外貨ex byGMO「MT4」の特徴から5つの注意点、インストール手順まで解説!

FX業者のチャートシステムで圧倒的な人気のチャートといえば、やっぱりMT4(メタトレーダー4)ですよね。

MT4は海外系のFX業者で採用されている取引ツールです。
わざわざこういった業者で口座を作らなくても、実は外貨ex byGMOの口座さえあれば、誰でも使うことができます。

外貨ex byGMOで利用できるMT4の特徴から、注意点までご紹介します。

外貨ex byGMOのMT4は分析専用チャート!

外貨ex byGMOの高性能分析ツール MT4チャート

外貨ex byGMOにはブラウザ版のExチャートがありますが、より本格的な分析にもチャレンジしたい方には、「MT4チャート」を使ってみてはいかがでしょうか。

以前は外貨ex byGMOでMT4口座も提供されていましたが、サービス終了となったのち、チャート分析に特化したMT4サービスが始まった経緯があります。

パソコン操作に不慣れな初心者ほど

「MT4ってなんだか難しそう。」
「MT4を使いこなせるか不安。」

とイメージのある方もいらっしゃるかも知れません。

ですが外貨ex byGMO版MT4は、注文機能や自動売買を搭載していないチャート分析に特化したMT4ですから、誤発注の心配がありません。
そのため操作に不安な方も、チャート操作さえ身につければ、分析専用チャートとして思いのままに使うことができます。

外貨ex byGMO「MT4」5つの注意点

先にも挙げたように、通常のMT4でできて、外貨ex byGMO版では不可となる機能を見ていきましょう。

外貨ex byGMO版MT4の注意点
  • スマートフォンアプリ(iPhone/Android)は非対応。
  • デモ口座では利用不可。
  • 裁量取引およびEAを使った自動売買ができない。
  • MT4アカウントの有効期限は、最終ログインから30日。
  • オリジナルインジケーターが動作するのは、外貨ex byGMOのMT4のみ。

外貨ex byGMOの場合は取引口座ではありませんから、MT4のスマートフォンアプリでは利用不可となっています。
またデモ口座のログインIDとパスワードではMT4にログインできません。

ですので本口座が未開設でしたら、あらかじめ口座開設しておきましょう。

そして注文機能のないMT4ですから、注文するには別途でブラウザ版の注文パネルかDesktop Cymo(Windows専用ガジェット)を併用する形となります。

しかし注文機能がないことには良い面もあり、操作が難しいMT4で誤発注してしまう心配がないメリットがあります。
そのため、安心して思いのままに分析に集中できるというわけです。

なおMT4ですから、基本的にはMac非対応です。
ただしBootcampか‎Parallels Desktopなどの仮想ソフトでWindowsを使える環境にすれば、Macでも利用可能です。

なお最終ログインから30日が有効期限です。
それ以上経過した場合、外貨ex byGMOにWebからログインして、もう一度アカウント登録をすれば再び利用できるようになります。

MT4のインストール方法

外貨ex byGMO版MT4のインストール方法は、かんたん3ステップです。

▼まず外貨ex口座にログインしましょう。

外貨exのログイン手順

▼投資ツールの「MT4チャート」→「アカウント登録」の順にクリックします。

外貨exにログイン後、MT4チャート→アカウント登録をクリック。

「ログインID」「パスワード」「サーバー」が表示されますので、コピーしてメモしておきましょう。

▼「ダウンロード」ボタンをクリックすると、セットアップファイル展開サれますので、「実行」して手順を勧めていくとインストールが完了となります。

アカウント登録が完了後、ダウンロードボタンをクリック

無事にインストールできたら、デスクトップに以下のようなショートカットアイコンも既成されます。

YJFX版MT4チャートのアイコン

 

アイコンをクリックするとMT4が起動します。そのまま案内に従って「次へ」を選択して進んでください。

MT4ブローカーに外貨ex byGMOを追加

先ほどのログインID、パスワードを入力し「完了」をクリックで、MT4チャートの認証が完了となります

ログインIDとパスワードを入力すると認証が完了する

なお外貨ex byGMOのMT4は日本時間で表示されます。各通貨ペアは外貨ex byGMOのスプレッドで表示されていますので、外貨ex byGMOユーザーにとっては使い勝手が仕様となっています。

外貨ex byGMO版MT4のチャート画面

オリジナルインジケーターを利用可能!

