【投資家必見】ビットコインなど高ボラ銘柄にKOで安全に投資する方法を解説!

ボラが高い銘柄に安全に投資する方法はある?

統計情報のイメージ

ブロックチェーン技術と暗号資産は、世界規模で見るとまだ大衆に受け入れられていないにも関わらず、近年の金融イノベーションのひとつと言われています。
ビットコインは、2009年に登場した暗号通貨で、現在流通しているさまざまな暗号資産の原点であると考えられています。

ビットコインの誕生により、暗号資産を使った取引が実現するという、新しい時代が到来しました。
そして、多くの企業がこの市場に参入しています。
いくつかの国もビットコインと競争するために、独自の暗号資産を発行しており、その後に続くように新たな暗号資産を発行している他の国も多く存在します。
中国のような経済を強権的に管理する国では、すでに使われていた紙幣をデジタル化された通貨へと交換することにとても熱心です。

多くの暗号資産好きの人たちは、国家が暗号資産を持つと重要なポイントを見失うと考えています。
多くの人が何らかの形の規制は有益であることは認めていますが、中央集権的な機関の不在や政府の影響力の欠如という2つの要因により、ビットコインの人気が強まっています。
国が管理する新しい暗号資産は一元化されており、「真の」暗号資産ではなく、既存の紙幣の仮想版に近いものだったのです。

国の暗号資産はいずれ無くなるかもしれませんが、ビットコインなどの分散型暗号資産の代わりとして機能する可能性はないでしょう。

最近ビットコインの価格が急騰していますが、すでに暗号資産に投資している人にとって朗報ですね。
このビットコインのニュースで、新しいトレーダーがさらに増える可能性があり、さらにボラティリティ(変動率)の高さによって今後も急激な変動にさらされる可能性があります。

ビットコインのボラティリティが高い理由は何なのか?

そして、ボラティリティが高い場合、安全に投資することは可能なのか?

ビットコインなど暗号資産のボラティリティが高い理由と、ノックアウトオプションで安全に投資できる理由を解説します。

外部からの影響

FXと同様に、ビットコインも地政学的リスクの影響を非常に受けやすく、世界的な出来事によって暗号資産が急激に大きく変動することがあります。
これは、需要と供給、ビットコイン価格の動きが引き金となるのが原因です。

2020年はビットコインも例外ではなく、株価に影響を与える大きな出来事がありました。
順番に振り返ってみましょう。

アメリカの大統領選挙

アメリカの国旗イメージ

アメリカの大統領選挙は、間違いなくこれまでの中で最も悲惨で激しいものとなりました。
トランプ大統領が選挙の結果を受け入れることを拒否し、根拠のない不正行為の告発をしたことで、市場には今まで以上の波紋が広がっています。

トランプ大統領の大統領就任が、ビットコイン全体にとって良いことだったのか悪いことだったのかは議論の余地があるでしょう。
トランプ氏は、ビットコインや他の暗号通貨のことを価値がないものと却下し、全く考慮していないことを明らかにしました。それにも関わらず、彼の政策にはビットコインを財産として扱うことが含まれており、これはアメリカでキャピタルゲイン税が課せられる可能性があることを示唆していました。

しかし、トランプ氏がビットコインのために役に立った多くのこともありましたが、多くの場合は意図的ではありませんでした。彼の政策は、政府の管理外で分散型通貨を持つという議論を強化しました。
トランプ氏は、メキシコへの送金を止めて、国境の壁建設費用を支払わせるように脅し、グアテマラに送金された資金には税金を支払うべきだと提案しました。
これらのタイプのアプローチによって、多くの投資家に暗号通貨に目を向かせ、厳格な政府の規制を避けるようにさせました。
これはビットコインの価格にとっては良いニュースです。

しかし、バイデン政権が発足すると、ビットコインの価格にどんな影響が出るのでしょうか?

