マネースクエア「トラリピ」で口座開設!
《スペック詳細》

マネースクエアの自動注文トラリピ®は、安心の特許取得済み!
毎日コツコツと500円を積み重ねる資産運用なので始めやすく、リスクを抑えた運用を目指せる。

FXの面倒をテクノロジーで解決します。

資産運用としてのFXを追求してトラリピは誕生!FXで負けがちの方、自分の判断に自身が持てない方は、トラリピをご検討ください。

トラリピは、複数の注文を一度に発注し(トラップ)、それを自動的に繰り返す(リピート)という仕組みです。トレーダーに必要なのは「相場は上下この範囲内で、しばらくレンジが続きそうだな。」と予想して注文することだけ。

普段のトレードの補填用としても活用ができ、裁量取引で大きなpipsを狙い、短期的なレンジはトラリピでコツコツ狙うといったやり方もできます。
相場の方向性さえ予想が的中すればほったらかし投資となり、トラリピが毎日コツコツと相場から500円を取り続けてくれます。

スプレッド
米ドル/円 ユーロ/円 ポンド/円 豪ドル/円 NZドル/円 加ドル/円 スイスフラン
/円
ユーロ
/米ドル
変動 変動 変動 変動 変動 変動 変動 変動
通貨単位 初回入金額 通貨ペア チャート 取引ツール
1,000
通貨単位
なし 11
通貨ペア
16
種類
WinMac
iPhoneiPad
Android
マネースクエアの口座開設キャンペーン情報

2018年9月30日(日)までに新規口座開設し、エントリー&初回入金で『実践 FX トラリピの教科書』を進呈!
さらに、新規成立50万通貨ごとに10,000M2Jポイント(最大50,000M2Jポイント)をプレゼントするキャンペーンも同時開催中!

無料の口座開設をする

こちらから無料でマネースクエアの口座開設ができます!

トラリピってどんな注文方法?

トラリピの概要をYouTubeでチェック!

トラップリピートイフダン注文(トラリピ)は、複数のIFDone(イフダン)注文を繰り返し発注する仕組みです。

  • ❶ トラップ・・・いくつもの注文を等間隔に設定
  • ❷ リピート・・・決済と同時に新規注文を発注
  • ❸ イフダン・・・IFDone注文を行う
トラップ+リピート+イフダン

3つの仕組みをまとめた注文方法が、トラリピという訳です。
「もし〇〇円で買えたら、△△円で売って!」という注文を、たった1度の設定だけで発注ができ、さらに注文が成立すると自動で繰り返してくれる、というもの。

上記の一連の流れをまとめるとこのようになります。

複数のイフダンをまとめて設定し、決済後にイフダンをリピート

通常のFXでは「上昇・下落」を予想しますが、トラリピが大きく異なるのは「どのくらいの範囲で上下するか」を予想する点です。

トラリピの発注イメージ

リピート機能によって決済と同時に新規注文を発注することで、自動売買が可能となっています。

⇒トラリピの仕組み、注文方法をもっと詳しく

トラリピが向いている投資家タイプ

このような経験、考え方がある方は、裁量取引よりもトラリピに向いています。

  • 余裕を持った運用資金はあるが、取引に時間をかけたくない。
  • ポジションを持つと値動きが気になって、ついついスマホを見てしまう。
  • 損切りが苦手で、ロスカットされた経験がたくさんある。
  • 感情的に熱くなって、無謀なトレードをしてしまう。

ナンピンを繰り返したり、含み損の膨らみに疲弊したことのあるFX経験者は多いのではないでしょうか。
トラリピはルールに沿った自動売買ですから、こういった精神的な負担が、裁量取引よりも軽いのが特徴です。
値動きが気になって、会社のトイレや移動中に何度もチャートを眺めてしまう、通称「ポジポジ病」となってしまう方も多いと思います。

トラリピはまとまった初期資金が必要ですが、対価として「トレードに時間をかけない」「精神的な負担が少ない」トレードが可能となります。
性格的には「積極的な投資」ではなく「まったりコツコツの長期的な資産運用」をする感覚となります。

