FXトレーダー必見!世界の相場動向をSaxoTraderGOで一括チェックする方法!

FXトレーダー必見!サクソバンク証券「SaxoTraderGO」のオーバーレイチャート活用術【使い方ガイド】

サクソバンク証券の取引ツール「SaxoTraderGO」のチャート機能が秀逸です!

ウォッチリストとチャートの基本的な使い方から、実践に役立つ「オーバーレイチャートで世界の相場動向を一括チェックする分析手法」までをご紹介します。

当サイト限定!
タイアップキャンペーンを開催中!
サクソバンク証券×FXクイックナビ限定タイアップ 新規口座開設+1取引で4,000円キャッシュバック

ウォッチリストの使い方

ウォッチリストでは、FXや株価指数、コモディティなど商品種別ごとにレートやスプレッド、売買シグナルを一覧で閲覧することができます。

サクソバンク証券は通貨ペアや銘柄が非常に多いので、ウォッチリストに表示させる商品を追加したり、カスタマイズしたりと、自由度の高さも魅力のひとつです。

ウォッチリストはアセットクラスをグループ化したもの

まずはウォッチリストの使い方からかんたんに説明します。

ウォッチリストを活用しよう

ウォッチリストはパソコンでいうところの「フォルダ」というとイメージしやすいかも知れません。ウォッチリストは新規で作成も可能です。

▼こちらでは「FX:ベーシック」を選択していますが、こちらのボタンからマクロウォッチやCFDの銘柄ごとに切り替えができます。

ウォッチリストはデフォルトでFX通貨ペアや各CFDごとに用意されている。

表示項目の編集でカスタマイズ

▼ウォッチリストをカスタマイズするには「編集」をクリックします。

ウォッチリストのカスタマイズは編集から行う

▼「商品を追加」をクリックし、追加したい商品の通貨コードやティッカーを検索窓に入力後、選択すれば追加ができます。

FXは「usd」「jpy」など通貨コード、他はティッカー(銘柄コード)で検索!

最初は慣れも必要ですが、サクソバンク証券はFX通貨ペア数は国内最多のFX業者ということもあり、自分自身に必要な情報でカスタマイズするプラットフォームとなっています。

▼「レイアウト」ではお好みで表示項目の追加ができます。

「編集」→「レイアウト」でお好みの表示項目にできる

より詳細データを閲覧したい方は表示項目を増やしてみてもいいでしょう。

チャートの基本操作

自由度の高いウォッチリストとともに、チャートも多機能を誇ります。
50種類のテクニカル指標、フィボナッチを始めとした多彩なライン描画と多機能でありつつ、チャート上で発注もできるなど直感的な操作性が魅力となっています。

チャート表示は検索窓に通貨コードを入力

▼先ほどと同じく、通貨ペアかティッカーを入力して選択すれば、チャートの表示ができます。

検索窓に通貨コード/ティッカーを入力して検索後、選択すればチャートの表示ができる

新規チャートからチャートのコピーまでかんたん

「分割チャートを表示させたい。」「同じチャート設定で他通貨ペアのチャートを表示させたい。」
こんなときでも、かんたんにチャート画面の調整ができます。

▼「チャートを追加/削除」をクリックします。

「チャートを追加/削除」から、チャートを増やして分割チャートにしたり、削除が可能

▼最初から設定するなら「新規チャート」を、既存のチャートを複製するなら「コピー」をクリックします。

「新規チャート」でチャートが追加となり、「コピー」で既存チャートの複製となる。

コピーして一方の通貨ペアを変更すれば、同じ設定のまま他の通貨ペアでも表示させられます。
なお、画面分割は2・3・4分割に対応しています。

チャート上でスピーディーに成行注文ができる

通常、ウォッチリストの通貨ペアをクリックで出現する、注文パネルから注文が行えます。
スピーディーに発注して取引チャンスを逃したくないときは、チャート上で成行注文が可能です。

▼こちらのアイコンをクリックすれば、チャート上に注文パネルが表示されます。注文数量とスリッページの設定も可能です。

こちらのアイコンをクリックすると簡易的な注文パネルが出現。数量/スリッページを指定した成行で発注が可能です。

リンクボタンでウォッチリストとチャートが連動

もっとかんたんにチャートを表示させたいときは、ウォッチリストとチャートをリンクさせると連動するので便利です。

▼チャートにある枠部分をクリックすると、ブルーになります。この状態でウォッチリストでクリックすると、それぞれの通貨ペア/銘柄がチャートに表示されます。

リンクボタンを選択すると、マクロウォッチとチャートが連動します。

相場動向の一括チェックにオーバーレイチャートを使う

ウォッチリストにある「マクロウォッチ」は、主要な商品をまとめたリストですが、
マクロウォッチにある主要商品をオーバーレイチャートで表示させると、相場の大きな流れを捉えるのに役立ちます。

