YJFX!「Desktop Cymo」の機能、インストール方法、使い方を解説!

YJFX!のPC取引ツール Desktop Cymo特集!

YJFX!の「Desktop Cymo」(デスクトップ・サイモ)は、小さいながらも軽量な取引ツールです。
コンパクトな見た目ながらも、必要十分な機能を備えているのが魅力です。

Desktop Cymoの機能から、インストール方法、おすすめな使い方までご紹介します。

Desktop CymoはミニサイズのPC取引ツール

YJFX!ではさまざまなPC向け取引ツールが用意されていますが、そのなかでもミニマムガジェット(小さなアプリのこと)であるDesktop Cymoは、もっともコンパクトサイズの取引ツールです。

自動利食い・自動損切り機能とともに最短操作で発注できたり、チャート更新がリアルタイムであったりと、こじんまりとした見た目とは裏腹に、取引に役立つ機能をしっかり搭載しています。

例えるなら「スマートフォンアプリをPC上で使っているようなイメージ」で、シンプルでいてスムーズな操作ができる取引ツールへと仕上がっています。

Desktop CymoとWebブラウザを表示させた例

↑こちらは15.6型のノートパソコンに表示させた例です。
アプリ自体が軽量なので、小型であったり、スペックがそれほど高くないパソコンにインストールしても負荷がかからず、心地よく取引できるという特徴も持ち合わせています。

パソコンで仕事していたり、ネットサーフィンしているときでも、起動しておけば、画面の片隅で発注やレートチェック、チャートやニュースを閲覧できるのがDesktop Cymoの魅力となっています。

まずはインストールしよう!

Desktop CymoはWindows専用ですので、基本的にはMacで使うことはできません。ただしBootcampや仮想化ソフトでWindows環境を構築すれば、Macでも使うことができます。

それではさっそくインストールをしてみましょう。
下記URLから手順に沿って進めていけば、インストールができます。

【本番口座版】Desktop CymoのダウンロードURL

https://www.cymo.jp/download/

【デモ口座版】Desktop CymoのダウンロードURL

https://www.cymo.jp/desktopdemo/download/

余談ですが、YJFX!の取引ツール(PC、スマートフォンアプリ、タブレットアプリ)は、それぞれ「本番口座用」と「デモ口座用」が用意されているのが特徴です。
『インストールしてもログインできない!』なんてときは、本番口座版・Desktop Cymoにデモ口座用のID・パスワードを入力していないかなどを確認しましょう。

また「アップデートに失敗しました。管理者ユーザーで起動してください。」と表示されるケースもあります。
そんなときは、Desktop Cymoのショートカットアイコンを「右クリック」→「管理者として実行」と操作すれば、アップデートされたのち利用可能になります。

\ YJFX!でデモトレードをするなら、こちらの記事もどうぞご覧ください。/

Desktop Cymoの基本機能

まずは画面の基本構成から解説していきます。

上部左にある「約定あり」は、約定されれば明るく表示されます。

上部にある拡張エリア設定ではパネルの表示数を増やすことができます。
このとなりにあるアイコンでは、サウンドのON/OFFの切り替えができます。(デフォルトでは約定時に音が出る設定になっています。)

Desktop Cymoの基本構成について

下部は6つのメニューがあり、左から「プライスボード」「チャート」「ポジション」「ワンタッチ注文」「ニュース」「機能メニュー」となっています。

それでは項目別にもっと詳しく見ていきましょう。

プライスボード

プライスボードは表示サイズを大・中・小の3サイズから選べます。

プライスボードにある取引したい通貨ペアをクリックすれば、注文画面へと切り替わります。

「SWAP」をクリックすれば、当日のスワップポイントを確認することができます。

証拠金一覧では、通貨ペアごとの取引に必要な証拠金と、入金している金額で取引できる最大取引数量を閲覧できます。

新規注文画面では、今すぐ注文を約定させたいときに使う「リアルタイム注文」では、スリッページと自動利食い・自動損切りの設定も可能です。
「続けて決済注文も入力する」にチェックを入れて発注をすれば、新規注文後、そのまま決済注文画面を表示できるので、短期売買に便利な機能となっています。

指定レートで発注する「指値・逆指値」ですが、さまざまな組み合わせて複合注文も可能です。
各種注文の仕方は、以下の表を参考にしてください。

注文名 注文方法
指値注文 今より安く買いたいとき(高く売りたいとき)に「指値」に入力して買い(売り)をクリックすれば指値注文で発注できます。
逆指値注文 今より高く買いたいとき(安く売りたいとき)に「逆指値」に入力して買い(売り)をクリックすれば逆指値注文で発注できます。
IFD注文 指値または逆指値に、利食いまたは損切りをセットにして発注する注文方法。「指値」「逆指値」の一方に入力し、決済条件追加をクリックして「利食い」「損切り」の一方を入力すればIFD注文となります。
OCO注文 指値と逆指値を同時に発注する注文方法。一方が約定したら一方はキャンセルになります。「指値」「逆指値」どちらも入力すればOCO注文となります。
IFO注文
(IFDO注文)
指値または逆指値に、利食いと損切りをセットにして発注する注文方法。「指値」に入力し、決済条件追加をクリックして「利食い」「損切り」の両方を入力すればIFO注文となります。

決済時には、自動で利益の追求ができるトレール注文を「決済トレール」で発注することもできます。

チャート

小ぶりな画面が特徴のDesktop Cymoですが、簡易的ながらもテクニカル指標を搭載したチャートを利用可能です。

足種はティック〜月足まで用意されています。

トレンド系(2種類)

  • 移動平均(SMA)
  • ボリンジャーバンド

オシレーター系(5種類)

