「クイック入金(即時入金サービス)」と「銀行振り込み」の2種類があります。

クイック入金

クイック入金は振り込み手数料が無料です。
名称の通り、パソコンやスマホのアプリで入金をすると、即口座に反映されるのが特徴です。
タイムラグがありませんので、すぐに取引したいときに便利です。

クイック入金をするには、あらかじめ各銀行のネットバンキングを使えるようにしておく必要があります。

銀行振り込み

ATMか銀行の窓口での振り込みです。
銀行振り込みの手数料はお客様負担なので、入金用口座と同一の銀行であれば、振込手数料を抑えられます。
ATMでは3万円以上だと振込手数料が高くなりますが、FXでは3万円以上入金する場合が多いです。同じ銀行から振り込んでも432円かかったりします。

入金が反映されるまでに少々時間がかかりますので、あまりおすすめではありません。

FXはいつでも出金の手続きをすることができます。

出金手数料

FXは出金手数料が無料です。
出金依頼をしてから早くて当日、かかっても2〜3日位で登録口座に反映されます。

入出金手数料は、各社共通の仕組みなので差異はほぼありません。

取引手数料について

基本的にはFXの取引手数料は無料です。
だたし、1,000通貨単位の場合、売買ごとに手数料かかる会社もあります。

当サイト掲載の裁量取引で取引手数料がかかるのはFXプライム byGMOのみで、1万通貨単位未満は片道3銭の手数料が発生します。

そして自動注文系のサービスを使うと、注文ごとに取引手数料が発生します。
これは、俗にいう連続注文機能を備えた、リピート系注文と呼ばれる注文方法です。
外為オンラインのiサイクル注文FXブロードネットのトラッキングトレードインヴァスト証券のトライオートFX、マネースクエアのトラリピなどがこれに該当します。

こういった自動注文系のサービスは、限られた時間で効率的に取引したい方や、利益を自動化させたい方に利用されています。

取引にはどのくらい資金が必要か

1$=110円のとき、1,000通貨単位なら約4,400円、10,000通貨単位なら約44,000 円が米ドル/円の取引で最低限必要となります(取引証拠金といいます)。
取引証拠金は通貨ペアごとに異なり、米ドル/円よりも豪ドル/円、NZドル/円の方が低くなります。
逆に、取引証拠金はユーロ/円、ポンド/円の方が高くなりますので、1,000通貨でいろいろな通貨ペアで取引したい方は、余裕を持って1万円〜3万円程度は最低限入金しておくようにしてください。

少額から始めたい方は以下の記事もおすすめです。


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!