▼マクロウォッチはデフォルトでも十分ですが、お好みでカスタムするのもいいでしょう。

▼こちらは、FXクイックナビがサクソバンク証券さんから頂いた資料です。

サクソバンク証券おすすめの基本マクロ銘柄に7つありますが、ティッカーで探してマクロウォッチに追加しておきましょう。
これらをオーバーレイチャートで同時に表示すれば、相場の大まかな方向を掴みやすくなります。

他にもナスダックやFTSE100、DAX30などを追加しておいても便利だと思います。アドバンスコースに変更すれば、各国の国債をマクロウォッチに追加することも可能です。
そのときどきで、注目されている通貨ペアや銘柄をチョイスするのもいいですね。

チャート同時表示でオーバーレイチャートに!

それではオーバーレイチャートについて見ていきましょう。

オーバーレイチャートは、チャート1画面に複数チャートを表示して比較できる機能のことです。値動きの相関・逆相関やかい離、強弱を判断して、エントリータイミングを図っていく使い方ができます。

▼オーバーレイチャートを表示させるには、検索窓の右にある「+」ボタンをクリックします。

オーバーレイチャートを使うには「+」ボタンで商品を追加します。

▼先ほどのチャートと同じく、通貨コードやティッカーを入力して選択すれば、複数表示できます。
この流れで他の銘柄も追加していきましょう。

通貨コード/ティッカーを入力して検索後、選択すればオーバーレイチャートにできる

▼「最大5つまで」の商品をオーバーレイチャートで表示できます。

オーバーレイチャートのローソク足でFX通貨ペアや株価指数CFDを表示させた例

こちらでは米ドル/円、ユーロ/米ドル、NYダウ、日経225、香港50を表示させています。

ローソク足からラインチャート(%比較)に変更

ローソク足のままだとごちゃごちゃして見にくいので、上昇・下落をパーセンテージで示す「%比較」に変更しましょう。

▼チャート・タイプから%比較を選択する。

ローソク足だと見にくいので、チャートタイプを「%比較」に変更

▼変動率をパーセンテージで示すラインチャートになりました。「全画面」をクリックで画面を最大化させることもできます。

「全画面」を押すとチャートを全画面表示できる

▼オーバーレイチャートを全画面で表示した例。やはりチャートは大画面だと見やすいです。

全画面表示にしたオーバーレイチャート

「% 比較用ルーラー」で基準期間を変更できる

通常はチャートの左端が比較の基準地点となりますが、% 比較用ルーラーを使えば、比較基準となる期間を変更できます。

▼上部右にある枠部分をクリックすると、% 比較用ルーラーが表示されます。中央の丸い部分を左右に移動すれば、特定の日にちや時間を基準とした変動率が見られます。

% 比較用ルーラーの中央にある丸を左右にスライドさせれば、どの期間を基準に比較するか調整が可能

テーマカラーの変更

取引画面はデフォルトがダーク系ですが、ホワイト系のテーマカラーに変更が可能です。

▼テーマカラーの変更は以下の赤枠をクリックします。

ここからテーマカラーの変更ができる

自分にあったテーマカラーで、SaxoTraderGOをより快適に使っていきましょう!

オーバーレイチャート【まとめ】

FXは米ドル/円しか取引しない初心者であっても、それだけの値動きを追えばいい訳ではありません。世界でもっとも取引されているユーロ/米ドル、アメリカの株価指数・NYダウや日経225などの値動きもまた、米ドル/円に影響を与える要因となります。

オーバーレイチャートを使うことで、為替だけではなく相場全体の動きを一度に捉えることが可能です。相関性や乖離に注目して、ぜひトレードに活用してみてください。

デンマークが生んだ世界基準のFX業者「サクソバンク証券」

相場急変に強い会社を選びませんか? サクソバンク証券

オーバーレイチャート、オートチャーティストを始めとした、魅力的な取引ツールで選ぶならサクソバンク証券!
安定した取引環境とともに、スプレッド、スワップポイントも好条件となっています。

雇用統計でもしっかり約定するので、動きの激しい相場とも相性も抜群!
豊富な通貨ペアとマルチデバイス対応プラットフォームで、より視野を広げたトレードをしたい方にイチオシの業者です。

無料の口座開設をする

こちらから無料でサクソバンク証券の口座開設ができます!

当サイト限定タイアップ中!1取引だけで4,000円キャッシュバックキャンペーンを開催中!

サクソバンク証券×FXクイックナビ限定タイアップ 新規口座開設+1取引で4,000円キャッシュバック

サクソバンク証券さんに突撃取材!

2018年6月、サクソバンク証券東京本社に訪問取材!スプレッドの狭さ、約定力の高さから最新鋭プラットフォームについて聞いてきました。FX初心者さんへのメッセージも頂きましたので、どうぞご覧ください。


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!