相場に張り付く必要がないことから、普段会社勤めや育児などで忙しい方にもおすすめなFX投資手法なのです。

トラリピのスプレッド

また公式HPではスプレッドは公表されておりませんが、表示レートを見ると以下が目安となります。

計測したのは2018年8月7日は平日の日中ですので、価格変動の少ない時間帯の参考レートとなります。

米ドル/円 3銭
ユーロ/円 3銭
ユーロ/米ドル 3pips
豪ドル/円 3銭
豪ドル/米ドル 3pips
NZドル/円 4銭
NZドル/米ドル 3pips
カナダドル/円 1銭
ポンド/円 4銭
トルコリラ/円 5銭
南アランド/円 3銭

トラリピの取引手数料

トラリピだけではなくリピート系注文は原則的に、取引手数料がかかる注文方法です。
手数料体系を見ていきましょう。

2018年9月29日より「トラップリピートイフダン」「らくらくトラリピ」の取引手数料は無料となりました。

トラップリピートイフダン」「らくらくトラリピ」の取引手数料

なお、通常注文と狭割対応注文の場合は、取引手数料が発生します。

通常注文の取引手数料
  1万通貨単位
未満
1万通貨単位
以上
せま割
対応注文
10通貨ペア
南アランド/円以外
1,000通貨
/ 50円
1,000通貨
/ 30円
1,000通貨
/ 10円
南アランド/円 - 1万通貨
/ 200円
1万通貨
/ 100円

なお、せま割に対応した発注であれば、取引手数料はもっと安くなります。

南アランド/円は「狭割10」

狭割10

南アランド/円で1万通貨あたり利益確定の値幅が10銭以内(1,000円まで)の注文だと、取引手数料が通常の半額で1ポイントとなります。

例えば取引数量が1万通貨なら、狙う利益の幅を1,000円と入力して発注すれば、狭割の対象となります。
同様に取引数量が2万通貨でしたら、利益の幅は2,000円までで設定するようにしてください。

南アランド/円で狭いレンジを狙った戦略は手数料がかかりますが、通常注文よりも有利な条件となります。

それ以外の通貨ペアは「狭割30」

狭割30

南アランド/円以外の通貨ペアの場合、利益確定の値幅が30銭以内の注文でしたら、取引数量に関わらず一律1ポイントとなります。(10,000通貨の取引で100円)

発注の際には、注文数量が0.1Lot(1,000通貨)なら利益確定の値幅を300円以下、注文数量が1Lotなら利益確定の値幅を3,000円以下で入力してください。

今おすすめの通貨ペアはカナダドル/円

現在カナダドル/円はスワップポイントは業界最高水準に加えて、2018年9月30日までスプレッド1銭原則固定と優遇措置が取られているため、カナダドル/円の取引ならトラリピが一押しです。

優遇されている理由として以下が挙げられます。

  • 先進国としてはアメリカに続いて2番目、資源国として初めて「利上げサイクル」に」突入!
  • 資源国通貨の中でもスワップ水準が良い。
  • トラリピ向きの安値圏であることに加えて、上昇相場への期待感がある。

先進国の安定性と資源国通貨の側面を併せ持つ特徴のカナダドル。政策金利は2018年のうちに1.75%に引き上げられる観測もあり、ポジティブに働けばカナダドル/円の上昇要因となります。

米国とカナダは利上げサイクルに突入

カナダドル/円の買い スワップはマネースクエアは他社に比べても高水準で提供しています。

カナダドル/円の買いスワップを、マネースクエアと他社で比較

チャートでみると、カナダドル/円は2000年〜現在までの間で、他の通貨ペアに比べて安値圏に位置することが分かります。

カナダドル/円の月足チャート 2013年7月〜2018年6月 カナダドル/円、豪ドル/円、NZドル/円の最高値・最安値の値幅

トラリピはこういった安値圏にある通貨ペアとの相性がいいので、取引する通貨ペアに悩んだら、カナダドル/円も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

