【豪ドル・トルコリラ・ランド】異業者両建てに最適な通貨ペアとFX業者

両建てにより価格変動リスクを最小限に抑えてスワップポイントの差額を狙う、スワップサヤ取り手法。

スワップ差とスプレッドを考慮した、異業者両建てに最適な業者選びをご紹介します。

スワップサヤ取りはスプレッドも重要

異業者両建ては、売りか買いの一方で利益を狙う通常の売買(片張り)に比べると、倍のポジションを持つことになります。

買いと売り、両者の利益と損失を相殺した差分を狙うやり方ですので、リスクを抑えた運用か可能な反面、短期間でロット数が少ないほど、スプレッドがコストとして大きくかかってしまいます。

そのため、買いスワップ・売りスワップ以外に加えて、どのくらいスプレッドが発生するかも念頭に入れておくことが収益化のポイントです。

 

2つのFX業者を使った両建て手法については、以下の記事でご紹介しています。

関連記事

古くからあるFXの売買手法に「サヤ取り」というものがあります。具体的なサヤ取りのやり方や注意点について解説します。サヤ取り手法とは?「裁定取引」や「アービトラージ」とも呼ばれるサヤ取り。サヤ(鞘)とは、相場の世界ではある価格と価[…]

【異業者両建て】スワップ狙いのサヤ取り手法の戦略とリスクについて

高スワップ通貨ペアとスプレッドを比べよう

スワップポイントは日々変動しますが、平均的に高く提供している業者は年間を通して高く、逆に低い業者も同様です。

ここでは、高スワップで代表的な通貨ペアを比較します。

– 2019年6月1日 追記 –
当ページには「豪ドル/円」「NZドル/円」のコンテンツも掲載していましたが、ヒロセ通商とJFXで固定スワップの廃止にともない、サヤ取りの旨みがなくなったため削除しました。

このほかFXプライム byGMOの1社のみで「ユーロ/円・ポーランドズロチ/円」の両建て手法もあり、詳細はこちらの記事でご紹介しています。

関連記事

「ポーランドズロチ/円」「ユーロ/円」の両建てによるサヤ取りでスワップポイント狙えると、新型の両建て手法が注目を集めつつあります。この手法を解説するとともに、リスク・注意点もまとめてご紹介していきます。ズロチとユーロのサヤ取りは[…]

ズロチ/円とユーロ/円の妙技!スワップ狙いの両建てサヤ取り手法とは?

南アフリカランド/円で比較

南アフリカランド/円の異業者両建て向き業者

FX会社名南アランド/円
南アフリカランド/円売り
南アランド/円
南アフリカランド/円買い
南アランド/円
南アフリカランド/円スプレッド
FX会社名南アランド/円
南アフリカランド/円売り
南アランド/円
南アフリカランド/円買い
南アランド/円
南アフリカランド/円スプレッド
-2501001.3銭
-90901.0銭
-1201200.9銭
-2501500.9銭
-2501500.9銭
-20010015銭
-2209016.4銭
-1101001.3銭
-1101001.3銭
-2501503.0銭
-120902.0銭
-2401300.9銭
トライオートFX-2001001.8銭
スワップポイント取得日:2020年2月3日
※スワップポイントの単位は円。 各社においてスワップポイント付与が前後している場合は、直近1日分のスワップポイントを記載。

スプレッド取得日:2020年2月3日
※FXプライム byGMOは例外あり、それ以外の業者は原則固定スプレッド。

南アフリカランド/円は、現在ヒロセ通商JFXが高スワップポイントです。終了期間は分かりませんが、買いスワップはほぼ固定で提供しています。

売りスワップに関しては、GMOクリック証券を組み合わせるとコスト的に有利となります。

ヒロセ通商 + GMOクリック証券で10万通貨両建ての場合
  • 150(買いスワップ) − 100(売りスワップ) = 50円(スワップ差益)
  • 50 × 365(1年)−100(ヒロセ通商のスプレッド) −100(GMOクリック証券のスプレッド) = 18,050円(1年間のスワップ差による利益)

