「ぱっと見テクニカル」の使い方と応用した分析手法を解説!

ぱっと見テクニカルを徹底解説!

FXプライム byGMOの値動き予想ツール「ぱっと見テクニカル」の基本的な使い方から、さらに応用してより分析力を高める手法までご紹介します。

ぱっと見テクニカルとは?

1クリックで高度なテクニカル分析が一目でわかる、ぱっと見テクニカル

FX取引をする上でさまざまな分析手法があります。ぱっと見テクニカルを大きく分けるとすれば「チャートパターン分析」と呼ばれる分析手法となります。

FXを続けていると、「この値動き、過去に見たことあるな。」とふと思い出すトレーダーも少なくありません。
ローソク足の値動きで分析する手法として、「この値動きなら上昇(下落)しやすいだろう。」と読み解くプライスアクションがあります。

こういった過去の値動きを元に「将来の値動き」を自動で予測してれるツールなのが、ぱっと見テクニカルなのです。

仕組みとしては、最大約12年分(ローソク足3000本分)の過去チャートの中から、コンピューターが現在チャートと似た形状のチャートを瞬時に探し出してくれます。
チャートパターン分析はプロの世界でも活用されている分析手法ですが、FXに不慣れな方でもかんたん操作で利用できることが、ぱっと見テクニカルの魅力です。

他社の類似ツールとの違い

こういった未来予測系の売買予想ツールはFXプライム byGMOだけでなく、いくつかの業者からリリースされています。

上記業者はCentillion Fintech社のシステムを採用していますので、PC版・スマホ版の操作性は基本的に同様です。

こういった他社のツールと、ぱっと見テクニカルの違いについて説明します。

FX取引アプリ自体に搭載されている!

他社の未来予測系チャートと違い、FXプライム byGMOの場合は自社開発によるツールです。
そのため、スマートフォンの取引アプリとしては唯一、アプリ自体に組み込まれているタイプとなっています。

通貨ペア、足種などお好みで設定が可能

アプリを切り替えることなく「分析」→「取引」とスムーズに操作できることが、スマホ版・ぱっと見テクニカルの優れている点です。

短期売買では、わずかなタイミングでの変動を狙った取引となりますよね。
FXプライム byGMOのアプリ「プライムアプリS」はデイトレードと相性のいい、未来予測系搭載・FX取引アプリです。

通貨ペア、足種が豊富

ぱっと見テクニカルは他社の類似ツールと比べても、通貨ペア数・足種ともに豊富に用意されていますので、短期〜長期売買まで幅広く対応します。

新興国通貨をはじめ、全通貨ペアが対応
豊富な足種が用意されている

ただし通貨ペア×足種の豊富な組み合わせで使うなら、必ず口座開設してログインすることが必須です。

PC版ではデモ版、スマホアプリ版のぱっと見テクニカルは未ログイン状態でも使うことは可能ですが、機能はかなり制限されてしまいます。
PC、スマホどちらもログインすれば全機能が解放され、FXプライム byGMOの特徴である豊富なマーケット情報の閲覧も可能なので、本格的に利用したいなら口座開設するようにしてください。

予想対象の通貨ペアが選べる

Centillion Fintech社のツールは、未来予測の比較対象となるのは「同一通貨ペア」のみです。
対してぱっと見テクニカルは「同一通貨ペア」だけでなく「全通貨ペア」から探せる点が異なります。

比較通貨ペアの選択が可能

比較対象が異なる通貨ペアであっても、例えばチャート形状が一緒なら、同じポイントが意識されやすいこととなります。
つまり、全通貨ペアを比較対象にできる点に関しては、ぱっと見テクニカルの方が優れていることとなります。

詳細設定が可能

PC版限定の機能ですが、詳細設定でモデル予測をカスタマイズすることが可能です。

モデル予測のカスタマイズができる
スムース強度 一致率の算出にあたり、過去データをどこまで滑らかにして検索するかの設定ができます。
スムーズ強度を高くするほど細かい値動きを除去して大まかなデータを捉える検索をすることから、一致率は高くなる傾向があります。
近似検索対象期間 表示するチャートの本数を指定できます。
サンプル本数 検索する過去データと一致する本数(オレンジ色の実線)の変更ができます。
サンプル本数が多すぎると、過去データとの一致が見つけれれず、表示できない場合があります。
予測本数 予測したチャート形状を表示するローソク足の本数を変更ができます。
ただし実際にはローソク足ではなく、本数分の点線が表示されます。

