資産運用商品は他にもあるのに、なぜFXは人気があるの?

FXはレバレッジと無茶なトレードによってはハイリスクともなる一方で、外貨預金的なローリスク運用も可能です。

正直、「FXは危険」と認識を持つ方も少なくないでしょう。

これは無知のトレードをした人の失敗談であり、正しい知識を持ってトレードすれば大やけどすることはありません。
自由度の高い仕組みにより、確かに一攫千金を狙うようなトレードができますが、それでは裸一貫でライオンに戦いを挑むようなものです。

損失しないためのリスクコントロール、為替情報の収集、チャート分析をこなしてこそ、利益を掴み取ることができます。
ゼロサム・ゲームのFXは、かんたんに稼げるものではありません。
FXで継続的に収入を手にする人はマーケットにアンテナを張って、チャート分析に熱心な方が本当に多いです。

では数多く存在する資産運用のなかでも、FXは高い人気を誇っていますが、それはなぜなのでしょうか。

FXが資産運用で人気の理由

それでは、FXが資産運用で人気の理由をご紹介します。

とにかくローコスト!手数料が安い

FXは他の資産運用商品に比べて、圧倒的にローコストで手数料が有利なことも人気の理由です。

FXの取引コストは外貨預金の「約2,000分の1」!!

同じく外貨を扱った投資には外貨預金がありますが、実は手数料が高いことで知られています。
外貨預金は、1ドルあたり約2円の手数料が発生します。
海外旅行の際に、空港で両替手数料が高いと感じた経験を持つ方もいることでしょう。
こういった両替コストが高いと、収益化するのにハードルが上がってしまいます。

FXの手数料というと、買い注文と売り注文の差額となるスプレッドがあります。
多くのFX会社は取引手数料自体は無料が主流となっており、スプレッドは実質の取引手数料となります。
スプレッドはFX会社により異なるものの、1米ドルあたり0.2銭で提供されています。
つまりFXは、外貨預金に比べても約1,000分の1の手数料で取引できる、圧倒的にローコストの商品なのです。

実際の金額でいうと、0.2銭はどのくらいのコストか見てみましょう。

FXの一般的な取引単位となる「10,000通貨」であれば、10,000米ドルの取引をすることになります。
10,000米ドルをわかりやすくいうと、1米ドル=100円とすれば100万円となります。

投資対象1通貨のコスト
(1米ドル)
10,000通貨のコスト
(10,000米ドル)
FX0.2銭20円
外貨預金2円20,000円

つまり100万円分の取引にあたり、FXでは20円がコストとなりますが、外貨預金では20,000円が取引コストとなるのですね。

スプレッドのほか、各種取引手数料、口座開設手数料や口座維持費、入出金手数料と、ほとんどのFX会社が無料で提供していますので、余計なコストをかけずに取引できることも特徴です。

24時間、いつでも取引OK

取引所が開いている間だけ取引ができる株などと違い、世界中で取引されているFXは、24時間いつでも取引ができます。

月曜日の朝〜土曜日の朝までほぼ24時間取引できる!

早朝はニュージーランド、オーストラリアのオセアニア市場から始まり、朝から昼にはアジア市場の日本、香港やシンガポールの市場が始まります。夕方から夜にかけて欧州市場のフランクフルト、ロンドンと続き、最後に北米市場のニューヨークが開きます。
ニューヨーク市場が終わるころには、再びニュージーランド市場から1日が始まります。

このようなサイクルとなっていますので、FXは月曜の朝から土曜日の朝までは、24時間いつでも取引が行えます
日中の仕事が終わったあとや就寝前、出勤前などライフスタイルに合わせてできる、自由度の高さが魅力なのです。

少額資金で取引ができる

FXにはレバレッジという仕組みがあり、これは少額の資金で資金効率良く取引できるというもので、現在の最大レバレッジは25倍です。

外貨預金で必要となる金額の「25分の1」の金額で同じ運用ができますが、これをレバレッジ効果といいます。
レバレッジを利用して取引することで、投資資金に対する損益の比率も大きくなるのがFXの特徴です。

4万円で外貨預金100万円相当の取引ができる!!