経済状況は、誰が政権を取るにしても、多額の景気刺激策が必要になります。
これはビットコインの価格に貢献し、より高く押し上げます。
バイデン氏は暗号化(暗号資産)に懐疑的であることで知られており、財務省のトップには評論家仲間のジャネット・イエレン氏を起用しています。
これは、彼がビットコインの利益を目的とした法律を導入する可能性は低いことを意味しますが、彼の最近の行動を見ると、トランプ氏のように意図しない後押しを与えることも考えられます。

その中でも一番大きいのが、暗号化に対して反対の姿勢を見せていることです。

トランプ氏もバイデン氏も、エンドツーエンド暗号化を支持していませんでした。
これは事実上、アメリカ政府があなたの行動を見たいと望んでいることを意味し、ビットコインがこのコントロールの外にあるという事実を示唆しています。

イギリスのEU離脱

BrexitとEUを見つめる女性

上記のことからも分かるように、従来のオプションを避ける投資家からの暗号資産への需要が強まっているため、ビットコインの価格は経済的な不確実性を背景に上昇します。
明確な見当がつかないブレグジット(イギリスのEU離脱)以上の不確実性は今のところないでしょう。

EUのトップであるウルズラ・フォン・デア・ライエン氏が前向きな姿勢を崩さないようにしているにもかかわらず、去年末の期限ギリギリに英議会で自由貿易協定が承認されました。
経済界はほっと一息ついたように思われましたが、新たな通関手続きによる障壁によって、市場に混乱をもたらすと懸念が高まっています。

これらはすべて、ビットコインが現在、金のデジタル代替手段である安全な避難所と見なされていることを意味します。
そしてそれは、ビットコインに注目する投資家が増えれば増えるほど、価格が上昇し、さらに多くの投資家を惹きつけるというサイクルになっています。

2020年の末に英国とEUがなんとか合意しましたが、今後どのように展開されるかについては、多くの不確実性が残ります。そのため、ブレグジットによる影響は引き続き大きなものとなるでしょう。

極端な価格変動

ビットコインのイメージ

導入以来、ビットコインは市場の想像力をかきたててきましたが、リスクがないわけではありません。
ビットコインは、ボラティリティー・インデックスに追跡されていて、ほとんど前触れもなく急激に変動する傾向にあり、投資の中でも最もリスクの高いもののひとつです。

その理由のひとつは、ビットコインが限られた市場であることです。
法定紙幣とは異なり、ビットコインは発行数の上限が設定されています。
そのため、大規模または複数の利害関係者からの動きがあれば、市場に大きな影響を与える可能性があります。
大多数のビットコイン取引所では、24時間で売り払うことができる金額に上限があるため、1日で清算できる量には制限があります。
これは限度額の保護を提供しますが、パニック買いが市場に波紋を広げたときに伝染する感情に対してはどうすることもできません。

ビットコインを取り巻くセンチメントは現在も高く、世界経済の懸念は、暗号資産市場が少なくとも短期的には強気のトレンドを享受し続ける可能性が高いことを意味しています。
しかし、知名度が非常に高いため、噂を嗅ぎつけただけで価格が暴落してパニック状態に陥るような取引をしていると、所有している人たちは売却を始めてしまうかもしれません。

今のところ、暗号資産には規制がないため非常に魅力的ですが、政府はこれが永遠に続くわけではないと強くほのめかしています。
アメリカでは、ビットコイン投資家はすでに税務上の目的ですべての市場取引の記録を保持することが期待されており、IRS(アメリカ国税庁)がより厳しい制限に熱心であるという確固たる兆候があります。

また、ビットコインを取引ポートフォリオに含めることには、ある程度の緊張感が残っています。
長寿と実績があるにもかかわらず、多くの人はまだ慎重に暗号資産を見ています。
そのため、あらゆるネガティブなニュースは不釣り合いな影響を与える可能性があり、関心の高さから、些細な事件であっても過剰に報道される傾向にあります。

これらすべてに加えて、世界経済がビットコイン市場のボラティリティに貢献しており、前例のないレベルの動きを見ることが珍しくない理由が分かるでしょう。

ボラティリティを意識した安全なトレード方法

価格変動のイメージ

上記で見られるように、暗号資産市場ではボラティリティが高まっており、ビットコインは大きな変動を経験する可能性があります。
この種のボラティリティは非常に魅力的で、ハイリスクの戦略を採用するトレーダーに追われることが多いです。

