「4円」でFX!1通貨で始める超少額取引のすすめ

4円から始めるFX

FXは最小「4円」から取引ができます。

4円から取引することの魅力と、「1通貨単位」対応業者をご紹介します。

4円なので、FX初心者も安心

もっともメジャーな通貨ペア「米ドル/円」でFX取引をするには、一般におおよそ40,000〜44,000円が最低限必要となります。(1米ドル =100円〜110円のとき)

このときの取引単位は、FXの基本となる10,000通貨単位ですので、ドルなら1万ドルとなります。

1万通貨=1万ドル分の取引ということは、1ドル100円のとき、上限レバレッジの25倍なら最小4万円の証拠金で、100万円分(100円×1万通貨)の取引ができる仕組みです。
もっと砕いて言うと、米ドル/円で1円変動すれば、1円×10,000通貨なので1万円の利益になる売買ができることとなります。

こちらの表をご覧ください。

1米ドル100円のとき
取引単位 必要証拠金
(米ドル/円)
取引数量 1円の変動で
1通貨 4円 0.0001Lot ±1円
100通貨 400円 0.01Lot ±100円
1,000通貨 4,000円 0.1Lot ±1,000円
10,000通貨 40,000円 1Lot ±1万円

FXではロットという単位が使われていて、10,000通貨=1ロットとなります。
つまり4円からFXができるということは、通常の1万分の1の取引単位ですので、0.001ロットで取引ができるのです。

1万通貨なら1円の変動で1万円の増減ですが、1通貨なら1円不利に動いても、マイナス1円にしかなりません。

通常の最小取引金額は4,000円程度

もともと7〜8割のFX業者では、株式投資でいうところのミニ株のような位置付けで、1,000通貨(0.1ロット)から取引できるサービスが提供されていました。米ドル/円で0.1ロットの取引なら、最小で約4,000円でFX取引ができるというわけです。

このような背景があったなかで、2012年、さまざまな金融サービスの提供をするSBIグループのFX業者SBI FXトレードは、後発ながらもFXサービスを開始しました。その特徴のひとつが、「1通貨」から取引できる点です。

SBI FXトレードでは1通貨単位からのお取引が可能。もちろん1,000通貨、1万通貨でもOK

従来の仕組みを根本から変えるほどのインパクトを業界に与えた1通貨対応ですが、具体的には、次のような特徴があります。

  • FXの取引単位としては、この世でもっとも最小となる。
  • 米ドルなら1米ドル=約4円、ユーロなら1ユーロ=約5円から取引できる。
  • 価格変動のリスクがほとんどない。

それでは1通貨で取引するメリット・デメリットを見てみましょう。

1通貨から取引できるメリット

要約すると以下3点のメリットがあります。

  • デモトレードでは体感できない、本番取引の緊張感がある。
  • 損失が少ないため、冷静な判断を身に付けやすい。
  • 自分のペースで、少しづつ取引量を上げられる。

デモトレードでは体感できない、本番取引の緊張感

FXは興奮するな冷静に

すべてのFX業者ではありませんが、実際のトレードを始める前に取引システムや注文方法が理解できるように、デモトレードを用意している業者もあります。

デモトレードでも十分にFXを学ぶことはできますが、決定的に2つ、大きな違いが出てきます。

  • 本当の自分の資金であるか
  • それにより、緊張感をもった覚悟で取引できるか

「仮想資金」なのか「実際のお金」なのかで、取り組む姿勢が変わってきてしまうのです。

「デモだから大きな損失になってもいいかな。」
「仮想資金1,000万あるから、100Lot発注しよう。上手く行ったら、このまま本番口座でもやろう。」

このような姿勢でFXに取り組むようでは、実際のトレードで即退場となってしまいます。

デモトレードで「このくらいの変動でこのくらいの含み損になる」「ロスカットされたらこのくらい自動決済される」目安を知ることは大切です。
しかし、甘い気持ちで挑んで本番に移行しやすいのが、デモトレードのリスクともなります。

約4円といっても本当のお金ですから「自己資金で緊張感を持ってトレードできる」ことは、ビギナーにとって大きなメリットとなります。

損失が少ないため、冷静な判断を身に付けやすい

資金を抑える利益に繋げる

1通貨の取引だと、1円不利な方向に動いたとしても、マイナス1円の含み損にしかなりません。
30pips不利な方向に動いて決済すれば、マイナス0.3円です。

トレーダーはみんな人間ですから、やはり「自分の都合のいい方向に必ず動く!」と直感を信じたトレードをしやすいですよね。
しかし感情的なトレードをするようでは、FXで継続的に収益化するのは難しいのです。

「FXで1万円儲かった!」「5千円損した。」よりも
「100pipsで利食いした」「トレンドが変わったから-50pipsで損切りした。」

収支の単位をpipsにするだけで、「金額」ではなく「数字」に見えてきませんか?
プロトレーダーほど、金額ではなく数字でトレードするように、利益・損失で感情的に一喜一憂してはいけません。

1通貨での取引なら、損失となっても非常に小さいダメージで済みますから、自信をもって機械的に売買判断できる「ステップアップ」をできることが魅力だといえます。

自分のペースで、少しづつ取引量を上げられる

取引量を少しづつ上げていくイメージ
  1. 証拠金が少ない
  2. 根拠のないトレードをしてしまう

右も左もわからずにいきなり1万通貨でFXを始めた場合、この2項目が組み合わさることで早期退場リスクが高くなります。

FX口座に預け入れる資金が少ないと、担保となる資金が拘束される割合が高くなりますので、ハイリスク・ハイリターンの投資となります。
加えて、FXチャート分析の見方がわからない状態で売買してしまうと、根拠のない勘に頼ったトレードになりがちです。

