バイナリーオプション比較
CATEGORY

バイナリーオプション比較

バイナリーオプション業者選びをサポート!各社のスペック徹底比較!

国内バイナリーオプションはシンプルなルールが魅力であり、1ロット1,000円以内で購入ができます。
予測通りとなれば何倍かのリターンが見込め、損失は購入金額だけなので、リスク管理もしやすい特徴の投資です!

「国内バイナリーオプションを始めたいけど、どの業者がいいか分からない・・・。
「色々と比べてみて自分に合った業者を見つけたい!」

そんなみなさんのために、とっておきの比較コンテンツを用意しています。
さっそく、あなたに合ったバイナリーオプション業者を探してみましょう!

なお検索結果には海外のバイナリーオプション比較サイトもありますが、海外系業者は金融庁に認可されていませんので、くれぐれもご注意ください。

バイナリーオプションはどの点を比較すべき?

商品は同じでも、FXのスプレッドなどと一緒で各業者ごとにスペックは異なります。
まずは、以下のリストを選定基準の参考にしてみてください。

バイナリーオプションを比較するポイント
  • 自分が取引したい取引タイプ(ラダー、レンジ)は用意されているか。
  • 通貨ペア数は適切であるか。
  • 最低購入額は自分の許容範囲か。
  • 取引ツール(スマホ取引ツール、PC取引ツール、チャートなど)は使いやすいか。

国内バイナリーオプション・比較表

FX会社名取引タイプ通貨ペア最低
購入額
ペイアウト
/ 1Lot *1
テクニカル
指標
スマホ
対応 *2
オプトレ!ラダー
レンジ
8
通貨ペア
約50
〜990円
1,000円
固定
外為オプションラダー5
通貨ペア
約50〜
999円
1,000円
固定

13種類
選べる外為オプションラダー5
通貨ペア
約50〜
999円
1,000円
固定

13種類
みんなのオプションラダー
レンジ
5
通貨ペア
50〜
990円
1,000円
固定
外貨ネクストバイナリーラダー6
通貨ペア
約40〜
999円
1,000円
固定
*1 業者ごとに呼び名が異なる場合もありますが、lotに統一して記載。
*2 全業者スマートフォンのSafari、Google Chromeなどのブラウザで取引可能。
※タッチオプションはゴールデンウェイ・ジャパン(旧FXTF)のバイトレで提供されていましたが、2020年7月のサービス終了に伴い、現在タッチオプションの提供業者はありません。
こちらの表に掲載する業者はすべて、デモトレードに対応しています。

国内バイナリーオプションの選び方

上記5社の特徴をご紹介します。

GMOクリック証券「外為オプション」

GMOクリック証券の「外為オプション」は国内でもっとも有名なバイナリーオプションサービスです。

GMOクリック証券「外為オプション」のWeb取引システム
PC版の取引画面

PCでは分析専用の高機能チャート「プラチナチャートプラス」が提供されており、スマートフォンでも高度なチャート分析ができるため、分析のしやすさにおいて定評を得ています。

プラチナチャートプラス
プラチナチャートプラス

購入画面、チャートはともに操作しやすい作りとなっています。分析重視の初心者は外為オプションをお試しください。

また同時開設できる株BO口座「株価指数バイナリーオプション」では、NYダウや日経225といった銘柄でもバイナリーオプションができます。

取引タイプラダーオプション
通貨ペア米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドル
他:米国30(NYダウ)、日本225(日経225)
最低購入額約50円〜999円
ペイアウト /1Lot *11,000円固定
テクニカル指標
(スマホ)
単純移動平均線、指数移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、スーパーボリンジャー、スパンモデル、平均足、MACD、RSI、ストキャスティクス、DMI、ADX、RCI

取引ツール

Windows、Mac、iPhone、Android、iPad、Androidタブレット
取引時間月〜金曜日
午前8:00〜翌午前5:00
回号第1回号〜第10回号
1回号の開催時間3時間
購入可能時間判定時刻の2分前まで途中売却(権利放棄)が可能

*1 業者ごとに呼び名が異なる場合もありますが、lotに統一して記載。

外為オプションのポイント

FXバイナリーだけではなく、日経225、NYダウもバイナリーオプション取引に対応しています。

またスマホ取引ツール(iPhone/Android)のチャートが高機能で、思い通りにテクニカル分析を行えることもポイント。
フィボナッチを描画したり、サポートラインを引くなど描画機能も充実しています。

出先でもスマホでじっくりと分析を取り組みたいなら、外為オプションがおすすめです。

こちらから無料でGMOクリック証券「外為オプション」の口座開設ができます!

