GMOクリック証券【デモ口座】開設手順・やり方を解説!

GMOクリック証券【デモ口座】開設手順・やり方を解説!

数あるFX業者が存在するなかで、デモ口座をスピーディーに開設することができて、仮想環境であってもさまざまなツールを利用できるのがGMOクリック証券です。

デモ口座の開設手順、デモ取引ツールの使い方から注意点までご紹介します。

GMOクリック証券のデモ口座概要

まずはデモ口座概要から見ていきましょう。

仮想資金(PC) 10万円〜9,999万円の範囲で指定可能
仮想資金(スマホアプリ) 1,000万円
デモ口座の期限 1ヶ月間
対応端末 スマートフォンアプリ
PC取引ツール
レバレッジ 最大25倍
ロスカット 証拠金維持率が50%を下回った場合
デモ取引時間 ※FX口座に準じる。

月曜日AM7:00~土曜日AM7:00
(夏時間 月曜日AM7:00~土曜日AM6:00まで)

PC版とスマホ版のデモ環境は別口座扱いとなっており、それぞれ初期仮想資金が異なります。

パソコンからデモ口座のお申込みをした場合、任意の仮想資金で始めることができます。

対してスマートフォンアプリ・GMOクリック FXneoでお申込みした場合、仮想資金は1,000万円で固定されていますが、本取引アプリ内でデモ取引できる仕様により、注文設定やチャート設定をそのまま本番に使うことができます。

どちらも一長一短ありますが、本格的なチャート分析を身につけるためにも、パソコンから始めることをおすすめします。

レバレッジは仮想資金額とポジション量によって変化しますので、仮想環境でどのくらいの水準であるかに注目するようにしてください。

なおデモ口座の通貨ペアや取引時間は、FXネオ取引ルールに準じており、同一となっています。

デモトレード対応取引ツール

デモ環境では利用できるツールが制限されているケースが主流ですが、基本的にどのツールも利用できるのがGMOクリック証券の特徴です。

デモ環境と本番環境の違い
  本番口座 デモ口座
PCブラウザ版
PCインストール版「はっちゅう君プラス」
分析専用チャート「プラチナチャートプラス」
スマートフォンアプリ「GMOクリック FXneo」
FXニュース

唯一の難点として、デモ取引ツール上でFXニュースの閲覧ができません。
マーケット情報に注目してデモトレードするなら、本番口座も口座開設は無料ですから、事前に開設しておきましょう。

なおGMOクリック証券では、FXのほかにCFD、バイナリーオプションもデモトレードでお試しできるのも魅力です。

PC(ブラウザ版、インストール版)

まずはパソコンのデモ口座で利用できるツールから見ていきましょう。

基本となるのが、こちらのWebブラウザで取引するツールです。
初心者にも扱いやすく設計されていますので、まずはこちらからデモトレードを始めてみましょう。

■Webブラウザ版

ブラウザ版のデモトレード

「はっちゅう君プラス」はインストール型のデスクトップ専用アプリです。
Macは非対応のため、Windowsのみで動作します。

■はっちゅう君プラス

インストール版版のデモトレード

搭載機能が豊富なプラチナチャートプラスは、多彩な分析をサポートする分析専用チャートです。

■プラチナチャートプラス

分析専用チャート「プラチナチャートプラス」はデモ環境でも利用可能!

たとえデモ環境であっても、チャート機能が制限されることなく利用できるのは、GMOクリック証券ならではの長所となっています。

スマートフォンアプリ(iPhone/Android)

FX取引アプリのGMOクリック FXneoは、iPhone/Androidともに対応しています。

■GMOクリック FXneo

スマートフォンアプリ「GMOクリック FXネオ」のデモトレード画面。

スマホアプリではメールアドレス、ログインID、パスワードすべて不要で練習することができます。

なおiPhoneアプリ「iClickFXネオプラス」、Androidアプリ「FXroidプラス」はデモ口座非対応ですのでご注意ください。

GMOクリック証券はデモ口座開設がかんたん!