1ドル100円で1万ドルの取引をする場合、外貨預金は100万円がかかりますが、FXはレバレッジにより4万円の資金で100万円分の取引ができます。

 

レバレッジやリスクについて、以下ページで詳しく解説しています。

関連記事

FXは元本や利益が保証された金融商品ではありません。そのため、しっかりとリスクを認識し、理解した上で取引することはとても大切なことです。それではFX取引に存在する、5つのリスクについて解説します。オンラインリスク[…]

オンラインリスク・価格変動リスクなど、FXのリスクを知ろう

売りからも利益を狙える

資産運用には、利益発生チャンスはどちらか一方方向に限定されている金融商品も多くあります。

  • 外貨預金 – 預金を始めてから円安になれば利益が発生する。
  • 株(現物取引) – 買ってから株高に推移すれば利益が発生する。

つまり買い方向でしか取引ができない、ということを指します。

上昇しているときは買いで利益、下落しているときは売りで利益にできる

しかしFXは、売りから入ることも可能です。上昇しているときに収益機会があるだけではなく、下落している局面でも収益機会が存在します。

つまりそれだけ利益を狙えるチャンスが多い投資であることが、FXの特徴となります。

リスク管理がしっかりしている

FXは少額で大きな取引ができることから、大きな利益を得ることができる反面、為替が思惑と反対に変動したとき、大きな損失に繋がるリスクがあります。

このリスクの拡大を防ぐために、ロスカット(強制決済)というルールが用意されています。

マージンコールとロスカットの仕組み

ロスカットとは、FX会社が保有しているポジションを強制的に決済して、顧客の大きな損失(証拠金以上の損失)を防ぐための仕組みです。

なお急にロスカットされることはなく、口座開設時に登録したメールアドレス宛に業者からメッセージが届きます。
はじめにマージンコールがあります。マージンコールはロスカット前の警告で、一定の証拠金維持率を下回ると、追証(追加で証拠金の入金)が求められます。
マージンコールがあって追証せずに、そのまま損失が膨らむ方向に相場が動けば、ロスカットといった流れです。

レバレッジによる大きな損失を守るためのロスカットですが、ロスカットが執行されれば口座内の資金が減少しますので、ロスカットされない余裕のある証拠金で、日々取引していくことが本当に大事です。
ロスカットの水準は業者ごとに異なりますので、取引前に確認しておきましょう。
FXが資産運用で人気の理由【まとめ】
  • 他の金融商品よりも、圧倒的に取引手数料が安い。
  • とにかく少額資金から始めることができる。
  • 月曜日朝〜土曜日朝まで、ほぼ24時間取引をすることができる。
  • 買いだけではなく、売りからも利益の追求ができる。
  • 顧客の証拠金以上の損失をしないよう、ロスカットのシステムがある。

資産運用でFXが向いている人

全ての人にFXが向いているわけではありません。

  1. FXでどんな資産運用をするか、目的を明確にすること。
  2. 勉強して必要な知識を継続的に学べること。
  3. 自分の失敗を冷静に検証できること。

FXはかんたんではないため、目的を持って継続的に学び、自分自身の失敗を検証できる人に向く資産運用です。

これを実行するのが難しいと考えるのでしたら、レバレッジを効かせたハイリターン型のFX(レバレッジを下げれば実質ローリターン型)ではなく、ローリターン型、ミドルリターン型の金融商品を選定するのが得策です。

FXでどんな資産運用をするか、目的を明確にすること

FXでどのような資産運用をするのか、明確な目的を設定する必要があります。
なぜなら短期で積極的なトレードをするか、中長期でまったりトレードをするかかで戦略が変わってくるからです。
短期で積極的なトレードをする場合は、損失が拡大する前に損切りしなければいけませんし、中長期でトレードする場合はレバレッジを低く抑えなければいけません。