YJFX!「オプトレ!」

初めてのバイナリーオプションなら、YJFX!の「オプトレ!」がおすすめです!

オプトレ!のPC版取引画面
レンジオプションと8分割チャートに対応するオプトレ!

オプトレ!は取扱い通貨ペア数が多く、ラダーオプション、レンジオプションの取引が可能。レンジオプションには「ワイドレンジ機能」があり、レンジ幅を広めに設定できる柔軟さもポイントです。

判定時刻は国内最短60秒となっており、判定時刻の1分前まで購入・途中売却ができるのも特徴です。

オプトレには、業界最多の8通貨ペアが用意されています。
また、開始から終了までが2時間なので、米ドル/円なら1日11回の売買チャンスがあるのも嬉しいですね。

オプトレ!のラダー、レンジ、ワイドレンジ

ラダーオプションだけではなく、自由度の高い「ワイドレンジ機能」があるレンジオプションも魅力です。

取引タイプラダーオプション、レンジオプション(ワイドレンジあり)
通貨ペア

米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円、NZドル/円、ポンド/米ドル、豪ドル/米ドル

最低購入額約50円〜990円
ペイアウト /1Lot *11,000円固定
テクニカル指標
(スマホ)
取引ツールWindows、Mac、iPhone、Android、iPad、Androidタブレット
取引時間月曜日〜金曜日
AM7:25〜翌AM5:25
回号第1回号〜第11回号
1回号の開催時間2時間
購入可能時間判定時刻の1分前まで途中売却(権利放棄)が可能

*1 業者ごとに呼び名が異なる場合もありますが、lotに統一して記載。

オプトレ!のポイント

通貨ペア数の多さで選ぶなら、オプトレ!で決まり!

PC版の取引ツールに搭載された「8通貨ペアチャート」は全8通貨ペアを同時表示できる優れもので、今どの通貨ペアが動いているかを、一目でチェックできて便利です。もちろんFX向けのExチャートも分析に使えます。

多くの業者は判定時刻の2分前まで途中売却が可能ですが、唯一オプトレ!は判定1分前まで途中売却できるので、回号終了のギリギリまで売買できる自由度の高さもポイントです。

こちらから無料でYJFX!「オプトレ!」の口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外為オプション」

売買シグナル&未来予想チャートで選ぶなら、FXプライム byGMOの「選べる外為オプション」がおすすめです。

選べる外為オプションの取引画面は非常にシンプル!
取引画面はシンプルで分かりやすい!

将来の値動きを予測する未来予想ツール・ぱっと見テクニカルは初心者にも使いやすく、無料で利用できます。

3つの近似チャートの一致率の高さに注目!

さらにブラウザ版チャートのプライムチャートには、テクニカル指標の売買シグナルを表示できるのも強みです。

プライムチャートは売買シグナルをチャートに表示できる!
プライムチャートの売買シグナル表示例

プライムチャートならチャート上に矢印で売買シグナルが表示されるため、ボリンジャーバンドのタッチや一目均衡表の雲抜けなどを判断しやすいです。

基本的に同じGMOグループである「外為オプション」と同じような設計ですが、取引時間や回号に違いがあります。

取引タイプラダーオプション
通貨ペア米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、豪ドル/円、ユーロ/米ドル
最低購入額約50円〜999円
ペイアウト /1Lot *11,000円固定
テクニカル指標
(スマホ)
単純移動平均線、指数移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表、スーパーボリンジャー、スパンモデル、平均足、MACD、RSI、ストキャスティクス、DMI、ADX、RCI
取引ツールWindows、Mac、iPhone、Android、iPad、Androidタブレット
取引時間月〜金曜日
午前8:00〜翌午前4:00
回号第1回号〜第10回号
1回号の開催時間2時間
購入可能時間判定時刻の2分前まで途中売却(権利放棄)が可能

*1 業者ごとに呼び名が異なる場合もありますが、lotに統一して記載。

選べる外為オプションのポイント

GMOクリック証券の外為オプションと似ていますが、選べる外為オプションの開催時間は「2時間」となっているのが大きな違いです。

これにより外為オプションの判定は奇数時刻(11:00、13:00など)ですが、選べる外為オプションは偶数時間(10:00、14:00など)ですので、経済指標の発表に合わせて使い分ける戦略も可能です。

FXプライム byGMOなら「ぱっと見テクニカル」を使えるので、バイナリーオプションの相場予測に役立てられるのも魅力です。

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外為オプション」の口座開設ができます!

