岡三オンライン証券 CFD口座(くりっく株365)の銘柄、レバレッジ、手数料などの詳細情報

安心の取引所CFD(くりっく株365)で取引するなら、岡三オンライン証券で!
CFD取引で人気の株価指数4銘柄を、多彩な高機能ツールで取引ができます。

選ばれるには理由がある 岡三オンライン証券のくりっく株365

くりっく株365では、人気の日本225、NYダウ、DAX®(ドイツ株価指数)、FTSE100(イギリス株価指数)の4銘柄の取引に対応!
店頭CFDとの仕組みの違いにより、有利なレバレッジで株価指数CFDの取引ができるのも、くりっく株365ならではのメリットです。
金利相当額は買いと売りが同額の一本値なので、店頭CFDよりも有利な条件でポジションの保有ができます。

豊富な取引ツールが用意されているのも、岡三オンラインのCFDの魅力です。WEB版、インストール版、WEB版高機能チャート「Chart Plus」に加えて、スマートフォンでも専用アプリでの取引が可能。自宅でも外出時でも、アクティブにトレードができます。
高機能ツールでくりっく株365の取引なら、岡三オンライン株365がおすすめです!


岡三オンライン証券のくりっく株365タイアップキャンペーン 口座開設+入金5万円以上で今だけ3,000円プレゼント!
銘柄数 レバレッジ 手数料 チャート 取引ツール
4
銘柄
株価指数:20〜50倍
*1
153円
片道
20
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android

*1 通常時のレバレッジ。証拠金基準額によって変動し、最大で90倍程度となります。

岡三オンライン証券「岡三オンライン株365」の口座開設キャンペーン情報

2018年12月28日(金)までのキャンペーン期間中に新規で口座開設後、取引枚数に応じて最大で5万円をキャッシュバック!

当サイト限定!
FXクイックナビ経由のお申込み(キャンペーンコード入力+口座開設+5万円以上入金)で、もれなく現金3,000円プレゼント!

無料の口座開設をする

こちらから無料で岡三オンライン証券CFD口座の口座開設ができます!

岡三オンライン証券 くりっく株365の魅力

くりっく株365提供業者は数多く存在しますが、その中でも高い人気を誇っているのが岡三オンライン証券です。

 

取引所CFDにより、スプレッドや取引時間がが同一条件となるくりっく株365。
主に取引手数料、取引ツール、注文方法、ロスカット水準、キャッシュバックキャンペーンが各社の差別化ポイントとなりますが、岡三オンライン証券が人気の理由を見ていきましょう。

 

取引手数料はくりっく株365で最安水準!

取引手数料は、マネックス証券に次いで業界第2位となる安さで提供されています。

会社名 取引手数料(片道)
マネックス証券 141円
岡三オンライン証券 153円
SBI証券 153円
カブドットコム証券 153円
インヴァスト証券 216円
岩井コスモ証券 216円
マネースクエア 298円
KOYO証券 324円
カネツFX証券 432円
フジトミ 540円
豊商事 1,404円

CFDという自由な取引形態の投資ですから、くりっく株365では、長期保有だけではなくデイトレをする方も多いです。

上の表は片道の取引手数料ですので、新規注文→決済注文の往復注文で、倍の手数料が発生する仕組みです。
デイトレするほど取引手数料はコストとなりますので、くりっく株365は最狭水準の業者から選ぶのが得策です。

なお取引手数料が最安となマネックス証券ですが、「取引ツールは簡易的なブラウザ版のみ」となっており、機能的には他社よりも劣るのが現状です。
対して岡三オンライン証券は、手数料が最狭水準でありつつ、ツールがとにかく高機能ですので、双方の優れたバランスが魅力となっています。

高機能ツールが豊富

それでは、岡三オンライン証券が提供する数々の取引ツール、情報ツールを見ていきましょう。

WEB版

基本となるWEB版取引ツールは、シンプル設計で初心者でも操作しやすい設計です。ダウンロードの必要がありませんので、手軽に取引したい方や、スイングトレードや配当狙いで中長期売買したい方にも扱いやすいでしょう。

ただ簡易的という訳でもなく、4分割チャートにしてテクニカル指標を表示させることも可能。

WEB版取引ツールのチャート

またシュミレーション機能を搭載しており、設定した仮想価格、仮想ポジションを元に損益シュミレーションできますので、取引イメージの想像もカンタンです。

シュミレーション機能

リッチクライアント型

リッチクライアント型はインストールするタイプの取引ツールです。WEB版とは対象的に、取引画面のカスタマイズから直感的な発注、より高度なテクニカル分析ができるツールです。

1クリックで注文したり、チャート上での発注にも対応するため、デイトレとの相性も抜群となっています。

チャート発注に対応し、テクニカル指標が豊富!