トラリピのメリット・デメリット

トラリピは、メリットとデメリットの双方をしっかり理解した上で始めるようにしてください。

メリット

先にも解説しましたが、ここでメリットをまとめておきます。

  • 取引に時間をかけず、精神的な負担が少ない。
  • リピート系注文をスマホアプリで取引できる、数少ない会社。
  • 自分で細かい設定を行わなくても、トラリピ・ランキングの高収益トレーダーをコピーしてトレードできる。
  • 会場セミナーや電話サポートなど、サポート体制がしっかりしている。
  • CFD口座を開設すれば、CFD(日経225やNYダウなど)でリピート系注文をすることも可能。

デメリット

  • 最初にある程度のまとまった資金が必要。
  • スプレッドは変動スプレッドで広め。
  • 取引手数料は他社よりもやや高い。

 

裁量取引と異なり、たとえ1,000通貨の取引であっても、20〜30本と複数の注文を行う仕組み上、どうしても余裕をもった証拠金を入れる必要があります。

またスプレッドは全体的に他社よりも広いため、売買コスト面では他社の連続自動発注機能よりも不利な条件となります。

そのかわり売買手数料に関しては、トラリピ、らくトラに関しては完全無料化となりましたので、他社よりも好条件となります。

 

マネースクエアでは「マネーゲームではない資産運用としてのFX・CFD」というスローガンに基づいており、適切な取引コストを設定する対価として、損失を出しやすい短期売買ではなく、損を限定しつつ利益を伸ばすための中長期売買を推奨しています。

具体的には、リスク管理しつつ自動的に利食いする「取引ツール」、リピート系でありながら利益の最大化を狙う「決済トレール」、安定的に資産運用するための「カリキュラム、セミナーの充実」を軸とした取り組みを行っています。

スプレッドは他社より広い反面、バックアップ体制が万全であることが、マネースクエアの最大の特徴です。

トラリピの取引ツール

マネースクエアの取引ツールをご紹介します。

PC取引ツール

操作性を重視して開発されたブラウザ版取引ツールは、Windows/Macどちらも対応しています。

FXに不慣れな方でも注文しやすい、シンプルな画面構成となっています。

» 取引画面

トラリピはかんたんな設定だけで、すぐに発注できる。

チャートはきれいで見やすいと好評を得ており、トレンドラインやフィボナッチの描画も可能となっています。

» チャート

フィボナッチやポイント&フィギュアに対応するチャートは視認性が良い。

こちらの「シュミレーション」では、さまざまなケースを想定した仮想的な取引をすることができます。

  • 入出金時や、ポジションを保有・決済したときの維持率や実効レバレッジの変化
  • レートが変動したときの損益の変化
  • ○○日後にスワップポイントはどのくらい付与されるか
  • ロスカットとなるレート

一般的なデモトレードと異なり、状況の変化を想定したシュミレーションツールとなっています。

» シミュレーション機能

シミュレーション機能を搭載!仮想的に口座状況の推移をテストできる。

どのような設定で発注すればいいのか悩ましいときは、ランキング機能を活用しましょう。
こちらのランキングでは、マネースクエアの口座内における収益合計の多い順に確認することができます。

» ランキング機能

ランキングから収益率が高い設定をそのままコピーしてトレード可能。

同じ設定のまま、コピートレードとしてトラリピの発注も可能です。収益化の上手なトレーダーはどのような設定を行っているのか、参考にしてみるのもいいですね。

スマートフォンアプリ「ポケトラ」

マネースクエアのアプリ「ポケトラ」はiPhoneアプリ/Androidアプリどちらも対応。タブレットはiPadアプリのみ対応しています。

リピート系注文の先駆者だけあって、アプリひとつですべての注文が完結する仕様となっています。

チャート画面では、指値など裁量取引はもちろんのこと、トラリピもチャート上での発注に対応しています。

取引に応じてM2Jポイントがもらえる

マネースクエアでは取引するほどポイントが付与となる、ポイントサービスを行っています。

50,000M2Jポイントで、実質40,000円分となります。

M2Jポイントで交換できる商品の一例

MacBookなどのApple製品から高級肉、ギフト券、ビットコインなどのほか、貯めたポイントをFX口座に入金して取引資金にすることも可能です。

マネースクエアのお得なキャンペーン

マネースクエアで開催しているキャンペーン情報をご紹介します。

トラリピの手数料無料キャンペーン

現在、トラリピは手数料無料となるキャンペーンが開催中です。

- 追記 -
2018年9月29日以降もトラリピは手数料無料でお取引が可能になりました!