リピート系注文で回転売買するやり方も人気がありますが、同様に中長期での保有となるため、レバレッジを抑えた運用が基本となります。

レバレッジ1倍で外貨預金的なトレードも可能ですが、FXだけではなく外貨を扱う金融商品は為替変動によって利益・損失となる為替リスクが存在します。
そのため、スワップポイントを早く受け取りたいと焦るのではなく、投資対象の通貨が「安値圏」のときにポジションを仕込めるかが重要となってきます。

ただ稼ぎたいだけの一心で無茶なトレードをするようでは、あっという間に最初に用意した資金を失う可能性が高くなります。

短期トレードなのか、中長期トレードなのかで、レバレッジや損切りラインも異なってきます。

為替変動で稼ぎたいのか、金利狙いで稼ぎたいのかを明確にし、両方をひとつの口座でトレードする場合、レバレッジのコントロールが難しくななりますので、口座は目的ごとに使い分けるようにしてください。

勉強して必要な知識を継続的に学べること

直感だけのトレードでは、ビギナーズラックで最初は上手く行ったとしても、同じように何度も勝ち続けることはできません。

どこでエントリーし、損切りと利食いはどのポイントで行うかを判断するだけでも、正解はひとつとは限りませんし、相場によって最適解は変化します。

チャート分析だって、どの足種を見るかで売買ポイントは変わってきます。
移動平均線ひとつをとっても、為替レートとの位置関係によって売買に使っていくパターンはたくさんあります。
ラインを描く場合、水平線で重要な高値・安値で引くだけではなく、正しいトレンドラインの引き方をマスターすることも大切です。

通貨ペアごとに特徴があり、時間帯によって値動きは変動幅が異なってきます。

マーケットでは今どんなニュースが注目されていて、今どんな変化が起きているのか、ファンダメンタルズ要因にも目を配らなければいけません。

最低限の知識を身に付けたからOKというわけではなく、マーケットは常に変化するため、取引に必要な情報を継続的に学んでいけることが、FX取引には必須です。

自分の失敗を冷静に検証できること

コツコツとトレード日記をつけて検証できる人は、FXに向いているタイプです。

トレードで何度も損失を出したら、なぜそうなったのか、今後損失を重ねないようにするには何をすべきか、自分の失敗から学んで冷静に検証しなければいけません。
そうしなければ、同じ過ちを何度も繰り返してしまいます。
会社や学校と違って、FXで失敗をして何が原因なのか、トレード仲間がいない限り誰も教えてくれません。

FXで生き残っていくには、自分自身で客観的に失敗を検証することが必須です。

ビジネスで使われるものにPDCAサイクルがあります。
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)を繰り返して、目標を継続的に改善していく考え方です。
FXトレードにもこれを活用して、目標をその都度調整しながら進めてみてはいかがでしょうか。

初心者におすすめのFX業者

外為オンライン

外為オンラインは1,000通貨単位に対応しているので、少額からFXを始めたい方にオススメ!

取引システムはシンプルながらも直感的に操作できる、初心者にも扱いやすいのが特徴。チャート機能も充実していて、比較チャートでは2つの通貨ペアを重ねて分析ができます。
またリピート系自動売買「iサイクル2取引」によって、手間をかけずに運用も可能です。

スマートフォンアプリ(iPhone/Android)、タブレットアプリ(iPadやAndroidタブレット)を使って出先でもスムーズに取引できます。
デモトレード対応に対応し、マーケット情報も豊富なので、FXの入門にもおすすめの業者です。

業界トップクラスの開催数を誇る無料セミナーは初心者にも分かりやすいと好評なので、都合のいい方はぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。

外為オンラインの口座開設キャンペーン情報

キャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大150,000円をキャッシュバック!

こちらから無料で外為オンラインの口座開設ができます!

YJFX!(ワイジェイFX)「外貨ex」

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2018年12月12日(木) 〜 終了日未定のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大27,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でYJFX!「外貨ex」の口座開設ができます!

資産運用商品は他にもあるのに、なぜFXは人気があるの?
最新情報をチェックしよう!