FXは複数口座でリスクを分散!使用用途に合わせて口座を作ろう。

FXでは複数口座の開設が可能です。

複数口座を保有すると、どんなメリットがあるのでしょうか。
また複数口座の使い分け方もご紹介していきます。

FXは保有口座の上限がない

複数業者のツールを比べてみよう!

FXは保有口座の上限がありませんので、極端に言えばFX会社の数だけ口座を作ることができます。
ただし、1社でいくつも口座を作ることはできません。
原則、「1つの会社で1つの口座」が基本です。

FXではいくつかの口座を作っておくことで、さまざまなメリットがあります。

オンラインリスクを分散させる

オンラインリスク

たとえば大きく為替が動いているとき、A証券に多くの注文が殺到したとします。
こういった場合、コンピューターが多くの注文を処理できず、まれに「サーバーダウン」となることがあります。
サーバーがダウンすると、強制的に取引ができなくなったり、注文しても約定せずに弾かれたりします(この約定拒否をリクォートといいます)。

このような状況に陥ったときでも快適に取引するためには、複数口座を開設しておくことでオンライントラブルによるリスクの分散ができるという訳です。

使用用途ごとに口座を作ろう

多くの上級トレーダーほど、使用用途ごとに口座を作っています。
例えばデイトレ用、スワップ取引用、チャート分析用、自動売買用といった分け方になります。

デイトレ向きの口座

デイトレードなど短期売買はスプレッドの狭い会社選びがポイントです。
低スプレッドの会社は2社用意しておくと、何かと便利です。

各社のスプレッドは、こちらのページで比較しています。

関連記事

デイトレードなどの短期売買において、もっとも重要となるのがスプレッド。2020年現在では、米ドル/円0.2銭が狭い水準として各社揃っています。また低スプレッドと同時に「スプレッド提示率」「約定力」も重要になってきます。こ[…]

FX12通貨ペアのスプレッドを徹底比較!

スワップトレード向きの口座

スワップトレード用で運用するなら、スワップポイントが高い会社を選びましょう。
ヒロセ通商は通貨ペアが多いので、マイナー通貨の売買もできます。

スワップトレード向きの口座

各社のスワップポイントは、こちらのページで比較しています。

関連記事

FXで人気のトレード手法である、スワップポイント狙いのスワップトレード。銀行預金につきものの利息ですが、スワップポイントとはFX版の利息といったところです。日本円は低金利通貨ですので、トルコリラ/円、メキシコペソ/円などの高金利通貨を買[…]

FXスワップポイント15業者を徹底比較!

チャート分析用の口座

チャート分析にあたり、メタトレーダー4(MT4)はかかすことができない存在です。

ブラウザ版のチャートはチャート設定を保存できません。
そのため、チャートを開くたびにテクニカル指標を設定したり、その都度トレンドラインを再描画しなければいけません。

そのため本格的な分析なら、インストール版取引ツールの利用をおすすめします。

インストール版のチャートソフトで最も有名なのがMT4です。MT4なら自分専用のチャート設定を保存しておけば、いつでも呼び戻すことができます。

なおチャート分析のみで使う場合、YJFX!なら分析専用MT4チャートを提供しています。
とにかくシンプルに、MT4で分析だけしたいなら、YJFX!の「分析専用MT4」がおすすめです。

関連記事

FX業者のチャートシステムで圧倒的な人気のチャートといえば、やっぱりMT4(メタトレーダー4)ですよね。YJFX!で利用できるMT4の特徴から、注意点までご紹介します。YJFX!のMT4は分析専用チャート!YJFX![…]

YJFX! ✕ MetaTrader4

 

各社の取引ツールは、こちらのページも合わせてご覧ください。

関連記事

スプレッドの狭さや1,000通貨対応、通貨ペア数など、FX会社選びには実に多くの要素があります。FXは取引をするほど、取引画面に接する時間は長くなりますので、実は取引ツールやチャートの使いやすさというのは、FX会社選びにおいてとても大切[…]

チャート・取引ツール比較

自動売買用の口座

初心者にとって自動売買は正直ハードルが高いのですが、外為オンラインのiサイクル2取引なら、かんたん発注の自動注文で相場から利益をコツコツ狙ってくれます。

リピート系や自動売買は、こちらのページも合わせてご覧ください。

関連記事

「複数の発注を一度に行い、何度も繰り返す」いわゆるリピート機能をもった自動注文機能は、売買における複数注文の手間を減らしつつ、継続的な利益に期待ができます。そのため、主婦やサラリーマンなど取引時間が限定されている人々や、中級者以上の分散[…]

各FX会社のリピート系注文を比べてみよう!

1社で複数口座を保有できる会社は?

さきほど「1つの会社で1つの口座が基本」と記載しましたが、1社のFX口座で複数口座を開設できる会社も実は存在します。

「同一名義で同一口座を複数開設したい!」

「短期売買用」と「スワップ狙いの長期売買用」で1社のなかで口座を分けて管理したいと考えるユーザーも存在します。

1社でも複数口座を利用できれば、例えばこういったニーズにも対応できます。

  • 短期売買用は積極的な利益狙いだから、レバレッジは高めでもOK!
  • 長期売買向けは安全設計にしたいから、レバレッジをとにかく抑える!

このように、短期売買、長期売買ともにA社を使いたいと考えているなら、取引手法に合わせてレバレッジと資金量をコントロールしやすいメリットがあります。

このほか同一口座ではありませんが、トレイダーズ証券の2ブランド「みんなのFX」と「LIGHT FX」、DMM.com証券の「DMM FX」と「外為ジャパン」、マネックス証券の「FX PLUS」と「マネックスFX」はスプレッド、スワップポイントなどが同一条件です。

これらの口座を組み合わせれば、擬似的に同一スペックの口座を2つ保有できますので、手法ごとに口座を使い分けるやり方も可能です。

このように、FXは取引スタイルごとに1社でも複数社でも口座を使い分けができます。
さらに複数の会社で口座を保有していれば、各社の会員限定セミナーに参加できたり、会社ごとに異なるマーケット情報にアクセスできたりと、多くの恩恵を受けられるのも事実です。複数口座を併用して、それぞれの長所を生かした運用を目指してみてはいかがでしょうか。
FXは複数口座でリスクを分散!使用用途に合わせて口座を作ろう。
最新情報をチェックしよう!