さっそくデモ口座の開設方法を見ていきましょう。

PCで始める手順

FXネオ デモ取引のページにある「デモ取引申込」をクリックします。

デモ取引申込をクリック。

▼個人情報保護方針、デモ取引利用規約を読んだら「同意する」にチェックを入れます。
続いてニックネーム、パスワード、Eメールアドレスを入力します。

同意したら各必須項目を入力する。

口座残高は10〜9,999万円の範囲で決められますが、実際の取引をイメージするためにも無理のない仮想資金で設定しましょう。
メール配信希望は必須ではありませんので、チェックの有無はお好みで決めてください。

▼確認画面で問題なければ、「この内容で申し込む」をクリックします。

確認画面で問題なければ「この内容で申し込む」をクリック。

▼デモ口座開設のお申込みが完了となります。

デモ取引のお申込み完了画面。

▼先程設定したEメールアドレスにログイン情報が記載されたメールが届きます。
FXネオ デモ取引の「デモ取引ログイン」へ進み、ユーザーID、パスワードの入力でログインができます。

デモ取引登録完了のメールに記載されたユーザーID、パスワード。

▼こちらがログイン後の画面です。
先ほど設定した100万円の口座残高で仮想取引のスタートとなります。

デモ口座ログイン後の画面。

スマホアプリで始める手順

スマホアプリでの開始手順はかんたんです。

起動後、右下にある「デモ取引を始める」をタップするだけでデモ取引を始められます。
メニューの「トレード」からも始めることができます。

スマートフォンアプリでは「デモ取引を始める」のタップだけで始められる。
トレードタブからもデモ口座を開設可能。
余力(初期資金)は1,000万円となっている。

ただしPC版とは連動していない設計となっており、任意の仮想資金で始めることができません。
スマホアプリ版は1,000万円からのスタートとなっており、開始後であれば追加でデモ入金することも可能です。

基本的な注文のやり方

Webブラウザ版を例に解説していきます。

デモ画面にログイン後、以下赤枠部分の「新規注文」をクリックしてください。

デモ口座で新規注文を行う方法

それから各項目を選択していきます。

  • 通貨ペア
  • 注文タイプ
  • 売買方向(売りか買い)
  • 取引数量(1と入力したら1万通貨ペア)
  • 許容スリッページ(どこまでスリッページの限度を設けるか)
  • 決済同時発注(新規注文と同時に決済注文をする場合に選択する)

上の画像は成行注文の発注画面ですが、成行以外(指値、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCO)の場合、指値か逆指値を指定して注文を行います。

注文方法が分からない方は、以下ページをどうぞご覧ください。

なにはともあれ、あくまでも仮想環境ですから、色々な発注方法を試してツールに慣れるようにしてください。

GMOクリック証券デモ口座の注意点

GMOクリック証券はデモ取引しやすい環境を提供していますが、注意すべき点もあります。

アプリでは任意の初期資金を指定できない

スマホアプリの初期資金となる1,000万円ですが、これからFXを始めたい方のシミュレーションとしては、あまりにも金額が大きすぎます。

実際に30万円で始めるのでしたら、デモトレードも30万円で始めると証拠金維持率やレバレッジをイメージしやすく、どのくらいの水準が適正であるかが掴みやすいです。
デモトレードで上手くいったからと言って、リスク管理を怠って本番取引をするのは危険です。

そのためスマホアプリのデモでは、あくまでも「発注方法」「使い方」を覚える目的として利用するのがおすすめです。

FXニュースの閲覧が不可

高機能チャート「プラチナチャートプラス」やスマホアプリなどのデモ環境では、FXニュースの閲覧ができません。
以下はデモ版プラチナチャートプラスの画面です。

デモ版はニュース閲覧できないので注意!

為替相場はニュースヘッドラインによって大きな勢いがついたり、逆に大きく転換しますので、練習の段階であっても本番口座を用意しておき、ニュースが見れる環境は整えておきましょう。

事前に本番口座を用意しておけば、PCの本番口座でチャート分析やニュースを閲覧しつつ、スマホアプリでデモトレードを行う、といったやり方もできます。

仮想環境に甘んじず、しっかりと本番を想定して練習していきましょう。

GMOクリック証券

FX取引高7年連続 世界第1位

GMOクリック証券のツールは、はっちゅう君FXプラスだけではありません。
通貨ペア比較機能やCFD銘柄のチャート表示が可能なプラチナチャートプラス、スマートフォンアプリのGMOクリック FXneoなど、大手IT系のグループ企業だけあってどれも直感的操作に優れたツールです。

低スプレッド・高スワップポイントなので、デイトレード、スイングトレードどちらも相性が抜群な環境が整っています。

GMOクリック証券「FXネオ」の口座開設特典情報

特典期間中に新規でFX口座の口座開設をし、開設月した翌々月末の最終営業日のニューヨーククローズまでの新規約定の取引数量に応じて、最大30,000円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料でGMOクリック証券の口座開設ができます!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!

\ 最新記事のお知らせはツイッター( @fx_quicknavi)で配信しています。お気軽にフォローしてください! /