他社のリピート系注文は片道キャンペーンですが、マネースクエアでは新規・決済どちらも無料となっています。

トラリピ手数料無料キャンペーン

なおキャンペーン終了時までに発注すれば、その後も注文が稼働しているうちは当面無料と、太っ腹なキャンペーンとなっています。

キャンペーン期間後も当面の間、手数料無料

これには条件があり、キャンペーン終了後でも「注文の修正」は可能で、手数料無料の対象です。
「該当する注文を取り消して、残ポジションを決済」すれば手数料が発生する形となります。

書籍がもらえる口座開設キャンペーン

今なら、口座開設してからエントリー+初回入金で「トラリピの教科書」をプレセントするキャンペーンを開催中!

FX新規口座開設キャンペーン

初回入金にあたり、最低入金額の指定はありませんが、ロスカットのリスクを考慮して余裕ある証拠金で始めることをおすすめします。

さらに新規成立50万通貨ごとに10,000M2Jポイント、新規成立250万通貨で最大50,000M2Jポイントが付与となる、比較的達成しやすいキャンペーンも同時開催中です。(南アランド/円は10万通貨=1万通貨として算出)

こういった書籍がもらえるキャンペーンはそう多くは開催されませんので、この機会をお見逃しのないようご利用ください。

マネースクエアの詳細データ

口座開設と手数料について
商品種類 FX、CFD(くりっく株365)
口座開設手数料 無料
口座維持手数料 無料
取引手数料 1万通貨単位未満:1,000通貨単位あたり50円
1万通貨単位以上:1,000通貨単位あたり30円
南アランド/円は異なります。
入金手数料 即時入金:無料
振込入金:お客様負担
出金手数料 無料
お取引開始までの期間 お申込み後、最短翌日
本人確認書類の提出方法 メール、FAX、郵送
「トラリピ®」の取引条件
最大レバレッジ 個人口座:25倍
法人口座:通貨ペアごとに毎週変動
ロスカット 2つのロスカット制度があり
東京15時ロスカット:15時時点で維持率100%未満となった場合
自動ロスカット:維持率が100%以下となった場合
取引時間 米国標準時間:月曜AM7:20~土曜AM6:50
米国夏時間:月曜AM7:20~土曜AM5:50
最大注文数量 1取引 / 200万通貨
外貨入出金 外貨出金のみ対応
通貨別、50万通貨単位毎に6,000円の手数料が発生。
外貨調達(受け渡し)
注文タイプ トラリピ / リピートイフダン® / ダブルリピートイフダン® / らくらくトラリピ / トラップトレード® / 成行OCO / トレールストップ / 決済トレール
チャートから発注
メールサービス 約定通知 / 指定レート通知 / 入金確認 / ロスカットアラート
取引ツール詳細 WindowsブラウザMacブラウザ
Androidアプリ
iPhoneアプリiPadアプリ
デモトレード
口座開設すれば売買シミュレーション(デモ取引)ができます。
売買シグナル
FX無料セミナー
会社情報
会社名 株式会社マネースクエア(MONEY SQUARE, INC.)
登録番号 関東財務局長(金商)第2797号
所在地 東京都港区赤坂9-7-1ミッドタウン・タワー40F
設立 2014年5月20日
資本金 17億円(2018年3月31日現在)
口座数 約10万口座((2018年7月1日時点))
自己資本規制比率 415.0%((2018年3月末現在)
信託保全 三井住友銀行

マネースクエア【トラリピ】
の特徴まとめ

  • トラリピは、国内知名度No.1のリピート系自動売買サービス!
  • FX初心者でも、感情の弱さを排除して機械的にトレードができる!
  • 運用を学べる顧客限定セミナーを、本社で定期的に開催中!
  • 視認性のよいチャートがきれいで見やすさもGood!
無料の口座開設をする

こちらから無料でマネースクエアの口座開設ができます!


SNSでこの記事をみんなと共有しよう!