LINE FXのスプレッド、スワップからメリット・デメリット、評判まで徹底解説!

LINE FX
LINEではじめるFX|FX口座開設+1取引だけで最大5,000円プレゼント!
  • 「投資をもっと身近に、もっと手軽に」をミッションとしたLINE証券のFX!
  • 相場の急変動から経済指標まで、LINEで通知できる!
  • 取り扱いは23通貨ペアで、1,000通貨単位に対応
  • LINEユーザーなら「最短3分、最短即日」で取引開始できる。
  • 今なら口座開設+1取引で最大5,000円!

低スプレッド 高スワップ 高機能アプリ 高機能チャート 豊富な情報量 スキャル公式OK リピート系 シストレ

*スプレッドと基本情報
米ドル/円米ドル/円ユーロ/円ユーロ/円ポンド/円英ポンド/円豪ドル/円豪ドル/円ユーロ/米ドルユーロ/米ドル
0.2銭0.5銭1.0銭0.7銭0.4pips
通貨単位初回入金額通貨ペアデモ口座取引ツール
1,000
通貨単位
指定なし23
通貨ペア
Windows Mac
iPhone iPad Android

*原則固定(例外あり)

LINE FXの口座開設キャンペーン情報

キャンペーン期間中に新規口座開設+1取引だけで、最大5,000円をキャッシュバック!

こちらから無料でLINE FXの口座開設ができます!

LINE証券から新FXサービス、LINE FXがついにスタートしました。

タイミングを逃さないスムーズなFX取引

もともとLINE証券では、1株数百円から株式や投資信託の取引ができるサービスを提供していますが、こちらはFX専用として独立したサービスとなっています。

そこで、口座のスペックや評判のポイントが気になる方も多いと思います。

FXの取引コストで重要となるスプレッド、取引手数料、スワップポイントは、どういったスペックなのでしょうか。

LINE FXのスプレッドやスワップポイントなどの基本概要から、他社と比較したメリット・デメリットを詳しくご紹介します。

23通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準!

LINE FXが取り扱っているのは、全23通貨ペアとなります。

通貨ペア名広告
スプレッド
通常
スプレッド
米ドル/円0.2銭0.2 ~ 3.6銭
ユーロ/円0.5銭0.5 ~ 5.4銭
ポンド/円1.0銭1 ~ 8.9銭
豪ドル/円0.7銭0.7 ~ 5.4銭
NZドル/円1.2銭1.2 ~ 7.2銭
カナダドル/円1.5銭1.5 ~ 7.9銭
スイスフラン/円1.6銭1.6 ~ 8.9銭
南アフリカランド/円1.0銭1 ~ 4.5銭
メキシコペソ/円0.3銭0.3 ~ 2.9銭
トルコリラ/円1.7銭1.7 ~ 7.5銭
ユーロ/米ドル0.4pips0.4 ~ 3.6pips
ポンド/米ドル0.6pips1 ~ 8.9pips
豪ドル/米ドル0.4pips0.9 ~ 4.5pips
NZドル/米ドル1.4pips1.4 ~ 7.4pips
ユーロ/ポンド0.8pips0.8 ~ 6.8pips
ユーロ/豪ドル1.4pips1.4 ~ 8.4pips
ポンド/豪ドル1.4pips1.4 ~ 8.4pips
ユーロ/NZドル2.9pips2.9 ~ 9.9pips
ポンド/NZドル3.9pips3.9 ~ 10.9pips
豪ドル/NZドル1.9pips1.9 ~ 8.9pips
米ドル/スイスフラン1.5pips1.5 ~ 8.5pips
ユーロ/スイスフラン1.6pips1.5 ~ 8.6pips
ポンド/スイスフラン2.6pips2.6 ~ 9.6pips

広告スプレッド(原則固定・例外あり) 配信時間:AM9:00 – 翌日AM3:00
通常スプレッド(例外あり)配信時間:AM3:00 – AM9:00

業界最狭には一歩及ばないものの、LINE FXよりもスプレッドが広い業者はかなり多いです。

コスト面の有利さでいえば「中の上」、平均以上に狭いスプレッドであり、決して他社に劣る水準ではありません。

スプレッドとは?