スムース強度を低くすると一致率は下がる傾向なので、そのなかで高一致率を探してみる、というカスタマイズ方法を試してみるのもいいかも知れませんね。

PC版なら4分割で表示できる

モデル予測を「比較」にすれば、もっとも値動きが似ている「最近似」、2番目似ている「第二近似」、3番目に似ている「第三近似」、それぞれ3つのチャートを1画面で比較することができます。

複数モデルの形状を比較したいときは「比較」を選ぶ

こちらが表示例です。

3つの近似チャートを同時閲覧できる

複数の未来予測チャートを同時に見比べたいときに、ぜひ活用してみてください。

ぱっと見テクニカルの起動方法

▼ PC版の場合

WEBブラウザから公式サイトにログインします。

お客様IDとパスワードを入力してログイン
ぱっと見テクニカルをクリックして起動

ログインすると、画面左側にある「ぱっと見テクニカル」をクリックすれば起動ができます。

 

▼ スマホアプリ版「PRIMEアプリS」の場合

ログイン後はホーム画面が表示されますので、まず上部タブの「ぱっと見」をタップします。

PRIMEアプリSはホーム画面からぱっと見テクニカルをすぐに表示。

ぱっと見テクニカルが表示されたら、画面をどこでもいいので一度タップしてください。
そうすると通貨ペアや足種の切り替えができるボタンが現れますので、お好みで調整してみてください。

使い方の注目ポイント

ぱっと見テクニカルは完全なものではなく、あくまでも一つのツールに過ぎません。
利用する上で抑えておくべきポイントをご紹介します。

週足、月足は一致率が低い傾向である

チャート分析というのは、サポート/レジスタンスとなるラインや価格、テクニカル指標の売買サインを見て分析を行なっていきます。
日足など長期の足種になるほど、より多くの投資家が同じポイントを意識することから、より信頼度が高くなります。

これはぱっと見テクニカルも同様ですが、足種は長期ほど一致率は低くなる傾向で、通貨ペアにもよりますが、週足や月足にすると一致率が下がるのが判断できます。
つまり長期の足種で一致率が高く、複数モデル(3つの近似チャート)の未来予測が同じ方向なら、はっきりとしたトレンドの方向性を示唆する可能性があると捉えてもいいかも知れません。

99%など一致率が高いときにデイトレ

以下はユーロ/円 10分足の画像です。
このように短期〜中期の足種は一致率が高くなりやすく、一致率は最高で99%となることもあります。

3つの近似チャートの一致率の高さに注目!

またデイトレなどの短期トレードなら、最近似/第二近似/第三近似すべての一致率が高く、なおかつ未来予測が同一方向と好条件が揃うときもあります。

そんなケースでは、シグナルは高精度であると判断して取引機会を狙ってみるのも一つのやり方です。

複数モデル・複数足種で予測の方向性を確認

ぱっと見テクニカルでより確実な方向性を掴むには、ターゲットとする通貨ペアを決めて、複数モデルと複数足種で予測の方向性を見るやり方があります。

米ドル/円で一例を挙げるとすれば、短期売買なら10分足〜1時間足すべての足種で、中長期なら2時間足〜月足すべての足種で、近似チャート全ての方向性を見ていきます。
10分、15分、20分、30分、1時間の5つの足種で、複数モデルの未来予測で上昇方向が多ければ、米ドル/円は短期的には上昇の勢いが強いと判断することができるでしょう。

【応用編】バイナリーにも使える組み合わせ手法

FXプライム byGMOでは、バイナリーオプション「選べる外為オプション」の取引も可能です。
ぱっと見テクニカルを組み合わせて、選べる外為オプションに活用するテクニックをご紹介します。