外貨ex byGMO版のMT4自体には、デフォルトでなんと47種類と多くのインジケーターが搭載されています。

このほか、平野朋之氏が監修した10種類のオリジナルインジケーターも配布されています。
オリジナルインジケーターは以下です。

タイプインジケーター名イメージ
トレンドフォロー系Searching for a break point&trend band外貨ex byGMOのオリジナルインジケーター・Searching for a break point&trend band
トレンドフォロー系YJFX inc_trendbelt外貨ex byGMOのオリジナルインジケーター・YJFX inc_trendbelt
オシレーター系YJFX inc_Slide_Oscillator外貨ex byGMOのオリジナルインジケーター・YJFX inc_Slide_Oscillator
オシレーター系YJFX inc_Stochastic_bands外貨ex byGMOのオリジナルインジケーター・YJFX inc_Stochastic_bands
トレンドフォロー系Trend Countdown外貨ex byGMOのオリジナルインジケーター・Trend Countdown
トレンドフォロー系ATR_Break外貨ex byGMOのオリジナルインジケーター・ATR_Break
オシレーター系bands_Alert外貨ex byGMOのオリジナルインジケーター・bands_Alert
トレンドフォロー系
オシレーター系
HA_Pivot外貨ex byGMOのオリジナルインジケーター・HA_Pivot
トレンドフォロー系HLbands_trend外貨ex byGMOのオリジナルインジケーター・HLbands_trend
トレンドフォロー系trend_assistance外貨ex byGMOのオリジナルインジケーター・trend_assistance

なかにはローソク足上にPivotを表示させるHA_Pivotのように、ユニークなインジケーターも用意されています。
※以下は平野朋之氏によるPivotの解説で、16分くらいからPivotの解説があります。

このように多彩なインジケーターが用意されていることも、外貨ex byGMOならではの魅力です。
なおオリジナルインジケーターは外貨ex byGMO専用となっており、他社のMT4では動作しない仕様ですのでご注意ください。

 

インジケーターのダウンロードはこちらからどうぞ。

インジケーターのインストール手順

まずインジケーターのダウンロード先ですが、デスクトップに指定しておくと分かりやすいです。
インジケーターの拡張子はかならず「〇〇.ex4」となっていますので覚えておいてください。

インジケーターをダウンロードしたら、MT4を起動させます。
そして画面左上にある「ファイル」→「データフォルダを開く」をクリックします。

「ファイル」→「データフォルダを開くの順にクリック」

そうするとエクスプローラー(フォルダ)が開きますので、「MQL4」→「Indicators」と進みます。

「Indicators」に入れてからMT4を再起動する

ここに先ほどダウンロードしたインジケーターをドラッグしたのち、MT4を再起動すればインジケーターが使えるようになります。

以上ここまで、『外貨ex byGMO「MT4」の特徴から5つの注意点、インストール手順まで解説!』をご紹介させていただきました。

外貨ex byGMOでこれから取引を考えている方、もしくはすでに始めている方も、MT4で快適な分析ライフを楽しんでいきましょう!

関連リンク:外貨ex byGMO|MT4チャート マニュアル

外貨ex byGMOのMT4にログインできないときは?