トレイダーズ証券「みんなのオプション」

取引ツールの使いやすさで選ぶなら、トレイダーズ証券の「みんなのオプション」がおすすめです。

みんなのオプションの取引画面(ラダーオプション)
みんなのオプションの取引画面(ラダーオプション)

スマートフォン、PCともに直感的に心地よく操作できる取引画面となっており、初心者にも扱いやすいのもポイント。

トレイダーズ証券ならではの特徴として、FX口座「みんなのFX」にはAI(人工知能)が自動で相場予測してくれるTMサインという売買シグナル機能が搭載されていることです。
もちろんこのツールを使ってバイナリーオプションに生かすこともできます!

取引タイプラダーオプション、レンジオプション
通貨ペア米ドル/円、ユーロ/円、ポンド/円、ユーロ/米ドル
最低購入額50円〜990円
ペイアウト /1Lot *11,000円固定
テクニカル指標
(スマホ)
取引ツールWindows、Mac、iPhone、Android、iPad、Androidタブレット
取引時間月〜金曜日
午前8:10〜翌午前6:10
回号第1回号〜第11回号
1回号の開催時間2時間
購入可能時間判定時刻の2分前まで途中売却(権利放棄)が可能

*1 業者ごとに呼び名が異なる場合もありますが、lotに統一して記載。

みんなのオプションのポイント

スマホ、PCともにビギナーにも使い勝手の良い取引画面が魅力!また業界では数少ないレンジオプションが用意されています。

口座開設すれば、FX口座「みんなのFX」「みんなのシストレ」もご利用いただけます。

こちらから無料でみんなのオプションの口座開設ができます!

外為どっとコム「外貨ネクストバイナリー」

トルコリラ/円でバイナリーオプションをするなら、外為どっとコムの「外貨ネクストバイナリー」がおすすめです。

PC版・外貨ネクストバイナリーの取引画面
PC版の取引画面

FXでは高金利通貨の取引で人気がありますが、トルコリラ/円はマーケットニュースによっては大きく動きやすい特徴がある通貨ペアです。

スワップ狙いが主流のFXでは売りで仕掛けにくい通貨ペアですが、バイナリーオプションなら手軽に売りのオプションを購入する戦略も可能です。

取引タイプラダーオプション
通貨ペア米ドル/円、ユーロ/円、ユーロ/米ドル、豪ドル/円、ポンド/円、トルコリラ/円
最低購入額約40円〜999円
ペイアウト /1Lot *11,000円固定
テクニカル指標
(スマホ)
取引ツールWindows、Mac、iPhone、Android、iPad、Androidタブレット
取引時間月〜金曜日
午前8:20〜翌午前4:20
回号第1回号〜第10回号
1回号の開催時間2時間
購入可能時間判定時刻の2分前まで途中売却(権利放棄)が可能

*1 業者ごとに呼び名が異なる場合もありますが、lotに統一して記載。

外貨ネクストバイナリーのポイント

サービス開始としては後発ながらも、スマホ、PCともに洗練された使いやすい取引画面が魅力。

外為どっとコムなら未来予想ツール「お天気テクニカル」や板情報の「外為注文情報」、高機能チャート「G.comチャート」など多彩な取引に役立つツールが豊富なので、さまざまな角度から分析しつつバイナリーオプションを取引したい方に向く業者です。

▼外貨ネクストバイナリーは下記ページよりFX口座の開設で取引を始められます。

関連記事

外為どっとコム 低スプレッドで約定スピードが早いので、短期売買との相性が抜群! マイナー通貨ペアが豊富なので、金利狙いのトレードにも! 1,000通貨対応でデモトレードも可能。 バイナリーオプショ[…]

FXをはじめるなら、外為どっとコムが断然お得!!