Bidレート(売り値)とAskレート(買い値)の差のことで、実質的なFXの取引コストのこと。

スプレッドは1通貨あたりを表すため、米ドル/円が0.2銭なら、1万通貨の往復取引で20円がスプレッドによる取引コストとなります。

各社のスプレッドは以下ページで比較しています。

関連記事

デイトレードなどの短期売買において、もっとも重要となるのがスプレッドです。2021年現在において、米ドル/円の標準スプレッドは0.2銭、キャンペーンスプレッドは0.1銭が最狭水準として各社揃っています。また低スプレッドと同時に「[…]

FX業者のスプレッドを徹底比較!15業者×12通貨ペアのスプレッド一覧まとめ

このほか取引手数料は完全無料です。

例えば、「1回の売買により、取引手数料は○○円」といったコストは発生しません。

また損失が大きく膨らまないように、運用状況によっては、強制決済(ロスカット)となるケースも発生します。
ロスカット手数料で500円が発生する業者もありますが、LINE FXではロスカット手数料もかかりません。

実質的にコストがかかるのはスプレッドだけ、という分かりやすい取引システムとなっています。

スワップポイントがもらえる!

FXに興味をもったばかりの方だと、もしかしたら「スワップポイント」と聞いてもピンとこないかも知れませんね。

スワップポイントとは?

FXは2国間の通貨を売買する取引ですが、それぞれの国には金利差が生じます。この金利差を調整する仕組みがスワップポイントです。

日本は低金利国であり、多くの国は日本よりも金利が高いため、対円通貨ペアを買いで保有すると、スワップポイントを受け取ることができます。

米ドル/円を例にすると、買いで保有すれば、日数に応じてスワップポイントを受け取ることになります。
逆に米ドル/円を売りで保有すると、スワップポイントの支払いが発生します。

外貨預金で米ドルを買うと金利が付与されますが、FXでも金利差の仕組みは同じです。
価格変動による利益だけではなく、金利差による利益も狙うことができます。

LINE FXのスワップポイント目安は以下です。

 売りスワップ買いスワップ
米ドル/円-10円7円
ユーロ/円14円-20円
ポンド/円-15円12円
豪ドル/円-6円3円
NZドル/円-9円6円
カナダドル/円-4円1円
スイスフラン/円15円-18円
南アランド/円-160円90円
トルコリラ/円-52円45円
メキシコペソ/円-70円40円
スワップポイント取得日・記載日:2021年2月1日
※南アフリカランド/円、メキシコペソ/円は10万通貨あたりのスワップポイントを記載。

※最新スワップポイントはスワップポイントカレンダーをご覧ください。

こちらのスワップポイント比較ページをご覧頂くと確認できますが、LINE FXのスワップポイントは業界最高水準を誇ります。

高金利通貨を揃えており、トルコリラ/円、南アフリカランド/円、メキシコペソ/円などでスワップポイント目的の運用をしたい方におすすめな業者です。

LINE FXのメリット・デメリット

FXには多くの業者が存在しますが、他社と比べると、LINE FXにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

6つのメリット
  • 業界大手である野村證券の親会社、野村ホールディングスとLINE Financial株式会社との共同開発だけあって、安心感が抜群!
  • FXで定番の23通貨ペアを用意。
  • 1,000通貨単位に対応。
  • LINEとの連携が抜群で、公式アカウントが相場状況をタイムリーにお知らせしてくれる。
  • LINEをしていても、LINE FXの取引画面にすぐ遷移できる。
  • 口座開設の手続きがスピーディーで、最短3分で手続きが完了する。
  • eKYC対応(かんたん本人確認)により、最短当日から取引できる。
3つのデメリット
  • 取引ツールはスマホアプリがメイン。PC取引ツールは簡易的。
  • スマホアプリは使いやすいが、そこまで高機能ではない。
  • デモトレードのサービスは行っていない。