しかし、そのような巨大なリスクなしで、利益の恩恵を得る方法はあるのでしょうか?
結論から言うと、答えは「イエス」です。

FOREX.com|ノックアウトオプション取引

ノックアウトオプションは、ビットコインを含むあらゆる暗号資産市場のボラティリティから保護してくれる画期的な仕組みです。
これにより、常にコントロールできるというビットコインの最も魅力的な側面のひとつが実現します。
取引を終了するポイントを決めると、そこにノックアウトポイントを設定することができます。

ノックアウトオプションは、商品を購入したり、株式を所有したりするのではなく、保護を追加してCFD取引(差金決済取引)をする方法です。

損切りの経験がある方は、ノックアウトオプションがどのように機能するかを大まかに理解しているはずです。
ノックアウトオプションは、変動性の激しい市場での急激な変動によって引き起こされる大規模かつ突然の損失によって口座内の資産が全滅するのを防ぐために設計されています。
ビットコインは突然大きく変動しやすいので、このタイプの保護を投資に備えておくと良いでしょう。

スプレッドベッティングは、弱気の経済状況を利用するための優れた方法であり、投資家は価値が下がると思われる銘柄のショートポジションを保有します。
ノックアウトオプションでできることは購入のみですが、強気の銘柄または弱気の銘柄の購入を選択できます。
価格が上がるか下がるかに応じて、適切なノックアウトオプションを選択することで、同じ効果を得ることができます。

取引が開始される前に、オプションのリストからノックアウトポイント(損切りポイント)を選ぶことができます。
この決定は慎重に行わなければなりません。
逆に言えば、ノックアウトポイントをあまりにも遠くに設定すると、思っていたよりもはるかに大きな損失を受け入れることを余儀なくされるでしょう。

一度取引が成立すると、ポジションを閉じない限り、ノックアウトポイントを変更することができません。
ノックアウトポジションにはプレミアムを支払うことになりますが、ノックアウトオプションを使用せずにポジションを閉じると、このプレミアムは返金され、双方にメリットのある状況になります。

市場が選択したノックアウト価格に到達するとすぐに、ポジションは自動的にクローズします。
損切り注文とは異なり、ずれがないため、損失を事前に正確に計算することができます。
これにより、市場の不利な動きによって引き起こされるパニックに陥ることなく、明確で正確な取引戦略を作成することができます。

ポジションを閉じる前に、ノックアウトオプションの有効期限が切れるのを待つ必要はありません。
ノックアウトオプションを使用せずに、いつでもポジションを閉じることができます。
市場が予測した方向に動いていて、利益を集めたい場合は、ポジションを閉じて、未使用のノックアウトプレミアムの払い戻しを受けることができます。
指値注文のノックアウトオプションを使用することも検討する価値のある戦略のひとつです。
これにより、選択したリターンレベルに達した時点でポジションを閉じることができます。

ボラティリティがある市場なら、ノックアウトオプションを活用することで損失リスクを限定して安全に取引できる解決策となるのです。

ノックアウトオプションはこちらで詳しくご紹介します。

関連記事

FOREX.com ノックアウトオプション 今注目!FXバイナリーに似たサービスのノックアウトオプション。 国内唯一、ノックアウトオプションの取引手数料が無料! 高機能チャートのTradingViewを[…]

フォレックス・ドットコムのノックアウトオプションを徹底解説!
FOREX.com ノックアウトオプション

FOREX.comでは「ノックアウト・プレミアム(保証料)が完全無料」「1,000通貨対応」「高機能チャートTradingViewを利用可能」とハイスペックが特徴のノックアウトオプション・サービスを提供!

ノックアウト・プレミアムがかからないため、スプレッドを加味してもIG証券に比べて低コストなので、ノックアウト・レベルに達することなく利益を狙うなら、FOREX.comがおすすめです。

スマートフォンアプリに完全対応しており、PC/スマホともに内蔵されたTradingViewチャートにより、高度な分析を行いながらトレードを行うことができます。

こちらから無料でFOREX.comの口座開設ができます!

【投資家必見】ビットコインに安全に投資する方法を解説
最新情報をチェックしよう!