国内バイナリーオプション業者で取引するメリット

国内バイナリーオプションで取引するメリットとは?

バイナリーオプションには「国内バイナリーオプション」と「海外バイナリーオプション」が存在します。

国内業者のメリットはなんといっても、安心してお金を預けられることと、業界全体の透明性にあります。
国内で提供されているバイナリーオプションならではの魅力をご紹介します。

顧客の資産が信託保全される

国内の取り扱い業者なら、FXと同じくみなさんの預け入れた資金は安全に管理されます。
信託保全といって、FX業者の資金とは別に分けて管理する仕組みで、業者が倒産してもしっかり守られます。

国内バイナリーオプション業者は、仮に業者が倒産しても預けたお金は必ず返ってくるルールになっている。

過去に仮想通貨業者のコインチェックで、流出したNEMの補填問題があったことを知っている方は多いのではないでしょうか。
このときは法規制が不十分であった背景に加え、金融庁によって仮想通貨業者が認可されているかの問題もありました。不安視もされていましたが盗難されたNEMは顧客に補填されて、今日ではマネックスの傘下となったことは記憶に新しいですね。

こういった信託保全によって顧客資産は安全に守られているかというのは、もちろんバイナリーオプションも同様です。
海外業者は倒産しても、金融庁が認可し安心のお墨付きを与えた業者ではありません。
そのため倒産や出金拒否があっても日本の法律が適用されないため、泣き寝入りするしかないのも事実なのです。

金融庁認可済みの国内バイナリーオプションは、顧客資産は信託保全で守られているため、外的要因により資産を失うリスクがなく安心して取引を行えます。

税金は国内バイナリーオプションの方がお得!

国内業者で投資すれば、税制が有利!

バイナリーオプションを始めるとき、税制は国内と海外のどちらが有利なのか気になる方も多いでしょう。

国内バイナリーオプションは申告分離課税なのでどれだけ利益となっても最大20.315%です。対して海外バイナリーオプションは総合課税となり、税率は累進課税によって最大50%となります。

また国内バイナリーオプションでは国内FXや株取引などと損益通算できるため、FXでの損失を相殺できますが、海外バイナリーオプションだと損益を相殺しにくいでしょう。

さらに国内バイナリーオプションでは3年間損失の繰り越しができる一方で、海外バイナリーオプションでは損失の繰り越しができません。例えば1年目に−100万円、2年目に+200万円なら、国内バイナリーオプションは2年目に100万円が課税対象ですが、海外の場合は200万円が課税対象となります。

このように長期的に投資していくのであれば、日本国内の業者に統一しておくと税制面においてお得なのです。

月次取引実績が定められている

バイナリーオプションの月次取引実績とは?

国内バイナリーオプション業者では、月次取引実績の公開がルールで定められています。
これは月ごとに公開され、顧客の損益の割合を見ることができます。
海外業者では公開されていませんので、月次取引実績の有無が、健全な業者であるかの判断基準となるのですね。

各バイナリーオプション提供業者の月次取引実績はこちらからご覧ください。

総取引金額に対する、 総支払金額の割合 → 数値が高いほど利益になっている顧客が多い。(払い戻し率を表す。)
取引口座に対する、 損失発生口座の割合 → 数値が低いほど、損失になっている顧客が少ない。(損失発生率を表す。)

利益を得るために実践すべきこと

バイナリーオプションは判定時刻(満期)の為替レートが、選んだレート(権利行使価格)を上回るか・下回るかを予測する取引です。

FXもバイナリーオプションもれっきとした金融商品ですから、ギャンブルではありません。しかしやみくもに売買するようでは、投資ではなくギャンブルともなり得ます。

では利益を得ていくには何をするべきか、それはバイナリーオプションはFXと同じ為替をテーマにした取引ですので、基本的な考え方はFXと一緒です。
為替情報を収集しながら、テクニカル分析をしてトレードに活用するほかありません。