テクニカル指標は40種類以上を備えており、フィボナッチなどトレンドライン描画も豊富なので、多彩な分析をしっかりサポートします。

RSS 365CFD

トレードツールとしては珍しいのが、Excelだけで売買できる「RSS 365CFD」です。

エクセルでCFD取引ができる、RSS 365CFD

これはExcelに追加機能を持たせる仕組みとなっており、為替レートをリアルタイムで取得したり、関数を使ったストラテジーを元に、オリジナルでシステムトレードをすることも可能です。

RSS 365CFDのサンプル例

発注方法や設定の仕方をまとめたサンプルシートやマニュアルも用意されているので、Excelに精通されている方は使ってみてはいかがでしょうか。

Chart Plus

Chart Plusは、岡三オンライン証券のくりっく365/くりっく株365専用のブラウザ版チャートです。

チャート分析の第一人者として名高い小次郎講師とのタイアップにより、Chart Plusは同氏が推奨する「移動平均線大循環分析」「大循環MACD」を唯一利用できるチャートです。

見ての通り、ビジュアル的にもトレンドが分かりやすいので、特に中長期トレーダー必見のテクニカル指標です。

 

このほかChart Plusでは、銘柄ごとの売買比率・売買数量や出来高も閲覧できます。

ポジションのボリュームや偏りから取引チャンスを探し出す、といった活用方法もChart Plusならカンタンです。

e-profit 株365

e-profit 株365は「情報収集」と「分析」に特化した、くりっく株365専用サイトで、会員の方は無料で利用ができます。

e-profit 株365のトップページ

こちらでは、非常に多くの情報が配信されています。

まず「価格帯出来高チャート」では、どの価格でどのくらいの注文が成立したかを見れるので、値動きの節目となる価格帯探しに役立ちます。

e-profit 株365の価格帯出来高チャート

米先物取引委員会(CFTC)が公表するシカゴIMMポジションを時系列で閲覧できますので、大口投資家の動向を知ることも可能です。FX通貨の取引量を見れる業者は多いですが、岡三オンライン証券なら為替に加えてNY金、NY原油、NYダウ、日経平均、S&P500の取引量も見られるのが強みです。

e-profit 株365のCFTC建玉明細

さらに、CFD銘柄間の相関度を示す「くりっく株365相関係数」の閲覧も可能。

e-profit 株365のくりっく株365相関係数

相関・逆相関を見てトレンド継続・反転に応用する使い方もできますので、ぜひお試しください。

スマートフォンアプリ

スマートフォンアプリはiPhone/Androidどちらも対応しています。

チャートは31種類のテクニカル指標を揃え、自動でトレンドライン描画できる機能を搭載。コンパクトなスマートフォンでも、PCに劣らない多彩な分析が可能です。

ストリーミング注文を始め、PC環境と同じ注文ができますので、チャンスを逃がすことなく発注できます。

総合力の高い岡三オンライン証券ならではの「高品質な投資情報」にも、アプリからかんたんにアクセスできる情報収集のしやすさも魅力となっています。

ロスカット・アラート

岡三オンライン証券のくりっく株365は、店頭FXと異なり、ロスカット基準値とアラート基準値の変更が可能です。

岡三オンライン証券 くりっく株365のロスカット値とアラート値

初期設定値はアラートが70%、ロスカット50%と大きな含み損に耐えられる設計となっておりますが、自身の相場観を元に調整するのもいいでしょう。

ロスカットルールは大きな損失を防ぐためにありますが、ロスカットとなる前に、適切な損切りをする運用を心がけていきましょう。

当サイト限定キャッシュバックでお得!