よく「外貨ex byGMOでMT4を使えていたのに、急にログインできなくなった」という声もあります。

外貨ex byGMOのMT4では、MT4アカウントの有効期限は最終ログインから30日となっています。

ですからMT4でログインできないときは、再びマイページのMT4チャートにある「アカウント登録」からアカウントを発行してください。

外貨exにログイン後、MT4チャート→アカウント登録をクリック。

この新たに発行されたアカウント情報でログインすれば、それまでの設定はそのままに、それまで使っていたMT4でチャート分析をすることが可能です。

ログインできなくてお悩みの方は、ぜひ上記手順でお試しください。

外貨ex byGMO「MT4」のスペック

足種
9種類
  • 1分足
  • 5分足
  • 15分足
  • 30分足
  • 1時間足
  • 4時間足
  • 日足
  • 週足
  • 月足
通貨ペア数
22通貨ペア
  • 米ドル/円
  • ユーロ/円
  • ユーロ/米ドル
  • 豪ドル/円
  • NZドル/円
  • ポンド/円
  • スイスフラン/円
  • カナダドル/円
  • ポンド/米ドル
  • 南アフリカランド/円
  • 豪ドル/米ドル
  • NZドル/米ドル
  • 人民元/円
  • 香港ドル/円
  • ユーロ/ポンド
  • ユーロ/豪ドル
  • 米ドル/スイスフラン
  • ユーロ/スイスフラン
  • ポンド/スイスフラン
  • 豪ドル/スイスフラン
  • カナダドル/スイスフラン
  • 米ドル/香港ドル
チャートタイプローソク足、ラインチャート、バーチャート
テクニカル指標
47種類+オリジナルインジケーター
  • Average Directional Movement Index
  • Bollinger Bands
  • Envelopes
  • IchimokuKinko Hyo
  • Moving Average
  • Parabolic SAR
  • Standard Deviation
  • Average True Range
  • Bears Power
  • Bulls Power
  • Commodity Channel Index
  • DeMarker
  • Force Index
  • MACD
  • Momentum
  • Moving Average of Oscillator
  • Relative Strength Index
  • Relative Vigor Index
  • Stochastic Oscillator
  • William’s Percent Range
  • Accumulation/Distribution
  • Money Flow Index
  • On Balance Volume
  • Volumes
  • Accelerator Oscillator
  • Alligator
  • Awesome Oscillator
  • Fractals
  • Gator Oscillator
  • Market Facilitation Index
  • Accumulation
  • Alligator
  • ATR
  • Awesome
  • Band
  • CCI
  • Custom Moving Average
  • Heikin Ashi
  • Ichimoku
  • iExposure
  • MACD
  • Momentum
  • OsMA
  • Parabolic
  • RSI
  • Stochastic
  • ZigZag
描画オブジェクト
30種類以上
  • 垂直線
  • 水平線
  • トレンドライン
  • 角度によるトレンドライン
  • フィボナッチ
  • 線形回帰
  • 並行チャネル
  • 標準僅差
  • ギャンライン
  • ギャンファン
  • ギャングリッド
  • フィボナッチリトレースメント
  • フィボナッチタイムゾーン
  • フィボナッチファン
  • フィボナッチアーク
  • フィボナッチエキスパンション
  • アンドリュース・ピッチフォーク
  • サイクル・ライン
  • このほか図形や矢印やテキスト等あり
画面分割
注文機能
比較チャート機能
ニュース連動チャート
指定レート通知
デモトレード
売買シグナル
外貨ex byGMO

外貨ex byGMO|社名変更記念キャンペーン|最大39,000円キャッシュバック

安心感を求めるなら、GMOグループのFX業者、外貨ex byGMOで決まり!

低スプレッド・高スワップポイントなので、短期売買から長期売買まで幅広く対応します。
「Exチャート」は全36種類のテクニカル指標を搭載!カスタマイズ性が高く軽快に動作する、初心者〜上級者まで扱いやすいチャートです。

スマホ/タブレットアプリ「Cymo」は直感的にサクサクと発注でき、取引に便利なプッシュ通知機能も備えています。

取引を楽しみながらPayPayや現金相当を貯められるのも、外貨ex byGMOならではの魅力となっています。

外貨ex byGMOの口座開設キャンペーン情報

2021年9月25日(土)〜 2021年12月21日(火)のキャンペーン期間中に新規口座開設+取引条件達成で、最大39,000円をキャッシュバック!

こちらから無料で外貨ex byGMOの口座開設ができます!