  • 業者から配信されるマーケット情報から、その後の動きを予測する。
  • チャートにテクニカル指標を表示させてテクニカル分析を行い、その後の動きを予測する。

ではFXとの違いですが、FXは取引期間は実質無限に対し、バイナリーオプションは約2分後〜3時間後の相場予測に限定されます。

ファンダメンタルズ要因に注目すれば、雇用統計など大きく動きそうな経済指標の発表が控えているとしましょう。

そのタイミングなら、現在レートから離れていて購入価格が50円、100円などの低価格オプションを購入しておき、高利益率を狙うこともできます。この手法は、FXの保有ポジションの反対方向を購入すればリスクヘッジにも使えます。

テクニカルの観点でいえば、判定時刻が30分後なら、5分足などの短期チャートにトレンドラインを引いたり移動平均線を表示させて、短期的な方向性を捉えることがファーストステップとなります。

その上で、判定時刻のときのレートは、選択したレートより上昇方向か下落方向かを判断していかなければいけません。

こういった判断に役立つのが、FXプライム byGMOのぱっと見テクニカルなどの未来予想系チャートです。
これはチャート形状から未来の値動きを予想するツールで、バイナリーオプションの判定時刻にスポットを当てて、より勝率を高める使い方も可能です。

こういった分析支援ツールは、各社で口座開設すれば利用できます。これからバイナリーオプションにチャレンジする方は、多角的に分析して勝率を上げる工夫をしていきましょう!

バイナリーオプションおすすめの会社

YJFX!「オプトレ!」

オプトレ!はヤフーグループのFX会社、YJFX!のバイナリーオプションです。
1,000円未満で取引でき、通貨ペアごとに11回、開催されています。

特徴としては、業界最多の8通貨ペアを提供していることで、1日の取引チャンスが多い点です。
また他社の判定期間は2分に対し、オプトレ!の判定期間は60秒なので、購入・途中売却をギリギリまで検討できます。
もうひとつ、レンジオプションは独自のワイドレンジによって、予測範囲を調整できるのも強み。

柔軟なシステムで取引するなら、オプトレ!がイチオシです。

こちらから無料でYJFX!「オプトレ!」の口座開設ができます!

GMOクリック証券「外為オプション」

バイナリーオプションでもっとも有名なのが、GMOクリック証券の外為オプションです。
もちろん安心の国内企業で金融庁認可済みサービスなので、海外系と異なり入出金で心配する必要もありません。

FX通貨ペアのほか、日経225やNYダウなど株価指数銘柄をバイナリーオプションで取引できるのも、GMOクリック証券の特徴です。

取引システムはとにかくシンプルで分かりやすい、明快さが魅力。操作に戸惑うことなく、最小1,000未満で、円高か円安か予測する取引ができます。
それでいて高機能スマホツールなので、スマホで高度なチャート分析をするなら外為オプションがオススメです。

こちらから無料でGMOクリック証券「外為オプション」の口座開設ができます!

FXプライム byGMO「選べる外為オプション」

GMOクリック証券と同じGMOグループによる、もうひとつのバイナリーオプションサービス。
外為オプションは最長3時間の取引ですが、選べる外為オプションは「最長2時間」となっているのが大きな違いです。

もう一点、外為オプションの判定時刻は奇数時間(11:00、13:00など)に対し、選べる外為オプションは偶数時間(10:00、14:00など)です。
プラットフォームは共通なので、判定時刻の違いを利用して、2口座を組み合わせてより収益チャンスを狙うこともできます。

なおFXプライム byGMOでは値動き予測チャート「ぱっと見テクニカル」が提供されており、バイナリーオプションに使うこともできます。

こちらから無料でFXプライム byGMO「選べる外為オプション」の口座開設ができます!

トレイダーズ証券「みんなのオプション」

みんなのオプションは、初心者にも使いやすい取引システムなので、迷うことなく売買できます。
1lotあたり50円〜990円で購入でき、購入自体はわずか3ステップで、スピーディーにかんたんに行えます。

定番のラダーオプションに加えて、一定範囲を予測するレンジオプションに対応するのもポイント。
取引ツールはスマホやタブレットに最適化されているので、場所を選ぶことなくバイナリーオプションができます。

こちらから無料でみんなのオプションの口座開設ができます!