ぱっと見にオシレーター系指標を組み合わせる

バイナリーオプションは取引期間が決まっている取引でですが、「選べる外為オプション」は1回号/2時間の取引です。

PC版は簡易的なラインチャートなので、選べる外為オプションの取引画面+ぱっと見テクニカル+プライムチャート、合計3つの画面を使っていきます。
スマホWEB版・選べる外為オプションには、ローソク足とテクニカル指標が用意されているので、ブラウザで選べる外為オプションの取引画面を立ち上げ、FXアプリ「PRIMEアプリS」のぱっと見テクニカルを使います。

未来予測部分ですが、点線で示されるチャートはローソク足20本分なので、10分足を使うと未来の200分(2時間20分)が表示されることになります。
そのため、未来予測部分が見れるように、ぱっと見テクニカルでは10分足を利用します。
未来予測には時間が表示されませんので、「選べる外為オプションの判定時刻はこのあたりだな。」と十字線で目星をつけで利用するようにしてください。

»十字線で判定時刻を確認!

十字線で判定時刻の目星をつける

»プライムチャート

オシレーター系指標を表示させたプライムチャート

プライムチャートも同じく、時間を合わせて10分足を使用していきます。

オシレーター系のテクニカル指標はおもに「買われすぎ・売られすぎ」を判断しますので、短期取引のバイナリーオプションとも相性はいいと思います。
ぱっと見テクニカルを単体で使うよりも、オシレーター系で「反転とトレンドの継続を見つける」ことで、よりチャート分析の精度が高くなります。

各テクニカル指標の売買サインは、こちらのページで解説しています。

予測部分のチャート形状に注目!

予測部分のチャート形状がいびつだと、予測通りにならないこともよく起こります。

滑らかで直線的な形状ほど、トレンドの継続または転換を示すため、一方方向に推移しやすい可能性を秘めています。
逆にいびつな形状のときははっきりした方向性がなく、この先は不規則に動く可能性があるかも知れない、と考えて見てもいいかも知れません。

バイナリーオプションは目標とするレートを1pipsでも上回れば(下回れば)利益となりますので、トレンドの方向性をしっかり想定して購入するやり方が向いていると思います。

未来予測の「チャート形状」と「一致率」を見てみると、上下にいびつな形状をしている方が、心なしか一致率が低いように感じます。
チャート形状に着目して、自分なりの勝ちパターンを分析するのもいいかも知れませんね。

ぱっと見テクニカルは、FXやバイナリーオプション初心者の分析をサポートしてくれるツールです。
分析が苦手だな−という方は、こういった値動き予測ツールを利用してみてはいかがでしょうか。
簡易版だと機能がかなり制限されていますので、ぜひログインをして全機能をお試しください。

「ぱっと見テクニカル」のスペック

足種

11種類

 

  • 10分足
  • 15分足
  • 20分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 2時間足
  • 4時間足
  • 8時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足
通貨ペア数

20通貨ペア

 

  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ポンド/円
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • カナダドル/円
  • スイスフラン/円
  • シンガポールドル/円
  • 香港ドル/円
  • 南アフリカランド/円
  • トルコリラ/円
  • メキシコペソ/円
  • ポーランドズロチ/円
  • ユーロ/米ドル
  • ポンド/米ドル
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • ユーロ/ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • ポンド/豪ドル
チャートタイプ ローソク足
テクニカル指標 -

FXプライム byGMOは売買シグナルツールが満載!

口座開設者の2人に1人が初心者 FXプライム byGMOは実は初心者にも選ばれています。

ぱっと見テクニカルのほか、54種類のテクニカル指標の売買シグナルをチャートに表示できるプライムチャート、売買シグナル搭載アプリ「外為ウォッチ」と高度な分析機能を兼ね備えたツールが豊富!
外為ウォッチは、3つの機能)(売買シグナル通知・レート通知・ボラティリティ通知)を搭載した多機能アプリです。

1,000通貨対応により少額5,000円から取引ができるのも嬉しいですね。これからFXを始めたい初心者の方は、FXプライム byGMOでスタートしてみてはいかがでしょうか。

FXプライム byGMO「選べる外貨」の口座開設キャンペーン情報

2018年10月31日(水)取引終了時までに新規で口座開設し、対象期間中に取引をして条件を達成すれば、最大10,000円をキャッシュバック!

無料の口座開設をする

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外貨」のお申し込みができます!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!