FXクイックナビでは、現在岡三オンライン証券 くりっく株365と限定タイアップキャンペーンを開催しています。

当サイト経由で口座開設のお申込みをされた方には、口座開設+50,000円の入金だけで「現金3,000円」をプレゼントしています。もちろん、そのまま取引にもご利用できます。

タイアップキャンペーンの詳細情報

キャッシュバックの受け取りには、偏移先の公式サイトで「PC用のメールアドレス」を登録し、「キャンペーンコードの入力」が必須となります。

期間限定となっておりますので、口座開設の際には、せひこの機会をお見逃しのないようご利用ください。

日経225で配当を狙ったトレード例

くりっく株365最大の魅力とも言えるのが、買いで保有すると「配当」の受け取りができることです。各株価指数の現物を参照原資産としているからこそ、現物の取引同様に受け取れる仕組みとなっています。

日経225 2018年9月の配当実績額

2017年において、日経225を1枚保有したときの実績値を見てみましょう。

日経225 2017年の配当実績額

買いで保有すると、年間配当額が34,916円となっているのが分かりますね。
3月、9月は日経225構成銘柄の決算月が多いことから、配当金額も比例して高くなります。

こちらは2018年の配当ですが、1月〜9月の合計で37,184円となっており、9月終了時点で2017年の配当(34,916円)を上回る水準となっています。

日経225 2018年の配当実績額

それでは2018年9月を例として、配当を得る手順を見ていきましょう。

権利付最終日、権利落ち日、権利確定日

権利確定日となる9月28日(最終営業日)の3営業日前、9月25日取引終了時までに買いポジションを保有しておけば、配当の受け取りが可能となります。

取引例 売買差益と配当額の合計決済損益

上記は4日間のトレード例ですが、価格上昇による売買益、取引手数料を加味すると、42,649円の利益となっています。

3月、9月ほどではありませんが、6月、12月は配当がやや多い月となります。配当を狙ったトレードをされたい方は、事前に口座を開設しておき、いつでも売買できる環境を整えておきましょう。

岡三オンライン証券「くりっく株365」の詳細データ

口座開設と手数料について
商品種類 FX、CFD(くりっく株365)
口座開設手数料 無料
口座維持手数料 無料
取引手数料 片道153円
入金手数料 即時入金:無料
振込入金:お客様負担
出金手数料 無料
お取引開始までの期間 お申込み後、1〜3営業日程度
本人確認書類の提出方法 Webアップロード、郵送
岡三オンライン証券「岡三オンライン株365」の取引条件
最大レバレッジ 20〜50倍程度
法人口座
ロスカット 証拠金維持率が50〜100%以下となった場合
取引時間 銘柄ごとによる
外貨入出金
外貨調達(受け渡し)
注文タイプ 成行 / 指値 / 逆指値 / IFD / OCO / IFDO / ストリーミング / 連続 /トリガー / トリガー指値 / トレール / オートネッティング / 建玉指定決済 / 建玉整理
チャートから発注
メールサービス 約定通知 / 繰越注文不可通知 / 取引所受付不可通知 / 予約入金完了 / 入金完了 / 出金指示完了 / 証拠金不足 / アラート / ロスカット / 強制決済 / メールアドレス変更 / トレール開始 / 連続注文執行通知
取引ツール詳細 WindowsブラウザWindows専用アプリ
Macブラウザ
Androidアプリ
iPhoneアプリ
Excel
デモトレード
売買シグナル
無料CFDセミナー
会社情報
会社名 岡三オンライン証券株式会社(OKASAN ONLINE SECURITIES CO.,LTD.)
登録番号 関東財務局長(金商)第52号
所在地 〒104-0061
東京都中央区銀座3-9-7
設立 2006年1月23日
資本金 25億円
口座数 非公開
自己資本規制比率 285.1%(2018年3月末)
信託保全 日証金信託銀行

岡三オンライン証券「岡三オンライン株365」
の特徴まとめ

  • 個人口座の株価指数CFDなら、店頭CFDよりも有利なレバレッジで取引ができる。
  • スマートフォンアプリ(iPhone / Android)に対応。
  • 顧客の出来高やポジション比率をかんたんに閲覧ができる。
  • CFD初心者でも直感的に判断しやすいテクニカル指標、「大循環移動平均線」と「大循環MACD」が無料で使える。
無料の口座開設をする

こちらから無料で岡三オンライン証券CFD口座の口座開設ができます!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!