取引単位はFXの基本となる10,000通貨の場合、米ドル/円なら約4万円〜4.5万円が必要証拠金の目安となります。
ですがLINE FXは1,000通貨に対応しているため、通常の10分の1の証拠金で始めることが可能です。

デメリットといえば、デモトレードを提供していない点です。

しかしなんといっても、LINEとのすぐれた連携により、「取引チャンスを逃さない」ことがLINE FX最大の強みです。

評判のポイントはズバリ「LINE」との連携!

とにかくLINE FXの優れた評判が、LINEとの連携にあります。

多彩な投資情報をLINEで受け取り、すぐに取引できる

普段お友達とLINEでやり取りをしているときでも、LINE FX公式アカウントが取引に必要な情報を配信してくれます。

さらに公式アカウントから取引アプリへ、スムーズに遷移できるため、取引チャンスを逃しません。

公式アカウントでは、以下の情報をプッシュ通知で受け取ることができます。

経済指標発表前後の情報をお知らせ!

FXの値動き要因となる重要なイベントといえば、なんといっても経済指標ですよね。

経済指標を前回分とまとめて通知

経済指標で重要なデータといえば、「前回の予想・結果」と「今回の予想・結果」です。

公式アカウントでは、過去の経済指標発表時において発表前後でどれくらいレート変動、変動幅があったのか、視覚的に判断することができます。
前回の変動値を手軽に見れるサービスは、そう多くはありません。その経済指標はどのくらい変動しやすいのか、傾向を確認するのに役立ちます。

為替レートの急変動もLINEで通知!

直近で為替レートの急変動があれば、LINEで通知してくれます。

急な価格変動を通知

これにより、今大きく動いている通貨ペアがわかるので、いつでも取引チャンスを逃しません。

 

さらに指定したレートを知らせる「レート通知」も搭載しています。

指定レートの到達を通知

ワンタップでアプリを起動できるので、狙ったレートを逃さず、すぐに取引を始められます。

取引ツール

それでは、LINE FXで利用できる取引ツールをみていきましょう。

PC取引ツール「LINE FX Pro」

2021年1月18日より、LINE FXからPCブラウザ版取引ツールがついにリリースされました。

取引に必要な機能が1つの画面に集約されており、複数ウインドウの表示やレイアウトの保存機能も搭載しています。

必要な機能が1画面に集約された「LINE FX Pro」
PCブラウザ版取引ツール「LINE FX Pro」

レート、チャート、ニュースを見ながら、チャート上からもスピーディーな発注に対応しています。

21種類のテクニカル指標を搭載し、フィボナッチなどの描画ツールも多数用意しているため、多彩な分析も自由自在行える取引ツールとなっています。

スマホアプリ「LINE FX」

スマートフォンアプリはiPhone/Androidともに対応しており、シンプルな機能で、分かりやすさが追求された仕上がりとなっています。

LINE FXスマホアプリの特徴

チャートには4分割チャートを搭載しており、テクニカル指標は全11種類を利用可能です。

  • トレンド系4種類:移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、移動平均エンベロープ
  • オシレーター系7種類:MACD、ストキャスティクス、モメンタム、RSI、DMI、ヒストリカル・ボラティリティ、サイコロジカル

描画ツールは搭載しているものの、簡易的で狙った位置に引きにくいのが難点です。

この点を考慮しても、LINE FXは業界でもずば抜けて高いスワップポイントが魅力的です。
トレンドラインを描画して分析を行いたい方は、他社アプリで分析し、LINE FXで発注する組み合わせでトレードするのもいいでしょう。