トルコリラ/円で比較

トルコリラ/円の異業者両建て向き業者

FX会社名トルコ/円
トルコリラ/円売り
トルコ/円
トルコリラ/円買い
トルコ/円
トルコリラ/円スプレッド
FX会社名トルコ/円
トルコリラ/円売り
トルコ/円
トルコリラ/円買い
トルコ/円
トルコリラ/円スプレッド
-38281.7銭
-50501.7銭
-69391.6銭
-69391.6銭
-110406.0銭
-58284.8銭〜
最大203.8銭
-91812.7銭
-663915銭
トライオートFX-104435.5銭
スワップポイント取得日:2020年2月3日
※スワップポイントの単位は円。 各社においてスワップポイント付与が前後している場合は、直近1日分のスワップポイントを記載。

スプレッド取得日:2020年2月3日
※FXプライム byGMOは例外あり、それ以外の業者は原則固定スプレッド。

トルコリラ/円で注意しなければいけないのが、スプレッドです。
マイナー通貨ですので、ボラが大きいときはスプレッドも広がりがちです。

MT4が使えるゴールデンウェイ・ジャパン(FXTF)は、スプレッドがとにかく広いです。
スプレッドが50銭のときに1lot売りから入ると、それだけでマイナス5,000円からのスタートとなってしまいます。

今回調査時にトルコリラ/円の買いスワップが高かったのはヒロセ通商でした。
なお過去データではみんなのFXも安定的に高水準で提供しています。

今回の売りスワップポイントはマネックス証券が低水準でした。

トルコリラ/円は新興国通貨だけあって値動きが激しいため、余裕をもった証拠金とともにリスクを理解した上で取引するようにしてください。

みんなのFX + マネックス証券で1万通貨両建ての場合
  • 130(買いスワップ) − 91(売りスワップ) = 39円(スワップ差益)
  • 39 × 365(1年)−170(みんなのFXのスプレッド) −270(マネックス証券のスプレッド) = 13,795円(1年間のスワップ差による利益)

スワップ狙いのサヤ取り手法で、常に意識しなければいけないのが、以下の3点です。

  1. ロスカットされない水準であるか
  2. スワップポイントを継続的に受け取れているか
  3. スプレッドは広すぎではないか

まずスワップを長期的に受け取ることが目的ですから、絶対にロスカットされない証拠金維持率をキープすることがもっとも大切です。また買いスワップと売りスワップのバランスが崩れると、スワップポイントの受け取りでマイナスになってしまうことも十分考えられます。

これを避けるためには、事前に高水準の業者で複数開設しておくようにしてください。その際には買いポジション・売りポジションを同時にスクエア(決済)してから、再びポジションを組み立てていくと、価格変動リスクを抑えることが可能となります。

高スワップポイントでおすすめの会社

ヒロセ通商「LION FX」

LION FXだからできる!業界最高水準高スワップポイント!

ヒロセ通商はスキャルピングOKで、業界最高水準のスワップポイントも魅力。

FX業界で随一ともいえる、豊富なキャンペーンを開催しており、達成しやすい条件であることからも注目されています。また取引するほどもらえる食品キャンペーンも顧客から大人気!

低スプレッド&高速約定とスピーディーな売買ができるので、短期売買との相性も抜群です。

ヒロセ通商の口座開設キャンペーン情報

好条件のおすすめ口座開設キャンペーン!

2020年3月1日(日)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+ポンド/円片道15万通貨以上の取引で5,000円をキャッシュバック!(最大50,000円)

こちらから無料でヒロセ通商「LION FX」の口座開設ができます!

みんなのFX

鈴木奈々、みんなのFX始めました。

トルコリラ/円、メキシコペソ/円など高金利通貨の最高水準スワップがみんなのFXの特徴!
長期的なスワップポイントの受け取りにイチオシの業者です。

スプレッドは業界最狭水準であり、約定率も高いので、デイトレードなど短期売買から中期売買にも向いています。1,000通貨単位から取引できますので、少額からスタートすることも可能です。

取引ツールには売買比率・価格分布(オープンオーダー)を搭載!どちらの方向でエントリーすればいいのか参考にするのもいいでしょう。
口座開設すれば、FX/シストレ/バイナリーオプション3つの取引ができるのも魅力。オンラインセミナー「みんなの金トレ」でFXを1から学べる環境が整っているのもポイントです。

みんなのFXの口座開設キャンペーン情報

2020年3月31日(火)までのキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大50,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でみんなのFXの口座開設ができます!

異業者両建てに最適な通貨ペア、FX業者をご紹介!
最新情報をチェックしよう!