  • ストキャスティクス
  • MACD
  • RSI
  • RCI
  • DMI(ADX)

チャート上でマウスホイールをスクロールすれば、チャートの拡大・縮小が簡単にできますので、ぜひ試してみてください。

ポジション

ポジション情報は「ポジションサマリー」「ポジション一覧」でそれぞれ確認することができます。

ポジション一覧では、保有ポジションを一覧で閲覧することができます。それぞれをクリック後に「実行」することで個別に決済することができます。

ポジションサマリーでは通貨ペア、売買種別(買い/売り)ごとに一括りにされたポジション状況や損益を見ることができます。
例えば米ドル/円において、110円で買った1Lotと、111円で買った2Lotのポジションがあったとすれば、その3Lotの損益が合算されて表示されます。

ポジションサマリーに表示されている通貨ペアをクリックして「実行」すれば、通貨毎全決済が可能です。

ワンタッチ注文

YJFX!で人気のワンタッチ注文ですが、Desktop Cymoでも発注可能となっています。

リアルタイム注文と似ていますが、こちらは新規注文/決済注文が自動判別される発注方法です。

例えば、保有ポジションがない状態で注文すれば新規ポジションとなります。
買いポジションが1Lotある状態で、売り注文を1Lot発注すれば、決済となり保有ポジションがなくなります。
買いポジションが1Lotある状態で、売り注文を2Lot発注すれば、相殺されて1Lotの売りポジションを保有することとなります。

つまりワンタッチ注文は、両建てができない注文方法であるということを頭に入れておきましょう。

自動利食い・損切り、スリッページなどの設定は、「機能メニュー」→「ワンタッチ注文設定」から行うことができます。

ニュース

ニュースでは幅広い情報量に定評のある「GlobalInfo24(GI24)」が配信されています。

各ニュースをクリックすれば、詳細を見られます。

他の作業をしていても手軽に情報収集できるので、Desktop Cymoで特におすすめな機能です。

機能メニュー

ぱっと見ではわかりにくいですが、画面右下にあるCymoのロゴが機能メニューとなっています。

こちらから注文変更/決済や各種照会、アプリの表示通貨ペア設定、入出金を行うことができます。

拡張エリア設定で、最大3画面まで表示可能!

目玉機能となるのが「拡張エリア機能」です。

拡張エリア設定をクリックすると、こちらの画面になります。このとき、上下左右のうち2つまで画面の追加ができます。

ベースとなる画面も含めると、最大3画面の表示が可能となります。

Desktop Cymoは小さな画面がメリットであり、ときに一度に取得できる情報の少なさはデメリットともなりますが、拡張エリアを使えば、そんな苦手な部分もしっかりとカバーすることができますね。

プライスボード+チャート+ニュースのように、取引用途に合わせてお好みで使ってみてはいかがでしょうか。
なお、よりタイムリーに短期トレードを行いたい方は、もうひとつのインストール版取引ツール・Cymo NEXTのご利用もご検討ください。

Desktop CymoはExチャートと併用するのがおすすめ!

あいにくDesktop Cymoにはトレンドライン描画機能が搭載されていません。

そのため本格的な分析なら、YJFX!のブラウザ版・Exチャートか、分析専用・YJFX!版 MT4チャートと併用する使い方がおすすめです。

もしデイトレードをするなら、Desktop Cymoでは素早く発注できるように注文画面を表示させたり、ニュースで配信されているGlobalInfo24で情報収集してみてはいかがでしょうか。

YJFX!で取引をするなら、コンパクトな取引ツール「Desktop Cymo」をぜひお試しください!

Desktop Cymoのスペック

足種

11種類

  • ティック
  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 2時間足
  • 4時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足
通貨ペア数

22通貨ペア

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ユーロ/米ドル
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • ポンド/円
  • スイスフラン/円
  • カナダドル/円
  • ポンド/米ドル
  • 南アフリカランド/円
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • 人民元/円
  • 香港ドル/円
  • ユーロ/ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • ユーロ/スイスフラン
  • ポンド/スイスフラン
  • 豪ドル/スイスフラン
  • カナダドル/スイスフラン
  • 米ドル/香港ドル
チャートタイプ ローソク足 / 平均足 / ラインチャート / バーチャート / ドットチャート
テクニカル指標

7種類

【トレンド系】

  • 平均足
  • 単純移動平均線(SMA)

【オシレーター系】

  • ストキャスティクス
  • MACD
  • RSI
  • RCI
  • DMI(ADX)
描画オブジェクト
画面分割
注文機能

13種類

  • リアルタイム注文
  • ワンタッチ注文
  • 通貨毎全決済注文
  • リーブオーダー(指値注文、逆指値注文、IFD注文、OCO注文、IFO注文)
  • ワンタッチ全決済注文
  • 全決済注文
  • 2Way(両建て)注文
  • 決済トレール注文
  • 自動利食い・損切り設定
比較チャート機能
ニュース連動チャート
指定レート通知
デモトレード
売買シグナル

YJFX!「外貨ex」

はじめよう!FX投資するなら ヤフーグループのFX YJFX!

安心感を求めるなら、大手ヤフーグループのYJFX!「外貨ex」で決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらTポイントを貯められるのも、YJFX!ならではの魅力となっています。

YJFX!の口座開設キャンペーン情報

2019年12月20日(金) までのキャンペーン期間中に、新規で口座開設し、取引をして条件を達成すれば、最大77,777円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料でYJFX!の口座開設ができます!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!

\ 最新記事のお知らせはツイッター( @fx_quicknavi)で配信しています。お気軽にフォローしてください! /