縦画面・横画面ともにチャートを見ながら発注できるため、直感的にタイミングを捉えながら取引できるのもポイントです。

⇒LINE FXのiPhone/Androidアプリ

LINEユーザーは口座開設の手続きがスピーディー

口座開設はスマートフォン、PCどちらからでも行えます。

なおスマートフォンのみで行える「かんたん本人確認」なら、最短3分でお申し込みが完了となります。

最短3分で口座開設できる「かんたん本人確認」のお申し込み手順①

最短3分で口座開設できる「かんたん本人確認」のお申し込み手順②

LINEユーザーの方は、そのまま案内通りに進むだけで、「かんたん本人確認」ですぐに手続きが終わります。

最短でお申込日当日に口座開設が完了するので、相場がチャンスのときでも、LINE FXならすぐに始められますね。

※口座開設のとき、運転免許証とマイナンバーカードが必ず必要になります。
スムーズに開設するためにも、事前に用意しておきましょう。

すぐにFX取引をスタートさせたい方は、LINE FXで挑戦してみてはいかがでしょうか。

こちらから無料でLINE FXの口座開設ができます!

LINE FXの詳細データ

口座開設と手数料について
商品種類FX
口座開設手数料無料
口座維持手数料無料
取引手数料無料
入金手数料クイック入金:無料
振込入金:お客様負担
出金手数料無料
お取引開始までの期間お申込み後、最短即日
本人確認書類の提出方法Webアップロード
「LINE FX」の取引条件
最大レバレッジ個人口座:最大25倍
法人口座:取り扱いなし
ロスカット証拠金維持率が100%以下となった場合
取引時間米国標準時間:月曜日AM7:00〜翌AM6:50、火~土曜日7:10〜AM6:50
米国夏時間:月曜日AM7:00〜翌AM5:50、火~土曜日7:10〜AM5:50
最大注文数量1取引/100万通貨
1日/各通貨ペアごとに1,000万通貨
外貨入出金
外貨調達(受け渡し)
注文タイプストリーミング / 成行 / 指値 / 逆指値 / OCO / IFD / IFD-OCO / 全決済 / 売り建玉一括決済 / 買い建玉一括決済 / 通貨ペア毎一括決済
チャートから発注
LINEサービス経済指標通知 / 価格変動通知
取引ツール詳細Windowsブラウザ / Macブラウザ / Androidアプリ / iPhoneアプリ / iPadブラウザ
デモトレード
売買シグナル
無料FXセミナー
カバー取引先
7社
シティバンク N/A / UBS AG / バークレイズ銀行 / ゴールドマン・サックス銀行USA / ノムラ・インターナショナルPLC / バンク・オブ・アメリカ N/A / JPモルガン・チェース銀行

 

会社情報
会社名LINE証券株式会社
登録番号関東財務局長(金商)第3144号
加入協会日本証券業協会、金融先物取引業協会
所在地東京都品川区西品川一丁目1番1号
住友不動産大崎ガーデンタワー22階
電話番号
主な事業内容資産形成層をターゲットとした非対面証券ブローカレッジサービスの提供
株主LINE Financial株式会社:51%
野村ホールディングス株式会社:49%
資本金200億円
口座数10万口座以上(2020年11月)
自己資本規制比率1,340.5%(2020年9月末)
信託保全三井住友銀行

LINE証券「LINE FX」の特徴まとめ

  • LINE証券による、手軽に始められるFXサービス。
  • 23通貨ペアを低スプレッド、高スワップポイントで取引できる。
  • Webブラウザ版の高機能PC取引ツールを提供。
  • LINEで経済指標データや為替変動が通知され、通知を1タップでアプリを起動できる。
  • 口座開設がスピーディー!お申し込みフォームは最短3分、最短当日に口座開設が完了!

こちらから無料でLINE FXの口座開設ができます!

LINEではじめるFX
最新情報をチェックしよう!