これを避けるには先に挙げたように、
①緊張感を持つこと
②冷静な判断をしながら本番トレードすること

これに加えて、
③チャート分析で根拠ある売買判断をすることが大切です。

1通貨の取引で勝率や自分の手法に自信が持てたら、1通貨→100通貨→1,000通貨→5,000通貨→10,000通貨といった風に、徐々に取引数量を上げていくのが、収益化の近道です。

自身のトレードで希望を見いだせたら、取引量を上げる前に、必ず口座への入金額を増やして「証拠金維持率」を高くして「レバレッジ」を下げましょう。そうすることで、ロスカットリスクを抑える効果があります。
FXは、取引量に対して口座内に担保となる資金が多いほど、ローリスク・ローリターンとなります。

このように、自分のペースで取引量を上げられるのが、1通貨から取引できる最大のメリットとなります。

1通貨から取引できるデメリットは?

大きな損失にならないことに比例して、大きな収益にもならないことが、1通貨取引のデメリットです。

収益化しにくい

1通貨の取引では、1円不利な方向に動いてもマイナス1円の含み損にしかならない一方で、1円有利な方向に動いてもプラス1円の含み益にしかなりません。

1万通貨の取引であれば、1円有利に動いたら1万円の利益になります。1通貨は取引単位が1万分の1ですから、利益もその分小さくなってしまいます。

やはりFXで収益につながってると体感できる水準としては、1,000通貨以上からの取引になってくるでしょう。

1通貨は本番環境ですが、大きな損をすることがありません。4〜5円程度で始められる利点を生かして学びつつ、あくまでも取引数量を上げるステップとして留めておきましょう。

 

1,000通貨対応のFX業者一覧は、こちらでご覧いただけます。

  • FXを1万円からスタート! - 1,000通貨単位で始める少額取引の方法

1通貨から取引できるFX業者はここ

それでは、1通貨単位から取引ができるFX業者をご紹介します。

FX会社名 取引単位 米ドル/円
スプレッド
通貨ペア 初回入金額 公式サイト
1
通貨単位
0.27銭
原則固定
26
通貨ペア
なし 口座開設 詳細情報
1
通貨単位
0.4銭〜 71
通貨ペア
10万円〜 口座開設 詳細情報
100
通貨単位
0.4銭
原則固定
18
通貨ペア
なし 口座開設 詳細情報

マネーパートナーズのみ、1通貨対応ではなく100通貨対応のFX業者です。参考として掲載していますが、国内で1,000通貨単位以下で取引できるのはこちらの3社となります。

SBI FXトレードのココがすごい!

少額でFXを始めたい方には、SBI FXトレードがおすすめです。

その理由は以下。

SBI FXの魅力!

  • 米ドル/円は約4円、ユーロ/円は約5円から取引できる。
  • 1,000通貨、10,000通貨の取引も可能。
  • 全通貨ペアにおいて、国内最狭水準のスプレッド+国内最高水準のスワップポイント。
  • 初回入金額の指定がない。
  • 国内唯一、18才からFXができる業者。
  • 口座開設だけで500円がもらえるので、実質無料で始められる。

500円プレゼントを使えば、実質タダで始められる

SBI FXトレードなら初回ログインだけで500円が入金されるので、初期費用をかけずに取引を始められます。
500円を受け取るのはかんたんで、PC、スマートフォンアプリどちらのログインでも500円プレゼントの対象となります。

500円を受け取る手順

  1. SBI FXトレードで口座開設をする。
  2. 登録したメールアドレスに「口座開設完了メール」が届く。(この日が口座開設日となる。)
  3. 口座開設日から翌月の10日6時00分までに、取引口座へログインする。
  4. 初回ログイン後、2営業日以内にお取引口座に500円が入金される。

▼スマホアプリからのログインでもOK!

500円の資金に対して1米ドル(約4円)のポジションをもつのは、50万円の入金で0.1Lotの取引をするのと同じ証拠金維持率となり、これはポジティブな意味でかなり高い水準となります。

この点を踏まえて、実際に取引量を上げたときをイメージして売買するのが、有効活用する秘訣となります。

SBI FXトレードは18歳からFXができる会社

一般にFXの口座開設は満20歳から可能となっておりますが、SBI FXトレードは国内業者でも珍しく、満18歳から取引ができます。

SBI FXトレードは万18歳以上なら口座開設が可能!

戸籍謄本など通常の口座開設よりも提出する書類はあるものの、成人を前にいち早く取引を始められるのも特徴です。

1通貨から始めるならSBI FXトレード

スプレッド業界最狭水準 米ドル/円0.27銭

米ドル/円は約4円から取引できる、貴重なFX業者のSBI FXトレード。500円入金を活用して、コツコツ取引数量をステップアップしてみてはいかがでしょうか。
業界最狭水準スプレッドと業界最高水準スワップポイントにより、短期〜長期までさまざまな投資スタイルで売買ができます。

スマートフォンアプリ(iPhone、Android)は業界に先駆けて「指紋」「顔」「音声」による生体認証ログインに対応。セキュリティ面でも安心できるのも強みです。

無料の口座開設をする

こちらから無料でSBI FXトレードの口座開設ができます!

気になる疑問や便利なTipsなど


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!