基本的にどの業者もFX口座を開設すれば、バイナリーオプションの取引も行うことができます。

口座開設の審査ですが、「スマホで本人確認」に対応しているYJFX!、みんなのFX、GMOクリック証券、外為どっとコムの場合、タイミングがあえば最短即日から取引が可能です。FXプライム byGMOは最短3営業日で取引ができます。
スピーディーに取引を始めたいなら、運転免許証などの本人確認書類とマイナンバーカードを用意しておき、スマホ経由でお申し込みをするのがおすすめです。

またネットバンキングがある方は、クイック入金で入金すれば振込手数料がかからず、口座にスピーディーに資金が反映されます。そのため原則は銀行のATMなどではなく、クイック入金を使うようにしてください。

  • 2020年7月24日

バイナリーオプションを取引方法(ラダー、レンジ、タッチ)で比較

バイナリーオプションには3種類の取引タイプがあり、どの取引タイプを利用できるかはFX会社ごとに異なります。 そのときの相場状況によって使い分けることもできます。 実際の売買をする前に、しっかりと取引タイプの違いを理解しておくようにしてください。 まず […]

  • 2020年7月15日

目標レートなどの取引ルールでバイナリーオプションを比較

一口にバイナリーオプションといっても、目標レート(権利執行価格)の本数や、目標レート間の値幅(pips間隔)は各社異なります。 そこで、目標レートの「本数」と値幅に焦点を当てて各社の取引ルールの違いを見ていきましょう。 ラダーオプションを目標レート本 […]

  • 2020年4月13日

バイナリーオプションをペイアウト倍率で比較

国内バイナリーオプション業者のペイアウト倍率を徹底比較しました。 ペイアウト倍率は公式に公表されていないデータですが、オプションの最小購入金額を一定期間内で公正に調査した実測値によるものです。 国内バイナリーオプションのペイアウト倍率などで比較 「▲ […]

  • 2020年7月15日

バイナリーオプションを最低入金額・最小購入額で比較!

日本国内のバイナリーオプションを、最小でいくらから取引できるか比較しました。 「バイナリーオプションに興味があるけど、なんだか不安だな。」 「まずは少ない軍資金から始めたい。」 このように考えている方は、まずは *最低入金額で各バイナリーオプションを […]

  • 2020年7月15日

最大購入金額(取引上限額)でバイナリーオプションを比較

「できるだけ多くの発注数量を入れて購入したい。」 そんな中級以上のBOトレーダー向けに、国内バイナリーオプションを最大購入金額でまとめました。 バイナリーオプション最大取引金額などで比較 下記表では、1取引および1日の取引上限数量で比較しています。 […]

  • 2020年4月13日

各種手数料や入出金でバイナリーオプションを徹底比較!

バイナリーオプションは基本的に売買手数料のかからない投資ですが、条件によっては各種手数料が発生することもあります。 こちらのページでは、各社の手数料体系をまとめています。 口座管理手数料、入出金手数料などの情報一覧 「▲▼」をクリックすると、並べ替え […]

  • 2020年7月15日

バイナリーオプションをデモトレード対応で徹底比較!

バイナリーオプションをコツコツと慣れながら始めたい方は、デモトレードから始めてみてはいかがでしょうか。 はじめに各業者のデモトレード対応状況から見ていきましょう。 バイナリーオプションをデモトレードで比較 みんなのオプションではデモトレードを行うこと […]

  • 2020年7月15日

経済指標連動チャートでバイナリーオプションを比較

チャート上で経済指標を確認できれば何かと便利です。 いつ経済指標の発表があるのか、発表タイミングをチャートで視覚的に見れると、価格の安いオプションを購入して高ペイアウトを狙う戦略に生かすことができます。 また大きく変動しそうだと思ったら、事前に転売し […]

  • 2020年7月15日

1日の取引回数や取引時間でバイナリーオプションを比較

各社のバイナリーオプションの取引回数や開始時刻・判定時刻で徹底比較! 金融庁のルールにより、現在国内のバイナリーオプションは1回号の取引時間が2時間以上と定められています。 バイナリーオプションの回号とは、1取引が何回開催されるかを表すものです。 平 […]

  • 2020年4月13日

バイナリーオプションを通貨ペア数で徹底比較!

国内バイナリーオプション業者の取り扱い通貨ペア、銘柄の一覧情報です。 バイナリーオプションで基本となる「米ドル/円」「ユーロ/円」「ポンド/円」「ユーロ/米ドル」は全社で用意されています。 初心者の方でしたら米ドル/円から始める場合が大半でしょうから […]