FXトレード・フィナンシャルにインタビュー!【バイナリーオプション・バイトレ編】

FXトレード・フィナンシャルさんへのインタビュー記事、バイナリーオプション・バイトレ編です!

こちらのページでは、訪問時に聞いたお話について、FXクイックナビとして感じたことを中心に書き綴っていきたいと思います。

 

MT4については、FXトレード・フィナンシャルにインタビュー!【FXTF MT4編】をご覧ください。

※こちらの記事は2015年7月3日インタビュー時のものです。
2019年に㈱FXトレード・フィナンシャルは、㈱ゴールデンウェイ・ジャパンへ社名変更となりました。
各商品の最新スペックは以下ページでご紹介しています。

バイナリーオプションが1つに統合された!

FXクイックナビ
バイナリーオプションの特徴や強みを教えて下さい。
FXTF
FXTF
まず、弊社のバイナリーオプションの最大の特徴は取引タイプが国内最多であることと、バイナリーオプションの売買に利用できる分析ツールを提供していることです。」
「そして、今回2つのバイナリーオプションサービスを統合したことにより、より競争力のある商品性に昇華させられたと自負しています。他社でお取引されている方も、ぜひ弊社のツールを使ってみて、その違いを感じ取って頂ければ幸いです。
FXクイックナビ
確かにそれは他社にはない強みですね!

 

上記のメッセージを取材時に頂きました。

FXTFのマーケティング担当、伊藤さんが解説する様子。
FXTFのマーケティング担当、伊藤さんが解説する様子。

このように、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、2015年7月6日にバイトレとバイトレ1000が統合されました!

「1ロット1,000円未満での取引」「10,000円未満での取引」かを選べるようになったことが、大きな変更点となります。

そして気になる「ラダー」「レンジ」「タッチ」ですが、バイナリーオプション国内最多の取引タイプは廃止されることなく、従来通り3つの中から選んで取引が行えます。

払い戻し額(ペイアウト)が選べる

当初「バイトレ」「バイトレ1000」の2つのサービスでしたが、統合された「新・バイトレ」では1ロット1,000円未満で取引できるようになりました。

基本的には、「バイトレ」のサービスをベースとして1,000円のペイアウトも選べるようになったという認識で大丈夫です。

以下画像のように、今までバイトレで取引していた方にも使いやすいように、タブで切り替えができます。

ペイアウトはタブで切り替えが可能!

今までのバイトレユーザーの方にとっても、操作性は何ら変わらないハズです。1クリックでペイアウトの切り替えができるので、お好みに合わせて使い分けするのもいいでしょう。

バイトレは、取引画面上でチャート分析できる!

FXクイックナビ
先ほどおっしゃっていた、分析ツールの強みを具体的に教えて下さい。
FXTF
FXTF
取引プラットフォーム上で、テクニカル指標を表示されて分析できることが、弊社のバイナリーオプションの強みです。

そうなんです。

実は、バイナリーオプションの取引プラットフォーム上でチャート分析ができるのは、現時点で、FXTFのバイトレだけです。

バイトレなら、テクニカル指標の表示やトレンドライン描画しながら取引可能!
バイトレは高機能チャートを搭載!

きっと、FXのチャートを使って売買タイミングを探る方も多いかと思います。

FXトレード・フィナンシャルのバイトレなら、1つの画面で完結しますので、煩わしさがないメリットがあります。

トレンドラインなどのライン描画もできますので、まずはお試ししてみてはいかがでしょうか。

オプションの購入価格はしっかり認識して購入することが重要!

また、バイナリーオプションの取引についてもコメントを頂きました。

FXクイックナビ
バイナリーオプションを始めようと考えている方にメッセージをください。
FXTF
FXTF
初心者にありがちなミスとして、購入するならば、安いものは確率が低いことをきっちりと認識して買うべきです。
基本的には、購入金額はそのままリスク・確率を表すものだと思っても良いかと思います。

FXTF インタビューで閏間さんが解説する様子バイナリーオプションのリスクをしっかりと記載しているサイトは少ないのですが、当サイトを閲覧している初心者の皆さんは、下記を最低限理解しておきましょう。

「購入金額が高いオプションは予測通りとなる確率が高いが、予測通りとならなかった場合の損失が大きい。」
「購入金額が低いオプションは予測通りとならなかった場合の損失は小さいが、予測通りとなる確率も低い。」

バイナリーオプションは、値動きが大きくなると予想される時は、高ペイアウトのオプションは値動きが少ない時に比べて予測通りとなる可能性が高まることから、購入金額も高くなりやすい傾向にあります。

逆に日本時間の朝などは値動きが少ないので、高ペイアウトのオプションは購入金額も低い傾向にありますが、値動きがないと考えられるときは、購入しても予測通りにはなりにくい、というのも一つのポイントとなります。

– あとがき –

バイトレは2時間の取引ですが、実はバイナリーオプションは各社ごとに判定時刻は異なります。

ちょっとした裏ワザですが、複数口座を持つことで、判定時刻の違いを利用して同じ時間の内に何度か取引ができます。また例えば、確実に上がるだろうという時、複数の口座があれば、同じ通貨ペアで再び購入することもできます。

バイナリーオプションに慣れている方は、複数口座によってチャンスの幅を広げられますので、ぜひ検討してみてください!

ゴールデンウェイ・ジャパン「バイトレ」
上がるか下がるか予測しよう!!バイナリーオプションなら「バイトレ」

バイトレはラダーオプション、レンジオプションのほか、タッチオプションにも対応するバイナリーオプションです。
そのときに相場状況に合わせて、取引タイプを使い分けしてみるのもいいでしょう。

ペイアウトはデフォルトで1Lot=1万円固定の取引ですが、1Lot=1,000円に切り替えることができます。
なおPC版に比べると、スマホ版チャートはやや扱いにくいのが難点。他のチャートを併用するのがおすすめです。

こちらから無料でゴールデンウェイ・ジャパン「バイトレ」の口座開設ができます!

FXトレード・フィナンシャルにインタビュー!【バイナリーオプション・バイトレ編】
最新情報をチェックしよう!